Amazon Kindleでは、 バイオーグ・トリニティ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 648
通常配送無料 詳細
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バイオーグ・トリニティ 1 (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2013/4/19


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

バイオーグ・トリニティ 1 (ヤングジャンプコミックス) + バイオーグ・トリニティ 2 (ヤングジャンプコミックス) + バイオーグ・トリニティ 3 (ヤングジャンプコミックス)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ヤバい、マジで榎本芙三歩のことが好き過ぎて俺死ぬ
両掌に穴が空き、好きなものを吸い込んで融合できてしまう病気「バイオ・バグ」。あやういバランスで成り立つ世界で、恋心とか青春とかはどうなっちゃうのよ? まさかの二人が描き出すラジカルポップな青春群像劇、開幕なのだぜ。



登録情報

  • コミック: 234ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/4/19)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4088795806
  • ISBN-13: 978-4088795805
  • 発売日: 2013/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

60 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 初御代桜 投稿日 2013/4/29
形式: コミック
天上天下、エアギアから大暮先生のファンで、どちらも全巻持っております。

エアギアでは伏線を広げすぎ、さらに戦闘では決着かと思いきや「本気じゃありませんでしたー」からの逆転に次ぐ逆転での引き延ばしが目立ったため、ネットでは原作は別の人でやったら成功するのでは?と言われ続けていました。

このバイオーグトリニティはそんな思いを汲んだかの様に原作者と画を別にした作品であると聞き、非常に楽しみにしておりました。

お話についてはまだ1巻ですので特に触れません。作品の核心に繋がるような描写はこれから少しずつ出てくるのだと思います。

僕が言いたいのは、画についてです。
これは個人的な趣向によるものなので、他の方がどう思っているかは分かりませんが、大暮先生の画は天上天下の10巻以降〜最終巻までぐらいが1番見やすいと思っています。

大暮先生の画は線が細く、スタイリッシュな点は相変わらずで僕も非常に好みなのですが、エアギア中盤辺りから「描きこみ過ぎて見づらい」と思うようになりました。
このバイオーグトリニティについても、戦闘は割とスッキリして居て見やすいのですが、それ以外の日常シーンでの描写がぎっしりで(それが今の大暮先生の良いところなのかもしれませんが)読みづらい印象です。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: Kindle版 Amazonで購入
これまでの漫画よ、サヨウナラ。
新たな漫画の世界へ、ヨウコソ。

とにかくぶっとんだ世界観。
手に穴が開いていて、なんでも飲み込めて、合体できて、それが愛の証で、
けれど、その愛が間違いだったときのために、国からドラッグが配られている。

舞城にありがちな、奇抜さと勢いとエロとグロで読者の興味を引き、
それでいてその奇抜さが実は、無意識下にある「優しさ」だとか「愛情」だとか、
あるいは「憎しみ」や「嫉妬」を表現する一つのツールになっていることが特徴……

……なのだが、それに輪をかけて、大暮が舞城に負けじと、シナリオからくる感情の赴くままに、
絵を構築している。
描きたいものを描いている。
読者としては確かに読みづらいかもしれない。
でもそういう作者の本気具合、殴り込みの姿勢によって本作は、ジャンルを超えたものになりつつある。
少年マンガでも少女マンガでもSFでもサスペンスでもミステリでもファンタジーでもない。
しかしそれら全てを複合した新たな領域。
そこが面白い。
思わずニヤリとしてしまう。

これからも読者の意見に左右されず、耳を傾けず、血反吐を吐くような思いで、この漫画を完成させて欲しい。
その本気の果てを私は見たい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
48 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ンガッシュ 投稿日 2013/4/20
形式: コミック
大暮維人に原作付きでやって欲しい。彼の作品を読んだ事のある方なら、一度は考えるのではないでしょうか。
ついにそれが実現されたのですが、そのお相手がなんと舞城王太郎。
どちらも独特のセンスと世界観を持っており、しかもお互いに全く譲る気配がありません。
個性と個性がぶつかり合い混ざり合って、とんでもないことになってます。

おそらく多くの人が、書き込みまくりの作画や横書きのセリフのせいで「読みづらい」「何をやってるのか分からない」といった印象を受けるかと思います。
(ストーリーの全容が見えないせいもあって前半は特に…)
しかし、物語が動き出したことを感じさせる後半の展開、そして次巻への引きは見事。その一連の流れは文句なく面白いです。

ポップでオシャレでぶっ飛んだ本作。人を選ぶことは間違いないですが、イロモノで終わらない魅力があります。
これからの展開への期待値が高い作品です。
…ただ、前半は正直本当にきつかったので☆−1です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 IVi 投稿日 2013/5/24
形式: コミック
この先生の漫画はこれが始めてです。
電車の中のヒマつぶしに内容も見ずにパッと買いましたが、、、これは人を選ぶ漫画ですね〜^^;

他にも仰ってる方が居ましたが、絵とコマ割の丁寧さが逆に読みづらく感じます。
また、細かい設定も、何の説明も無く現れるので、読んでいて「?」と思う事が多いです。
(例えば街で巨大なモンスター同士が争っているのに無関心だったり、、、何で?って)

ただし、これらは読み進んでいくと後から設定がわかり、そーいう事ね!と理解できました。

これらの問題はあるにせよ、ストーリーはとても面白いし、切なくて泣きそうになる部分もあります。
個人的には、カピバラの父を持ったハサミ少女のとことか、、、

人を選ぶ漫画かと思いますが、絵の上手さは特筆ものですし、芸術性も高い。
1コマ1コマの書き込みを楽しめる人なら、とてもお勧め。
逆に、ジャ○プを毎週、立ち読みで済ませるような人には全くお勧めできない。
休日にゆっくりじっくり読み返したい漫画でした。2巻も出たら買います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック