中古品
¥ 21
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: この度はご回覧いただき、ありがとうございます。◆通常24時間以内に発送可能です。◆万が一品質に不備があった場合は安心の返金保障。◆防水梱包。◆単H 帯あり・ページは綺麗な良好な状態です。外観は、多少の使用感や擦れ、細かな傷がありますが、全体的に綺麗です。 商品は全てクリーニング&アルコール除菌済みです。丁寧に梱包してヤマトメール便、郵メール(ポスト投函)にて迅速にお送りいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ナイフ 単行本 – 1997/11

5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 1
--このテキストは、文庫版に関連付けられています。


キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

受賞歴

第14回(1998年) 坪田譲治文学賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

顔を上げろ、少年。少さな幸福に包まれた家族の喉元に突きつけられる“いじめ”という名の鋭利なナイフ。日常の中の歪みと救いをビタースィートに描き出す出色の小説集!五つの家族の小さな幸福と苦い闘い―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 307ページ
  • 出版社: 新潮社 (1997/11)
  • ISBN-10: 4104075027
  • ISBN-13: 978-4104075027
  • 発売日: 1997/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 343,505位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この人の言葉は平易である。丁寧である。それだけにストレートに伝わってくる。
この本は「イジメ」というものをまっすぐ捉えた作品だと思う。それも、一つの視点にとどまることなく、あらゆる立場から、あらゆる状況を見つめている。偽善者でもなく、被害者でもなく。これは、「イジメ」に関わる格闘と再生を描ききった作品である。
コメント 18人中17人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
イジメのシーンについてこれだけ細かく書かれていると、自分自身がその現場で実際に見物しているような感覚になり、とても読むのが恐かった。

誰にも言えずに、毎日必死になって、壮絶なイジメと闘っている子達はたくさんいると思う。読んだ後も思い出すと、心臓がギュッっと痛むくらい印象に残った。
コメント 27人中24人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 ローズ・レッド 殿堂入りレビュアー 投稿日 2002/1/12
形式: 単行本
5つのいじめを描いた短編集。幸せで、そのくせもろい家庭、親子、夫婦の微妙な世界がリアルに描かれている。
「エビスくん」では泣いてしまった。入院している妹のために、いじめられながらも懇願する「ぼく」の姿が痛ましくて、健気で、涙が止まらなかった。重松清の作品は、どこかあたたかくて好きだ。
コメント 5人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
 この本を読んで、愕然とした。一つ一つがかなり深刻な「いじめ」である。子供の世界にこんないじめが日常化しているのだろうか。この本を読んでから、「自殺により死亡」のニュースを観るたびに、いじめられた子供の悲しみが立体的に胸に迫って涙が浮かぶようになってしまった。しかし、いじめっ子の立場も不安定なものであり、あっという間に逆転し得る微妙なものを含んでいる。作者の目は、そうした子供達にも向けられている。また、大人の抱える悲しみにも向けられている。「いじめ」の問題は、単なる未熟な未成年の問題ではなく、人間の「社会的」問題であると言われているようだ。

 「ナイフ」も印象に残る作品だったが、「エビスくん」もなかなか。「好き」という言葉を使いたくない程、読後悲しい作品だが、透明な透き通るような悲しみだと感じるのはなぜだろう。

 
コメント 9人中8人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
 この本の中の短編のどの主人公は誰もが「いじめ」という事実に直面している。それは、直接いじめにあっていたり、自分の子供がいじめにあっていたり、過去にいじめられた経験があったり・・・。まさにこの本のキーワードは「いじめ」なのである。
 けれど、この本が伝えてくるのは「いじめはしてはいけない。」とか、「どうやったらいじめがなくなるか。」とかそういうことではない。もっと、広く客観的に書かれている。読むといろいろなことを感じ、わかる。いじめられている人、いじめてる人、そしてそのまわりの人々。細かな心理描写からたくさんの気持ちが読みとれ、一編終わるごとにため息がでる思いがする。  ちょうど「いじめ」の一番近くにいる人たち、中高生の人には特に呼んで欲しい一冊です。
コメント 8人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
私はこの本で初めて「いじめ」というものがひどく厄介で、 侮れないものだということを知りました。 「ナイフ」に描かれている「いじめ」と私の知っているそれとは明らかに次元が違 う。 ヘンな言い方をすれば「いじめ」が既に「文化」になっていいる。 現在のいじめの環境の中にもしも入っていけば、 僕のちっちゃな「自尊心」やら「正義感」などは、
簡単にへし折られる可能性が高い、と思う。 この本の凄いところは、そういう現実を私にも分かるように描ききり、 なおかつ「希望」を見せているというところでしょう。 特に冒頭の鰐と少女の物語。彼女の決して人に頼らない孤独な闘い。 それは端から見ていて、歯がゆくもあり、凛々しくもある。
「いじめ」を素材にしながら、一人の少女の成長物語にもなっている。 今の「いじめ」を知らない大人にこそ、この本を読んでもらいたい。
コメント 27人中22人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
本書は、その後数多くの名作を書き上げ、直木賞など多くの賞を受賞され
ることになる著者にとって初期の作品集である。本書は、1997年に単行本
が刊行された後、1999年に「大人と子どもが共有できる優れた作品」に与え
られる坪田譲治文学賞を受賞し、2000年に文庫化されたものである。

本書には、表題作の「ナイフ」に加え、「ワニとハブとひょうたん池で」
「キャッチボール日和」「エビスくん」「ビター・スィート・ホーム」の
5編が収録されている。

この5編の作品のうち、「ビター・スィート・ホーム」以外は、学校での
いじめをテーマに書かれている。そして、いずれの作品でも、小学生や中
学生の子どもを持つ家庭が舞台になっている。暮らしは特に豊かというわ
けではないが、明日の生活に逼迫するような貧しい暮らしでもなく、両親
も揃っていて生活は安定しており、大都市の郊外に子どもとともに住む、
という、これ以降の重松作品を象徴するかのような設定になっている。

また、いじめの描写は手加減がない。まるでドキュメンタリーを見ている
かのような凄惨な描写は、読む方を時に辛くさせてしまうが、それも、解説
で如月小春氏が述べているよう
...続きを読む ›
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック