Amazon Kindleでは、 ハリー・ポッターと賢者の石 - Harry Potter and the Philosopher's Stone をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 2,052
通常配送無料 詳細
18点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ハリー&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハリー・ポッターと賢者の石 (1) ハードカバー – 1999/12/1


4個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 671


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ハリー・ポッターと賢者の石 (1) + ハリー・ポッターと秘密の部屋 + ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
合計価格: ¥ 6,156

選択された商品をまとめて購入



発表!オールタイムベスト児童文学100
Amazon.co.jp13年にわたる書籍の販売で蓄積した各種データを元に選出した、 「オールタイムベスト児童文学100」 を発表。全国7か所にて展示・貸し出しも。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ハリー・ポッターは孤児。意地悪な従兄にいじめられながら11歳の誕生日を迎えようとしたとき、ホグワーツ魔法学校からの入学許可証が届き、自分が魔法使いだと知る。キングズ・クロス駅、9と3/4番線から紅色の汽車に乗り、ハリーは未知の世界へ。親友のロン、ハーマイオニーに助けられ、ハリーの両親を殺した邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決までの、息を飲む展開。9歳から108歳までのファンタジー。

内容(「MARC」データベースより)

緑の眼に黒い髪、そして額に稲妻型の傷を持つ、魔法学校1年生のハリー・ポッターが、邪悪な力との運命の対決に打ち勝って行く、夢と冒険、友情の物語。スマーティーズ賞ほか受賞作。

登録情報

  • ハードカバー: 464ページ
  • 出版社: 静山社 (1999/12/1)
  • 言語: 日本語, 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4915512371
  • ISBN-13: 978-4915512377
  • 発売日: 1999/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 21.3 x 15.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (202件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,502位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

65 人中、56人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さよこ☆ 投稿日 2003/12/7
形式: ペーパーバック
ハードカバー版と全く同じ内容だと思ってはいけない。
付録の新聞が全く違うというのもあるが、
実は、ハードカバー版にちょっとした翻訳間違いがあり、
(英語では違いのない、「姉」と「妹」。英語では両方ともsisterである。)
J・K・ローリングさんの解釈の正確さの上では、
こちらの携帯版のほうを選びたい。
まあ、逆に言えば、ハードカバーとそんなに変わらないのだが、
付録の新聞目当てで買ってもいいと思う。
もちろん、まだ読んだことのない人は、こちらのほうを買うべき。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cyai 投稿日 2005/1/3
形式: ペーパーバック
ハードカバーを持ってますが、持ち歩くには重すぎ。
文章量や内容的にもそんなに時間がかかる読み物ではないのに…。
文庫化はないとの噂がありましたが、携帯版が出るなんて嬉しすぎ!
とても嬉しくてすぐに購入してしまいました。続編もどんどん文庫化されるといいなぁ…。
ただ、もうちょっと文字を小さくして薄くできないでしょうかね?
携帯番も持ち歩くにはやっぱり重いのです。
今後の作品がどんどん分厚くなることを考えるとますます…。
本家イギリスではアダルトバージョンなんて、装丁が違うものが出てますが(装丁だけで中身は変わりませんが)、
そんな感じで大人向けにもうすこし薄くて軽いものを出してくれたら…。わがままでしょうか。
(原書のハードカバーと比べれば軽いんですが、海外ではその後ペーパーバックという軽いのが出ますよね。)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
147 人中、119人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Orange_Pekoe 投稿日 2008/5/6
形式: ハードカバー
 このシリーズを原書で読んでいた大人のファンです。原書が完結した機会にと翻訳版も読んでみましたが、つじつまの合わない箇所(誤訳)やおかしな日本語が多数みつかりショックを受けています。
 読む前にネットの掲示板で、misty eyes(=ぼんやりした目、潤んだ瞳)が 『霧のような瞳』、booming barks(=とどろく吠え声)が 『ブーンとうなるような吠え声』になっているという情報を目にしたときは、冗談に違いないと思いましたが、本当だったのでびっくりしました。『霧のような瞳』とはどんな瞳でしょうか? 犬がブーンと吠えるでしょうか? たいへん非常識な訳です。
 第1章の最後、原書に「people meeting in secret all over the country=国中のいたるところで密かに集まった人々(魔法使い達を表わす)が〜」と書かれている箇所がありますが、翻訳はここを 『国中の人が、あちこちでこっそりとあつまり〜』(ハードカバー版p30)としているので、これでは英国人全員が魔法使いのようです。
 部分によっては翻訳者の熱意や工夫も感じられるのですが、上記のような不手際が散見されるため、全体に見て子供が繰り返し読むのにふさわしい本になっているとはいえず、たいへん残念です。

 世界的なベストセラーとなったこの作品は、遊び
...続きを読む ›
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鶴巻q 投稿日 2003/10/28
形式: ペーパーバック
携帯版ということで体裁に一抹の不安があったのですが、挿絵に加えて、ふりがなや太文字までオリジナル版のとおり!
さっそくかばんの中に入れて通勤時に読んでます。
読み返すたびに新たな伏線を発見・・・
自分が読み終わったら子供にわたすつもり。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中村 投稿日 2007/3/22
形式: ハードカバー
ファンタジー小説のある種入門書的なシンプルな内容。

分かりやすく小さな子供でも十分楽しめます。

ただ・・有名な話ですが日本語の翻訳に酷評が多数あり英語文章の間違った翻訳や表現の

古さが存在する点は否めません。

また初心者に入り易い分、ファンタジー通には話が在り来りで物足りなさを感じるでしょう。

ハリー・ポッターを読むならこれ1つに終らず、ここから段階を踏んで、

徐々により複雑なファンタジーを楽しめる様になりましょう。

まずはハリー・ポッターでその予備知識と世界観を楽しみましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 もっこす 投稿日 2014/9/1
形式: ハードカバー
世界的な人気を博した本作シリーズですので、「何かものすごく面白いに違いない!」と期待感のある作品です。
しかし、読んでみると「そうでもないじゃないか」といった感想を持たれる方もいるでしょうし、それも正しい意見だと思います。
全体のレビューを見ると高評価の方が多いですが、低評価とされた方の意見もよくわかります。
翻訳も気になりだすと本当に気になりますし、日本語としてすごく読みずらい箇所も多々あります。
本作の内容にしてもツッコミどころが沢山あり、人によっては興が冷めてしまうかもしれません。

しかし、もともと児童書なのでそれほど厳密なものを求めず、気軽に読むのが本作の正しい読み方だと思います。
魔法学校の雰囲気を味わったり、ハリーの出来過ぎた英雄譚に心を躍らせたりとヘタな漫画を読むよりは断然面白いです。

ただ、ある程度の問題点にも寛容な私でも下記の点は頂けませんでした。
・本作「姿現し」という瞬間移動の術がありますが、これは軽率です。これを認めたら逃げる方が圧倒的に有利です。ほとんどのピンチがこれで解決してしまいますし、逆にこれでピンチに陥るのは「ストーリー上の都合」感が濃くなってしまいます。もっと縛り設定が必要でした。
本当は簡単に逃げれるけど、それだと話がうまく行き過ぎ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック