Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 (ウォートン経営戦略シリーズ)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 (ウォートン経営戦略シリーズ) [単行本]

C.K.プラハラード , スカイライト コンサルティング
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 --  

キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

メディア掲載レビューほか

ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 ウォートン経営戦略シリーズ
 世界には、1日2ドル未満で生活する貧困層が40億人いる。本書は、経済ピラミッドの底辺に位置するこの貧困層(Bottom of the Pyramid=BOP)こそ、今後急速に成長する魅力的な市場だと指摘。企業は彼らを、慈善や援助の相手としてはなく、ビジネスの対象として重視すべきと主張する。

 貧困層を「顧客」や「消費者」に変えるには、先進国向けの製品・サービスに少し手を加えるといった対応では不十分。技術、製品・サービス、ビジネスモデルそのもののイノベーションが欠かせない。

 BOP市場の基本となるのは、「パッケージ単位が小さく、1単位当たりの利潤も低い。市場規模は大きいが、少ない運転資本でも利益を出せる」ビジネス。例えば、米P&Gは低収入で現金不足のBOPに消費力を作り出すため、「使い切りパック」のシャンプーを販売した。ブラジルの家電チェーンは無理のない利子とカウンセリングで、BOPにも高品質な家電が買えるようにした。その他、医療、金融サービス、農業関連ビジネスなど様々な分野の成功事例も詳しく解説する。

 BOP市場に参入することで得たノウハウ、実現したイノベーションは、先進国市場でも活用でき、企業の成長、発展に大いにつながると説いている。


(日経ビジネス 2005/12/05 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

■「ウォートン経営戦略シリーズ」第1弾、登場!

本書は、2004年のAmazon.com編集者投票によって「全米No.1ビジネス書」に選出されたほか、エコノミスト誌によって2004年のベスト書籍25冊の一つに選出されるなど、高い評価を獲得。

「読まずにはいられない本だ。世界が等しく繁栄するには、我々がビジネスのやり方を変革しなければならない」
---マイクロソフト社・会長兼チーフソフトウェアアーキテクト ビル・ゲイツ

「新興市場について、斬新なアイデアをもとめているのなら、もうほかを探す必要はない。これがその答えだ」
---オルブライト元米国国務長官


■「ウォートン経営戦略シリーズ」について

ペンシルバニア大学ウォートン・スクールは、1881年に設立された全米初のビジネススクールであり、教育・研究活動においてもトップクラスのビジネススクールと評価されている名門校。毎年、多数のビジネス・リーダーを世界に輩出しており、日本では小林陽太郎氏(富士ゼロックス会長)などが卒業生として知られています。

本シリーズは、ウォートンスクールの上席教授陣が選んだ世界第一級のビジネス著作物の数々から、日本のビジネスパーソンのために厳選した新しいビジネス書のシリーズ。その基準は、タイムリーかつ斬新、コンセプトが明瞭で、実行可能であること。新しいビジネスを切り拓いていくための、ポストMBAの実践書となります。

登録情報

  • 単行本: 496ページ
  • 出版社: 英治出版 (2005/9/1)
  • ISBN-10: 4901234714
  • ISBN-13: 978-4901234719
  • 発売日: 2005/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 93,161位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
44 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 久しぶりに骨太な本 2005/10/17
By Kajiken
形式:単行本
教科書的なMBA本に飽きているヒトにはお薦めです。
貧困問題に対して、ホワイトバンドなんかと対照的に、
「変に慈善ぶらずに、先入観を捨てて全うなビジネスをやれば解決できる」
というのが斬新でした。
基本的には国際的に資金力がある大企業が対象になってますが
今まで相手にしなかった人たちへの常識をくつがえすという点では、
いろいろな意味で大企業じゃなくても参考になります。
著者のクセとして、文章がちょっとくどい感じはしますが。
付属CDのビデオは英語ですが、
WindowsでWMPの最新版なら、日本語の字幕付きでみれますよ。
(巻末に説明あり。WMPでこんなことができるとは知らなかった。。)
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
発展途上国で貧困層相手にビジネスする方法についての本。途上国の貧困層は所得が少ない。また先進国で売られているような高機能の商品への関心がない。したがって、貧困層向けのビジネスは利益を生みにくく、成功しない。貧困層は福祉の対象であって、ビジネスの対象ではない・・・。

本書は上のような先入観に対して批判を加える。つまり、途上国の貧困層向けのビジネスは、先進国の大衆向けのビジネスとはやり方が異なる。そのやり方さえ押さえられれば、成功することもできるのである、と。そのやり方を多くの事例研究から引き出してくる。結論は最初の200ページ弱にまとめられている。それ以降は事例の詳細な提示である。したがって、冒頭の200ページだけを読んで論点をつかむという読み方もできる。

だが、著者の狙いは単に貧困層でビジネスをして利益を上げることにあるのではない。著者は、私利を追求する資本主義的企業にも、貧困の解決に向けてできることがあるのではないか、と問うている。貧困層を資本主義的に搾取する方法ではないのである。企業は私利を追求するのだが、それが(神の見えざる手によらず)貧困の解決に寄与することができる。それが著者の主張である。

したがって重視されているのは、貧困層の人間が自主的になることである。企業家精神、イノベーションを貧困層にもたらすことで
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
23 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 常識をくつがえす 2005/10/14
By plateau
形式:単行本
470ページ+CD付の読み応えある一冊。(CDは英語のナレーションまたは字幕のみで、日本語ではありません。)
世界における所得階層を構成する経済ピラミッド。その底辺に位置するのがBOP(ボトム・オブ・ザ・ピラミッド)。そこには40億人以上もの人が位置しています。その人々を、『顧客』としてとらえることが本書のテーマです。
前半部分で、BOP市場相手に成功する原則を説き、後半部分では、12の実企業(うち3つはCD収録のみ)のケーススタディを行っています。
ポイントは、
1.BOPの市場特性をよく理解する
2.イノベーションを起こす
3.貧困層が自ら選択し、自尊心を養う機会を創り出す
こと。
1については、今までの常識を疑ってみることが必要です。著者いわく、BOP市場の人々には潜在的購買力があり、ブランド志向もあるとのこと。
2については、規模の拡大を前提にする、求められる機能を一から構築する、など、イノベーションの12の原則を説明しています。
3が重要な点で、著者の主張が単なる市場原理崇拝ではない点に共感できます。また、開発援助による弊害も克服できます。
常識を疑い、マーケットを見つけ、特性・ニーズを調べつくし、『顧客』とWin-Winの関係を築いて行く点は、BOP市場以外にもあてはまることです。随所にいろいろ参考になる記述があり、多くの気付きを与えてくれる内容でした。一読の価値ありです。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 必読書!! 2008/6/11
形式:単行本
本書はベストセラーだけあって、ビジネスマンであれば読まなくても大筋をどこかで見聞きしているというのが多いのではないでしょうか。私もその一人でした。読まなくても自分は理解していると思っていました。

本書を読んだ感想は、そういった先入観が間違ったものだということでした。企業のサクセスストーリーが羅列された本ではなく、BOP(経済ピラミッドの下層)市場でビジネスをするために必要な戦略が「イノベーション12の原則」として分析されていました。事例も細かく書かれており、ビジネスマンも研究者も楽しめる本だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 BOP市場へのビジスとしの取り組みがわかる
BOP市場とは貧困層の市場のことである。コトラーは彼自身のこの領域への関心をこの本で喚起されたということを言っている。かなり先駆的な本だと言える。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: あきら
5つ星のうち 5.0 我国が得意とする時代になった。
明治維新以降の我が国が大東亜共栄圏でやろうとしてた事が、これからの世界を救う。
投稿日: 15か月前 投稿者: 伊佐柳 若人
5つ星のうち 5.0 BOP市場からビジネスの本質を見る
最近よく耳にする「BOP市場」について書かれた本。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/1 投稿者: 魔女
5つ星のうち 4.0 貧困層へ向けてビジネスを創出する価値と方法を考える
... 続きを読む
投稿日: 2011/6/30 投稿者: Cats
5つ星のうち 5.0 発想を変えるビジネスモデル
BOP(Bottom Of... 続きを読む
投稿日: 2011/4/3 投稿者: 敬天愛人
5つ星のうち 4.0 可能性を感じました
5年間積読していて、最近になって読みましたが、
勇気付けられる事例が多々載っていて、... 続きを読む
投稿日: 2011/1/22 投稿者: かけふ
5つ星のうち 5.0 名著中の名著
BOPビジネスを広く世に伝えた書籍の改訂版。
改定前のバージョンに加え,複数のCEOからのメッセージ,... 続きを読む
投稿日: 2010/11/28 投稿者: kei
5つ星のうち 4.0 いかに日本が恵まれているか
著名ブロガーの金融日記さんが紹介されていたので、手に取った。... 続きを読む
投稿日: 2010/10/24 投稿者: mikeexpo
5つ星のうち 5.0 BOPにもイノベーションはある
BOPにもイノベーションはある。貧しいといわれる国においても携帯電話はみな欲しがる。先進国の常識を途上国に押し付けてはいけない。NGOとも協業しながら途上国の状況... 続きを読む
投稿日: 2010/10/12 投稿者: abcdefg
5つ星のうち 5.0 BOPのイロハが手に取るようにわかる本。
「ネクストマーケット」が初めて出版されてから早や5年だという。最近ではBOP関連のニュースも時折取り上げられるようになってきたが、ほんのちょっと前まで、私自身含め... 続きを読む
投稿日: 2010/8/1 投稿者: Dr.Chiro
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック