Amazon Kindleでは、 ノーモア立川明日香 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,296
通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ノーモ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ノーモア立川明日香 単行本 – 2013/9/27


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 191


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ノーモア立川明日香 + ともちん 板野友美 AKB48卒業記念 写真集 (講談社 Mook)
合計価格: ¥ 2,530

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「私のような子どもをこれ以上増やしたくない」元・美人すぎる市議の壮絶すぎる半生。

著者について

「⼭⼝⺟親⾦属バット殺⼈事件」「⼤阪姉妹殺⼈事件」の犯⼈、⼭地悠紀夫の⽣涯を描いた『我思う、ゆえに我あり』で、第15 回⼩学館ノンフィクション⼤賞の優秀賞を受賞した、、小川善照(おがわよしあき)。
数々の犯罪事件現場の取材を担当したり、孫正義の⼀族を描いたノンフィクション作品「あんぽん」にも取材記者として参加した彼が、⽴川明⽇⾹に容赦なく取材し、鋭く切り込んだ作品となっています。

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 三空出版 (2013/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4944063598
  • ISBN-13: 978-4944063598
  • 発売日: 2013/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 107,792位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

39 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 小谷野敦 投稿日 2013/10/6
形式: 単行本 Amazonで購入
 セミヌードグラビアまであるし、キワモノだろうと思う人がいるだろうが、中身は濃い。驚いたことに、立川明日香本人に取材し、写真まで載っていながら、立川に対する執筆者の姿勢はかなり厳しく、批判的ですらある。メインライター小川善照が、「市議」としての活動を書き、カメラマンのインベカヲリが、児童施設で育った立川の過去をコラム的にさしはさんで書いているのだが、インベの文章がすごい。 児童養護施設の実態が分かるともいえるし、地方自治の実態が分かるとも言える。それをヌードグラビアつきで出すというのは、尋常でないだけに面白い。飛ばし読みできるような、タレントの自伝でも暴露本でもないのである。特に立川が所属していた事務所の社長って誰なんだろう、と思う。
 養護施設にいた女の子が、小学校から中学校まで、職員にごうかんされていたという、185-6pの記述は、内容がすごいのに曖昧だ。曖昧にしなければならない理由があったのだろうか。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ナルボンヌの蜜蜂 投稿日 2014/3/16
形式: 単行本
-

「美人すぎる市議」なるフレーズが気持ち悪い。

所詮有権者などヴィジュアルで釣られる程度の政治リテラシーしか

持ち合わせておるまいという愚民視が明らかであるからだ。

政治家の価値と外面の美醜は無関係なのに

女性というだけでそのような皮相的な評価に晒される不条理。

しかし女性政治家(そして恐らく男性政治家も)の相貌を「美しく」するのは

公に奉仕する者としての内に秘めた凛とした覚悟の程なのであり

立川より「美しい」女性政治家など幾らでもいる。

要は20代の女性市議というのが珍しいだけで

「政治の世界では」という限定辞を外してしまえば

平均レヴェルがメイクで化けただけであり、

それでもタレントとしては全く鳴かず飛ばずだったのである。

そして不覚悟で見苦しいセミヌード

(乃木マリー応援団氏が「しょぼい」と評されたのは至当)や

着衣のまま水を張ったバスタブで哺乳瓶を咥える写真を

本書に載せる意味は更に不明である。

-
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
51 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 こざと 投稿日 2013/9/28
形式: 単行本
市議として新座市民にどんな支援をしたかったのか何をしたのかということは書かれていない。
脱原発の活動についても政治家らしき言葉はない。
養子縁組・里親制度の普及と言いながら立川明日香自身の言葉はなくセミヌードになって養子や里親の応援をしていると言ってるだけ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
67 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 脱原発 投稿日 2013/9/26
形式: 単行本
この本に掲載されている、カラーグラビアの中の唯一のヌード写真の次のページに、あろうことか立川明日香が小沢一郎現生活の党代表と、昨年の衆議院選挙の立候補騒ぎの時に撮影したと思われる、ツーショット写真が掲載されていた。よくこんな場所にこの写真の掲載を許可したなと、生活の党の本部に確認の電話を入れたところ、電話に出た女性が憤慨した様子で「許可も何も事前の掲載使用許可等一切なくいきなり本が発売された。今後の対応は代表の小沢が判断する。」とのこと。出版人としての最低の常識・マナーも持たぬ出版社、著者のやり方に、自分が小沢一郎支持とか関係なく、むちゃくちゃ怒りを覚えた。里親制度支援などと、耳触りの良いうたい文句が書かれているが、最初の出馬ドタキャン騒ぎだけに飽き足らず、この後に及んでまだ関係者に迷惑をかけ続ける、立川明日香。このようにウソやごまかしで塗り固めた人生を、彼女はこれからも続けて行くのだろう。本の内容は語るに値しない。
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック