テイルズ オブ デスティニー2 がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古品☆ケース、説明書あり☆動作確認済み】 ◇◆ケース、ディスク、説明書での出品です◆◇ 【商品詳細】《ケース》擦れ傷があります。 《ディスク》ディスク裏面は擦れ傷がありますが特に目立った傷はなく、概ね良好です。《説明書》比較的良好な状態です。【動作確認済み・アルコール清掃済み】 ※中古商品につき、傷、擦れ、焼け、へこみ、パッケージ、ジャケットのヨレ等がある場合もございますのでご了承ください。記載ない限り、印刷物・帯・特典などは付属致しません。またプロダクト、ダウンロードコードは中古品につき、使用できない場合もございますのでご注意ください。土日祝は発送・メール対応が遅れる場合がございますのでご了承くださいませ※
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,630
66pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: Hjc shop
カートに入れる
¥ 7,000
通常配送無料 詳細
発売元: ショップ夢番地
カートに入れる
¥ 7,280
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: 稲省堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

テイルズ オブ デスティニー2

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.6 231件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 6,630 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 714 (10%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、SevenMarketが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • Amazon.co.jp限定: ここでしか手に入らないAmazon.co.jp限定TVゲーム/Amazon.co.jp限定特典付TVゲーム を今すぐチェック


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • テイルズ オブ デスティニー2
  • +
  • テイルズ オブ デスティニー(特典無し)
  • +
  • テイルズ オブ レジェンディア
総額: ¥15,700
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00006L8ZN
  • 商品重量: 150 g
  • 発売日: 2002/11/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 231件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 3,221位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

 「テイルズ オブ ファンタジア」、「テイルズ オブ ディスティニー」、「テイルズ オブ エターニア」に続くシリーズ最新作『テイルズ オブ デスティニー2』。前作「テイルズ オブ ディスティニー」の世界観を引き継ぎながら、登場キャラクターやシナリオは完全オリジナルとなっている。

   前作の英雄スタンたちの活躍で、ミクトランの野望が阻止されてから18年。セインガルド王国・クレスタの街に、かつてこの国を救った英雄の一人、ルーティの息子カイルがくらしていた。カイルは父親の顔を知らなかった。母親ルーティはそのことについて多くを語らなかったからだ。しかし、カイルは信じていた、父親はスタンだと。そして、いつか自分も彼のような英雄になることを夢見ていた…

   キャラクターデザインにいのまたむつみを起用し、彼女の世界観をPS2の高いグラフィック性能で表現している部分がポイント。オープニングテーマ曲に倉木麻衣を起用し、ゲームを盛り上げている点にも注目したい。(松井浩二)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

あたかも格闘ゲームのような感覚でバトルを楽しめる「テイルズ」シリーズのプラットフォームをPS2とした初作品です。
今回一番の特徴としてPS2の能力を使いバトル中にカメラが動きます。もちろん3Dポリゴンではなく従来の暖かみのある2Dのアニメキャラの作品ですがPS2の高度な回転縮小拡大機能を使いカメラアップなどが可能となりキャラクターのモーションや必殺エフェクトがより映えると思います。
シナリオはタイトルに「デスティニー2」とあるようにテイルズオブデスティニーの続編です。前作の主人公スタンの息子カイルの冒険となりますが、一部のマップや街は前作をリメイクしてある物がありますので懐かしい雰囲気がゲーム全体に漂っています。
グラフィックも光源処理をリアルタイムで計算していますので(3Dより2Dの方が光源処理は難しい)影などの明暗もとてもキレイで、もちろんハード能力の向上により解像度も上がりより細かく繊細な演技が楽しめます。
イベント、やり込み要素なども今までのシリーズ通り重圧な物となっているでしょうからシリーズファンのみならず、RPGに興味がある方なら間違いなく買って損することはないと思いますよ。
コメント 100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
デスティニーの熱狂的?なファンで、2は発売日当日に肺炎で寝込んでいながら買ってきてもらった思い出の作品です(笑)
最近またやりたくなり(人に貸してしまってどこかへ・・・)新しくこちらで買いました。

さて酷評されがちなこの作品ですけど…
私はオリジナルデスティニーと同じくらい大好き!!です。

思うに酷評は、デスティニーの雰囲気が大好きだった人や、カイルの青臭さ(というより、子供ゆえのまっすぐさかな?)が受け付けないだけだと思います。
確かに、前作と比べるとあのどことなく暗くシリアスな雰囲気は皆無で、むしろテイルズのなかでもとくに華やかで明るい雰囲気を持つのが2。
ですが、この作品がとても手抜きで作られた、愛がないものとは思えないです。

カイルやスタンの扱いを酷評する人も多いんですが、まず、むしろ彼らの子で、スタンのいない状態で生きていたら英雄に執着するというのは自然なことです。
守られ可愛がられてきた15歳だからこその幼さと、スタンやルーティから生まれ姿を見てきたからこその人間そのものを肯定する気持ちが後の彼の思想になっていると思われます。

そしてまっすぐな幼さが、ゆっくりと成長して最後英雄とはなにか、を苦悩する結末を引き立てます。
それ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なかなかに面白い。今回は武器防具よりも戦い方次第で初期装備でも結構いけます。

シリーズ恒例だがやりこみ要素も高い。しかし中にはこれ普通にやってクリアできんのか?ってな感じのやりこみもありますが。

何より特徴的なのはその戦闘中の戦術の高さ。テイルズといえば通常攻撃に奥義を繋げていくのが基本ですが、今回はテクニックを要することでさらに幅が広がります(1つ例を挙げると、特技の後に術詠唱→すぐにキャンセルで素早く次の動作に移れる通称詠キャン)

まあ普通にやる分にはここまでやらなくても十分クリアできますが。

奥が深い、ということで。

システムだけを見るなら星5なのですが、いかんせん主人公(及び一部仲間)の言動が子供過ぎる。

説明聞いてないだろって発言→諭される、なんてシーンもちらほら。

何も考えずにただ思うままの行動って感じで歴代主人公と比べると見劣りします。

正直時々イラッとくることも私はありました。ので星4つ。

あと隠し秘奥義の条件が別の意味できつい。これが不評だったのか

後のシリーズはほとんど2週目で隠し要素解除になっている気がします。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テイルズオブシリーズといえば戦闘システムが大きな特徴ですが、本作はシリーズで最も戦闘システムがシビアです。回復魔法のないリバースよりも。
テイルズは殆どの作品で戦闘の難易度を上げることが出来るのですが、難易度を上げてみる気にならなかったのはこの作品だけです。

「物理攻撃を繰り出すと減って行き、なくなると物理攻撃が繰り出せなくなる」と言う新要素スピリッツポイント(SP)の導入によって物理攻撃に制限を掛けられているのに、更に物理攻撃の威力自体が低すぎて、物理攻撃は殆ど攻撃手段としての役割を果たせません。そのため、敵にダメージを与えるのは専ら魔法攻撃に頼る事になり、前衛の攻撃は敵の足を止める為の作業と言う感じで、基本的に前衛を操作する私としてはいまいち楽しめませんでした。
敵の背後に回るとSPとTPが半分になると言う訳の分からない仕様なので挟み撃ちもできず、うっかり敵の背後に回ってしまうと元の位置に戻るまで攻撃行動をする事がはばかられる。アクションエンチャントはSPの消費が激しくて使う気にならない。ただ物理攻撃を繰り返しているだけでは勝てない=戦略性が高いというのが今回の戦闘システムの売りのようですが、私はSPの導入で戦略性が高まったというよりも、SPのせいでやることなすことにいちいち制限を掛けられているように感じました。

...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー