中古品:
¥ 2,980
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【国内正規品。レンタル落ちではありません。】 帯、紙製外箱、DVDケース×4、FOX TVシリーズちらしブック、DVD説明書き、DVDディスク×4 の内容となります。 帯は非常に綺麗です。 紙製外箱には多少のスレキズがある程度で中古品としては非常に綺麗です。 DVDケースは4個共に非常に綺麗な状態です。 DVDディスクは4枚ともに盤面にキズ等ほとんど無く非常に綺麗です。 除菌処理後、クリスタルパックに収納して清潔に保管しています。 アマゾン配送センターから通常配送料無料でお届けいたします。 最速の配送をご希望の場合は、「お急ぎ便」または「当日お急ぎ便」がご利用できます。 アマゾン倉庫より迅速、安全、確実に配送いたします。 お支払いは、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いがご利用できます。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 140
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ドールハウス DVDコレクターズBOX


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 4,580より 中古品の出品:13¥ 1,410より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【20世紀FOXストア】 『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


登録情報

  • 出演: エリザ・ドゥシュク, ハリー・レニックス, フラン・クランツ, ターモー・ペニケット, ディーチェン・ラックマン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • DVD発売日: 2010/09/02
  • 時間: 649 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B003EINGBK
  • EAN: 4988142772626
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 82,251位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

 『トゥルー・コーリング』のエリザ・ドゥシュク主演
『24』『プリズン・ブレイク』の20世紀フォックスが贈る話題の新SFアクションTVシリーズ

【日本初上陸の“ドールハウス”とは?】
大ヒットTVシリーズ『トゥルー・コーリング』
でヒロインを演じたエリザ・ドゥシュクの新TVシリーズがついに日本上陸!
「ドールハウス」と呼ばれる闇組織によって記憶を消され、依頼ごとに適した人格を植えつけられた工作員たちが、さまざまな任務を果たしていく新感覚のSFアクションドラマだ。全編に張り巡らされた伏線から闇組織の陰謀を暴いていく謎解きのおもしろさ、美男美女による極上のコスプレなど見どころ満載。またしても寝不足必至の新TVシリーズから目が離せない!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

他人の人格を刷り込まれた“ドール”の活躍を描いたSFアクションシリーズのBOX。闇の組織「ドールハウス」で人格をインストールされた“人形”として生きるエコーが、本当の自分の記憶を取り戻そうとするが…。第1話から最終第13話を収録。4枚組。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

27 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 crea 投稿日 2010/6/21
アンドロイドでもロボットでもなく、本物の人間の記憶を消し
金持ちや大企業のクライアントの要望に応じて
色々な人格を脳に刷り込むという、闇の組織「ドールハウス」
まずその新感覚な大胆な発想にまずビックリします。
どんな人格にもなれるので、昔のアニメの変身もののキューティーハニーみたい?!
ある時は妻を失った金持ちの妻の代わりや盲目でカルト集団に潜入、SMの女王様・・・etc
本当に毎回エリザ扮するエコーのコスプレが可愛かったり、セクシーだったり
それだけでも楽しいです。

そして、データーにも存在しない失踪者が「ドールハウス」の
アクティブになっていると確信を持ち真相を暴こうと執拗に追い続けるFBI捜査官のポール・バラード。
テンポのいい展開なので一度観始めると止まらない位で、中盤からはエコーの記憶が戻り始めたり、
何者かがアクティブを使ってポールに接触し、「ドールハウス」の実在を知らせたり、
それが誰なのか、どんな目的なのか
秘められた謎が少しずつ明らかになっていきます。

前者の方もレビューしている様にジョス・ウィードン氏がエリザの為に作った様な作品で
エリザ本人もジョス・ウィード氏から「エリザのその目がいいんだ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アイク トップ500レビュアー 投稿日 2010/6/17
「聖少女バフィー」(すごい邦題だなぁ)やそのスピンオフ「エンジェル」、「宇宙大戦争:ファイアーフライ」その映画版セレニティー [DVD]などを送り出したカリスマ・クリエイター、
ジョス・ウィードンの新ドラマシリーズ。
シリーズ自体は09−10の2シーズン、計27エピソードで完結済み。
ウィードン氏には5シーズン分の構想があったということですから残念な結果であったのかも知れません。
「バフィー〜」でも組んだエリザ・ドュシュクの為の企画と言うことで彼女が制作にも参加、体を張った熱演を見せております。

全米のオタク層から「神のごとく」支持されるウィードン氏ではありますが、その世界観はスケールが大きく、TVだとスローペースにならざるを得ず視聴率の面で苦労が絶えないようです。
本作
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 clover VINE メンバー 投稿日 2010/8/1
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
これは面白い!
あまりに面白いので、見始めて3話目で、いろんな情報を知りたくてWikipediaを検索。
そこで残念ながら第二シーズンで終了となった事を知ってしまうのですが、勢いあまってやはり同じエリザ・ドゥシュク主演の「トゥルー・コーリング」も全部見てしまうほどにハマりました。

記憶を抹消され、ピュアな存在となった人間「アクティブ」に新たな人格を刷り込む事によって、クライアントの思うままの人間を作り出す地下組織ドールハウス。
従順なアクティブたちに与えられる仕事は、ボディガード、誘拐犯とのネゴシエイター、盗みのプロにエスコートパートナー……。彼らは刷り込みにより、クライアントから真に望まれる人物となって、完璧に仕事をこなしていく。
序盤はアクティブが、ドールハウスがどんなものかを教える一話完結のストーリー。
それが中盤からは、ドールハウスやアクティブ達の謎、ドールハウスという組織を追うFBI捜査官との攻防などから様々な伏線が絡んでいき、大きな謎を追う展開となっていきます。
序盤の掴みで「これは面白い!」と感じた人は、この展開に一気に引き込まれるでしょう。

過去に「トゥルー・コーリング」にハマったことがある人は、このドールハウスもハマること間違いなしではないかと思います。
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ryu 投稿日 2010/8/9
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
エリザ・ドゥシュクといえばトゥルー・コーリングでしたが、残念ながら途中で終わってしまって、
やりきれない気持ちになった人も多いはず。このストーリの不条理さ、不思議さ、危うさ、イビツ
な発想は回を追うごとに、トゥルー・コーリングのそれをちょっと思い出しました。エリザ・ドゥ
シュクはなぜこういった役柄に抜擢されるのでしょう。

さて、今回はちゃんと完結します。しかし、自分の人生の数年間を売ってしまっていろんな人格を
入れは抜いての繰り返しは、彼/彼女ら「ドール」の表情そのままに、見ている側は不思議な感
覚になります。

人格を入れられ「活きている」ドールは見ている側への共感やら同情やらを誘う非常に人間的な人
格ばかりなのですが、それがあっというまに消えてしまう瞬間、ドールの顔に見える一瞬の悲しそ
うな表情は後に残ります。こうしたドール達の状況をめぐり、いろいろな思惑が錯綜するわけです
が、中心的なテーマである人格の操作やそれの取り扱いについて、どのように認識するかは完全に
見る側にゆだねられます。

倫理的に見るとこんなことは許せない、許してはならない、、本当にそれだけなのでしょうか?
というようなテーマ以上のものが見え隠れする
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック