¥ 594
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ノロワ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ノロワレ 人形呪詛 (電撃文庫) 文庫 – 2012/12/8


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ノロワレ 人形呪詛 (電撃文庫) + ノロワレ 弐 外法箱 (電撃文庫) + ノロワレ 参 虫おくり (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,890

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

双子の弟・真木現人は兄の夢人のことが嫌いだった。主人公の虐めと呪いをテーマにした小説『呪験』で十五歳にして作家になり、上京した夢人。そして、その内容に影響された殺人事件により帰郷するのだが、彼は七屋敷薫という婚約者を連れていた。―七屋敷は呪われている。七屋敷の花婿は、呪いによって、二年と経たず早死にするのだ。そんな『呪い』が噂される婚約だが、夢人は嘲り笑いを浮かべるだけだった。そして、夢人を尊敬し慕う妹の信乃歩に、彼らを蝕む呪いの物語が、静かに始まりを告げていた―。甲田学人が放つ呪いの物語、開幕。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

甲田/学人
1977年、岡山生まれ。津山市出身。二松学舎大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/12/8)
  • ISBN-10: 4048912062
  • ISBN-13: 978-4048912068
  • 発売日: 2012/12/8
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 240,887位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 シズ 投稿日 2012/12/26
形式: 文庫 Amazonで購入
呪術人形をネタにしたストーリーや舞台が田舎町であるところから和風な空気が出ており、断章のグリムの時の派手さがなくなって、かわりにMissingの時のような綺麗だけど危険な香りでもするような空気感がありました。主人公が内気っ子で萌えるのもポイント、表紙にくっついている「人が死なないストーリーを目指します。死なないことが本当に幸せなのか」というコメントもツボでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 緑籠 投稿日 2012/12/13
形式: 文庫
Missingで甲田さんにハマり、断章のグリムは途中で個人的な事情で読むのを断念してしまったのですが、
タイトルから久しぶりに原点回帰しての「怪奇」に挑まれる気配がしたので買ってみました

あらすじを読んだ感じだと、現人・夢人兄弟がメインになるのかと思いましたが、
実際には二人の妹がメインです
夢人はホラー作品では余り適切ではない表現ですが「探偵役」として登場
双子は1巻を読む限り端役です
ですが物語の根幹を成す部分に「夢人の呪い」に関して言及されており、
これが単発作品ではなくシリーズものであることを匂わせているので、
物語的には双子がメインに焦点はシフトしていくのはないでしょうか

ただ断章を途中でリタイアしてしまった私には甲田さんの作風が変わられたのか、
Misiingや夜魔にあったホラーの根幹を成すであろう
「未知なるものに対する恐怖」という部分が大分ライトに描かれていたという印象です
ホラーが読みたくて…という人にはそういう意味では物足りないかもしれません

ただ新シリーズの第一巻ということもあり、今後「夢人の呪い」について踏み込んでいけば
怖くなるのではないかと期待しています(Missingも合わせ鏡辺りからホラーっぽさが増しましたし)

という訳で甲田さんファンなら要チェックです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まふゆ 投稿日 2013/2/6
形式: 文庫 Amazonで購入
待ちに待った、甲田先生の新シリーズ開幕です。

前作・「断章のグリム」ではなく、「Missing」寄りの印象でした。
現代ホラーです。
伝承にまつわる解説も健在で、「へ〜、なるほどねー」と口にしながら読んでしまいました。
タイトルにもなっている、呪いについての説明も書かれていました。
この手のお話に興味がある方は楽しいかもです。

ホラーとしての怖さレベルは、人によって変わると思うので、断言はできません。
私はややドキッとしたシーンがあったくらいかな?
それよりも、呪った犯人が誰か推測していく過程の方が面白かったです。
夢人の目的もラストで明かされるのですが、これは勘の良い方だと、序盤で予想できてしまうかも。

それから、他レビューにある通り、兄弟ではなく、妹が主人公です。
彼女視点で進むシーンが大半です。
内気な少女の悩みや虐めの場面など、甲田先生は人間の感情(特にドロドロしたもの)を書かれるのが巧いなぁと思いました。
2巻でも黒い人間模様が描かれそうです。

ミコトの謎、七屋敷家について、兄弟同士の確執、夢人の体のこと。
伏線も張られまくっていますし、まだまだネタは出し切っていないでしょう。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さくらくん 投稿日 2013/1/7
形式: 文庫
田舎を舞台に繰り広げられる、甲田学人先生の新シリーズ。

前作断章のグリムよりも猟奇色が抑えられ、サスペンス仕立てになっている作品。
物語は双子を中心に周るかと思いきや、その妹が狂言回しの役を負っていました。そこが少し肩すかしと感じるかもしれないです。
次からは双子弟の現人、又は何やら異様な存在感を持つ命が活躍することを祈ります。

作者特有の、作品全体に潜む陰湿さと徐々に競り上がってくる恐怖、それが溜まり溜まって爆発する時の圧倒的な絶望の表現は健在。
今後このシリーズがどのように展開していくのか楽しみで仕方ありません。

あえて難癖をつけるとすれば、前作「断章のグリム」の白野蒼衣、時槻雪乃の様な強烈なキャラがいないこと。(風乃も強烈ですが)
特に雪乃さんはラノベヒロインの中でもトップクラスで好きなので、そこだけが気になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック