Amazon Kindleでは、 バクマン。 モノクロ版 18 (ジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 432
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バクマン。 18 (ジャンプコミックス) コミック – 2012/5/2


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

バクマン。 18 (ジャンプコミックス) + バクマン。 19 (ジャンプコミックス) + バクマン。 20 (ジャンプコミックス)
合計価格: ¥ 1,296

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

王道に邪道を取り入れた新妻エイジ。邪道を王道にまで押し上げた亜城木夢叶。互いに意識し合ってきたライバル同士が、新作読切で真っ向から対決!! 王道VS王道! マンガ界の未来を担う両作家、その結果とは…!?



登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/5/2)
  • 言語: 日本語, 英語
  • ISBN-10: 4088704207
  • ISBN-13: 978-4088704203
  • 発売日: 2012/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 林田力 投稿日 2012/5/24
形式: コミック
大場つぐみ・小畑健『バクマン。 18』は大きく亜城木夢叶と新妻エイジの対決と、平丸一也と蒼樹紅のエピソードの二つの内容が盛り込まれる。前半の漫画対決は邪道の漫画家の王道作品と王道の漫画家の邪道作品というコントラストが効いている。満を持して連載を開始した『RIVERSI』であったが、同じく連載を開始した『ZOMBIE☆GUN』との対決の中で思わぬ弱点が露呈する。

『RIVERSI』の弱点は『バクマン。』の作者の前作品である『DEATH NOTE』に該当する内容である。ヒットした自己の作品を貶めているようにも聞こえるが、それも過去の作品に対する深い愛着があればこその話である。過去の作品への愛着がなければ深い分析はできない。過去の作品の上に現在が成り立っている。

後半は、ほのぼのしたパートである。平丸は当初、印象の薄い暗いキャラクターであったが、今ではギャグパートを代表するキャラクターに成長した。これもキャラクターを使い捨てにせず、積み重ねを大事にしている結果である。作中に登場した創作技法である「一話完結じゃない一話完結」を作品自身が実践している。(林田力)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 build2destory 投稿日 2013/1/7
形式: コミック
編集部の人事異動を絡めて「PCP」が月刊誌へ移籍し中学生編として再スタートを切る、という展開がものすごくリアルに感じられた本巻。新旧移行期の修羅場は現実でもこれに近い世界が展開されているのだろうな、きっと。二週に渡った観覧車の話は、平丸さん(と吉田氏)がいかに愛されているかを物語っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 グラ 投稿日 2012/5/2
形式: コミック
とりあえず、終わりに向かって話が進んでいる点では前巻よりも全然面白かったです。

平丸さんやW服部の話が素敵でした。編集さんたちの人間味溢れてるところがいいです。

反対に、主人公たちとエイジの戦いにはあまり面白みを感じられませんでした。特にリバーシとゾンビ作品についてはあまり書き込まれていなくて、そんなに上位を争う漫画なのかなーなんて思ってしまいました。
ただその分、スピード感はあって、話がずんずん進んでいる感じはしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みどりむし VINE メンバー 投稿日 2012/5/10
形式: コミック Amazonで購入
平丸さんと吉田氏の絆に感涙・・・・!
決めるところ、ビシッとはいかなかったけど、
それも平丸サンらしくて良かったです。

真城たちの本当に命を削るようにして作品を生み出す姿に
不覚にも爆笑してしまいましたが、
そうして生み出された作品だからこそ、心に響くのでしょうね。

ラストに向かって一気に疾走する作中の「リバーシ」同様、
バクマン。もラストスパート!ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Hiro 投稿日 2012/5/6
形式: コミック
誰が何と言おうと、この巻の主役は平丸さんと蒼樹さんです。
というより、この二人の人としての成長記録こそがバクマン。のもう一つのメインストーリーです。
スタートが、ややマイナスのお二人だからこそ、そう思ってしまうのかも。
平丸さんのように苦しみながらやり遂げるのは、一見ばかばかしいけど
一番人間くさい。
主人公の男女には泣けないけど、平丸さん蒼樹さんの想いには泣けます。
これでは作者の思うつぼ?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yusuke 投稿日 2012/5/6
形式: コミック
亜城木VSエイジの新連載対決はスピード感があってすごく面白かったです。サイコーとシュージン頑張ってほしいです。しかし今巻の見どころは平丸さんでしょう。彼もう最高です!彼なしではバクマンは成り立ちません!!蒼樹さん可愛すぎます!!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sennotaba トップ1000レビュアー 投稿日 2012/5/8
形式: コミック
吉田氏が平丸さんとのなれ初め(?)を思い起こす一連のシークエンスがイイ!
裏バクマン。(もはやサイドストーリーとは思えない)の主人公に夢中のマニアたち感涙のエピソード。必見です!

今回は数字の話が多くて、初読みではそれほどのめり込まなかったのですが…
二度・三度とページをめくり、気になるパーツを拾うのを楽しんでいます。
気になる小道具がそこここに置かれているのですが、それが威力を発揮するのはまだ先の話のような。

しかし今巻にもビシっと啓蒙的テーマが。
ジャンプでの暗黙の掟(?)に対するアンチテーゼ。
これは自身の作品に対する布石なのか!?と勘ぐりたくなる所がまた「バクマン。」のオイシくてあざとい所。
読めば読む程、真城と高木が小畑健と大場つぐみに重なって見えてきてしまう所が随所に出て来て。
特に今回の真城のアノ顔は、小畑センセイの実感がもの凄くこもっているように見えました〜。
ひ〜!ホントに命削って描いてるんだな〜!と感服いたしました。
作者さんの命のしずく、読む方も本気で読ませてもらいます!とふんどしを締め直す(!)気持になりました。

(追記)
それにしても毎巻登場人物が増える勢いですが、素晴らしくキャラクターがかき
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック