通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ナニワ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。※新品同様の品質ではありません(書き込みやマーカーがない状態)万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため時間差で在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナニワ金融道(1) (講談社漫画文庫) 文庫 – 1999/3/12


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ナニワ金融道(1) (講談社漫画文庫) + ナニワ金融道(2) (講談社漫画文庫) + ナニワ金融道(3) (講談社漫画文庫)
合計価格: ¥ 2,419
ポイントの合計:  25pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


冬アニメ&TVドラマ
「暗殺教室」「流星ワゴン」ほか、1月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

著者について

青木 雄二
1945年、京都府生まれ。岡山県立津山工業高校土木科卒業後、関西の電鉄会社に就職する。退社後、岡山にて町役場に勤めるが数ヵ月後に退職。次いで大阪でパチンコ店店員、寿司職人見習いなど約30種の職業を経験する。後に、デザイン会社を設立し約8年間、経営した。1989年、『50億円の約束手形』でアフタヌーン四季賞入賞。1990年、モーニングで『ナニワ金融道』の連載を開始する。1992年講談社漫画賞、1998年手塚治虫文化賞を受賞。近年は漫画のみならず評論家としても活躍していた。『ナニワ金融道』のほか近著に『だまされたらアカン』『ゼニの美学』『青木雄二のどついたれッ』『ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学』(いずれも講談社刊)がある。

登録情報

  • 文庫: 472ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/3/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062605503
  • ISBN-13: 978-4062605502
  • 発売日: 1999/3/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 42,409位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

25 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ペンギン 投稿日 2006/6/8
形式: 文庫
大阪の街金融を舞台に資本主義のからくりを暴く超実践的経済入門書。

この作品において青木の優れていた点は、自分の中に確固たる思想を持っていながら

それを露骨にさらけ出すことはしなかった、というところである。

この作品のヒット後に作者が書き散らしたどのエッセーよりも

このマンガが面白く読めるものであったという事実は、

青木雄二が思想家である以前に紛れもなく一流の漫画家であったことを意味している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ま2007 投稿日 2005/10/11
形式: 文庫
長い期間を経て高い評価が固まった青木雄二の傑作。この作品の評価が下がるように中等教育の「ゼニ」にまつわるカリキュラムを充実させてほしいものです。
絵の美しさを期待してはいけない。琴線に触れる物語を期待してはいけない。この作品はお金にまつわる話を露骨に誠実に語ったものです。ただ単純にお金の仕組みを述べているだけではない。詐欺の立件が極めて難しいことを利用して無知な人や余裕の無い人を騙すのが如何に簡単か。そのあたりが、露骨に、平易に、描かれています。
この作品の登場人物の多くの悲劇は理性と正しい知識があれば回避できる。こちらに非が無くても権限を持った人の保身のために損害を受けることもあるのだから、せめて、少しの知識と技能で対処できる「ゼニのトラブル」ぐらいは本書を読んで対処できるようになっておきたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cockamamey 投稿日 2003/5/27
形式: 文庫
読んでてとにかく痛い!
わたしたちが資本主義の非情なメカニズムのなかで生きることの不条理さと必然性を突きつけられるマンガです。
主人公・灰原の鉄面皮と人間性は、読者を共感と嫌悪のあいだでひきさきます。
青木雄二の画はとてつもなくへたですが、金の論理という頚木につながれた家畜のような人間の哀れさをよく表現しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かたやまみちお 投稿日 2003/10/15
形式: 文庫
 最近お亡くなりになられた青木先生の
言わずと知れた代表作です。
 絵はこれまでにみたことないほどの下手ですが
(笑ってる顔も怒ってる顔もいっしょ)
スクリーントーンを使わずほとんど手書きで細かい
描写に圧倒されます。
 文庫本版は単行本2冊分を収録しているのでお得です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 椅子人間 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2010/5/2
形式: 文庫
金融物…というか、現在では大きな流れとなっている「職業漫画」の、先駆的作品の一つにして最高峰。私たちが全く知らない金融や法律の専門知識を駆使した高度な内容(ブレーンもいたようです)で漫画の新しいジャンルを築きあげ、多くのフォロワーを産み出しました。金を貸す側である“街金”の新入社員である灰原の眼を通して、借金で身を滅ぼす人々の姿を哀切とユーモアをもって描き出しています。

絵は上手くはないのだが、この独特の絵柄は、猥雑で時に残酷な人情劇を表現するにはこれしかないんじゃないかと思えるほどハマってる。背広の模様や小さな看板に至るまでみっちりと描き込まれた絵を、自分は読み流すことはできません。まあ殴られても痛そうに見えなかったりするのは御愛嬌(笑)。あと、「肉欲棒太郎」始め人の名前のセンスが凄いです。

この漫画は本当に恐ろしい。これを読めば、安易に他人の保証人になったり街金でお金を借りようなどとは、ゆめゆめ思わないはずだ。極上のエンターテイメントでありながら、最良の教育本でもあるという奇跡的な漫画。こういった作品こそ、図書館や学校の図書室に常備すべきだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 025 投稿日 2004/5/6
形式: 文庫
たぶん女性はあまり手を出さない本だと思います。絵もあまり女性好みではありませんし。ですが、内容はとてもおもしろく、女性でも十分楽しめます。この絵の不味さがまた、内容と合っていていいんです。
最近、駅前に消費者金融のお店が多いですよね。幸運なことに、まだそのような金融業の方とは接したことがありませんが、これを読むと、あの笑顔にはだまされんぞ!!という気持ちになります。
これを読むだけで、良い社会勉強になりますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たろぉ 投稿日 2007/10/11
形式: 文庫
出てくるキャラの内面が皆ドス黒くて好きになれないとか
性描写が露骨すぎて著者は性欲をもてあまして死んだんじゃないかとか…
高校生ぐらいの頃はこんなに純粋な受け止め方をするのだなと逆にビックリしました。

青木雄二の書いている漫画は「社会の一面」をかなり忠実に描いています。
創作部分もあるでしょうが、ほとんど現実に起きてもおかしくないことです。年をとればとるほど実感します。
さまざまな経験を積んだ青木雄二の本音だからこそ、露骨で気持ち悪い部分もありますが、だからこそ味があるし嘘っぽさがない。

漫画特有の演出をせず、ただ淡々と起こったことを描いているために、現実の迫力、現実の恐ろしさが伝わってくる。

私自身、社会経験をつんでいくにつれ「あの漫画にかいてあったことは本当だったんだ」と思うことが何度もありました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック