通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ハシエンダ マンチェスター・ムーヴメントの裏側 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 TKプレイス
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古品】2012年初版第1刷発行・帯付き【表紙・カバー】多少のキズ・汚れ有り【本文】良い状態【発送】Amazon配送センターより迅速に対応致します。【検品担当者より】中古品の為、書き込みなどのチェックは万全を心がけておりますが、万一検品ミスがございましたらご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハシエンダ マンチェスター・ムーヴメントの裏側 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/17

5つ星のうち 5 4件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,469
¥ 2,469 ¥ 1,480

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハシエンダ マンチェスター・ムーヴメントの裏側
  • +
  • ニュー・オーダーとジョイ・ディヴィジョン、 そしてぼく (ele-king books)
総額: ¥6,033
ポイントの合計: 183pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ジョイ・ディヴィジョン、ニュー・オーダーのピーター・フックがすべてを暴露!

80年代英国で巻きおこった「マンチェスター・ムーヴメント」
――その生誕地「ハシエンダ」ではなにがおこっていたのか?
そのどまんなかにいた張本人が、全貌を語りつくす。

1982-1997ハシエンダ全イヴェント・リスト付


「すべての始まりはハシエンダだった」――ザ・タイムズ紙

「オアシスのギャラガー兄弟がバイトしていた場所。
マドンナが初めてイギリスでテレビに出た場所。
ジザメリが17分のギグをプレイして逃げだした場所」――ザ・ガーディアン

「フックは言う。ハシエンダは『最悪なクラブの営業方法として完璧な見本だった』と。
金を稼ぐという視点からはそうだったかもしれない。
しかしそれは、次の世代のヤング・カルチャーの基盤としても、偶然か必然か、完璧なものだった。
トニー・ウィルソンはかつて、こう言った。
『金を作りだす連中もいれば、歴史を作りだす連中もいる』」――オブザーヴァー紙

「開いた口がふさがらない。なんでもアリの世界」――マイスペース・ニュース

内容(「BOOK」データベースより)

80年代英国で巻きおこった「マンチェスター・ムーヴメント」―その生誕地「ハシエンダ」ではなにがおこっていたのか?そのどまんなかにいた張本人が、全貌を語りつくす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 480ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2012/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781605818
  • ISBN-13: 978-4781605814
  • 発売日: 2012/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 445,401位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ニューオーダーの来日、フッキーのハシエンダ・フェス出演など話題の多いタイミングでようやく邦訳の登場!この本を読むといまのニューオーダーの内紛はそれほど深刻ではないのでは?と思えるぐらいフラットに記述されてる。もちろんメインはハシエンダを巡る波瀾万丈な物語、アシッド・ハウスに熱狂してゆくあたりの臨場感はさすが!ロンドンのシーンよりも半年は早くマンチェスターが盛り上がったというのも納得。またクラブがシーンになる前の黎明期の混沌と熱狂はうらやましいかぎり。マッドチェスターがなぜここからスタートしたのかもよくわかる。
あの80年代末から90年代初頭にかけてのイギリスの音楽シーンの熱はいろんなかたちで日本へも届いてきたし、感じてもいたけどほんとにみんな夢みてたのが最高。
『クリエイション・レコーズ物語』を面白く読めた人にとってはこちらも絶対おすすめ。
日本のシーンもこれぐらい勝手にやれたらきっと歴史をつくれるんだろうな。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
大変面白く読めました!
ピーターフックの文才と伊藤英嗣の翻訳スキルが絶妙にシニカルな笑いを誘います。

ファクトリーとハシエンダ、ジョイ・ディビジョンとニュー・オーダー。
愛すべき夢を持ったクズ人間が集まった場所がハシエンダだと感じました。

ファクトリーの種子は今も世界に漂っていて大きな花を咲かせ続けています。
今年は日本でも色々なフェスでその花が咲き誇りますが当面はハシエンダ大磯フェスを楽しみに暮らします!
[・・・]
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ジョイ・ディヴィジョン、ニュー・オーダーのピーター・フックがすべてを暴露
悪口や不満が書いているわけではなく、80年代当時のイギリスの状況や
マンチェスター・ムーヴメント/ハシエンダでの様子が理解できる一冊です。
堅苦しくない文章で張本人が、全貌を語っていて一気に読めちゃうくらい楽しめました。

1982-1997ハシエンダ全イヴェント・リスト付
ハシエンダ、ニュー・オーダー
魅力的なダメ人間達の魅力がつまった一冊です。

当時のバンドに影響を受けた人達や、サマソニでニューオーダー観る予定の人は読んでおくときっと楽しめるはずです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
実は、自分はこの本の「著者」に会ったことがある。

もちろん、「著者」とはNew Orderの元ベーシストであるフッキーことPeter Hookその人である。NOが2005年のフジロックに参戦した年に、最終日の翌日の朝の新幹線の中でバーニーを除く他のメンバーと一緒にいるところに遭遇したのだ。通路を挟んですぐ隣の席にスティーブンとフィル、斜め前の席にフッキー、という。勇気を出して話かけて、自分で作ったフッキーの顔がプリントされたTシャツ("Hooky the Bass God!!"と書いてあった)にサインしてもらった。肩を組んで一緒に写真も撮ってもらったっけ…。別れた嫁さんと一緒に過ごした数年間の中で一番印象に残っている出来事がそれ、である。

さて。という事でこの本の中身に移るのだがw 、書かれているエピソードの面白さもさることながら、やはりP・フックその人の生き様や人柄が直に伝わってくる内容なのが嬉しかった。世界的に売れていて有名なバンドのメンバーなのに、稼いだはずの金をハシエンダの経営につぎ込んで経済的ににっちもさっちも行かなくなってるとか。あるいは「New Orderのベーシスト」としてのフッキーじゃなしに、ハシエンダの運営に携わる一人の役員としての顔、一緒に仕事をしてるスタッフやメンバーに対する親愛の情や「ダチ」として気の置けないつな
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック