中古品を購入
¥ 716
中古品: 良い | 詳細
発売元 22世紀文庫
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2005年11月第4刷 帯付 カバーにスレ・フチに小シワ、表紙天側フチ及び小口の一部にシミがありますが概ね良好な状態です。 クリスタルパックで梱包しamazonより発送致します。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドメスティック・バイオレンス 単行本 – 2001/6


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 324


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いわれなきパートナーの暴力…いま最も深刻でありながらなお閉ざされた病理を、カウンセリングの現場から探る。

内容(「MARC」データベースより)

いわれなきパートナーの暴力、二人でいることの不安と恐怖、ジェンダーがもたらす密室の悲劇…。最も深刻でありながらなお閉ざされた病理を、カウンセリングの現場から探る。

登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 白水社 (2001/06)
  • ISBN-10: 4560049610
  • ISBN-13: 978-4560049617
  • 発売日: 2001/06
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 284,062位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハルさん 投稿日 2012/12/30
形式: 単行本 Amazonで購入
支援者向けの学習会を企画、開催するにあたってこの本を手に取りました。結果、小西先生の文献はほとんど購入し、学習会の講師に推薦いたしました。学習会でも、小西先生の専門性と人柄に心を打たれ大成功でした。支援が必要で、支援職であることを誇りに思っていても、どうしようもなく疲れを感じる日もあると思います。そんな時は、ぜひこの文献で知識を得る事で自身のメンタルヘルスケアをお勧めいたします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hanna 投稿日 2013/5/1
形式: 単行本 Amazonで購入
私自身、DVの被害者です。今はその環境から救われ6年位が経ちますが、ようやく自分自身の置かれていた環境はどうだったのか、と検証して治療するまでに向かえています。6年間に及ぶDV、洗脳から気持ちが変わるようになるまで、本当に苦しい日々ですしまだ闘いは続いています。
そんな中、友人から紹介されてこの本を読み始めていますが、DVとは何か。どういう心理なのか、なぜ逃げられないのか、など、自分では整理できなかった多くの疑問や、加害者の心理、私自身の心理を、理解し整理していくのに、とても役立っています。この本を読み終えることができた時には、私自身1歩も2歩も前進できていることでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2002/6/23
形式: 単行本
犯罪被害者に対するカウンセラーの立場から書かれたDV本。DVを、現状把握から始まり、発生のメカニズムから支援と対応までを広く網羅的に知ることのできる内容となっている。日本だけでなく「本場」アメリカの研究や実態をも盛り込んであるため、これ1冊を読むだけで「DV中級者」と言った感じだ。ただ、上級者には、参考文献の紹介が不十分である点、実証的データが少ない点で少々物足りなさがある。しかしもちろん言うまでもなく、一般向けとしては大変優れている。DV研究者の1人として、強く推薦する。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 GV活動家 投稿日 2008/9/12
形式: 単行本
DVというのは家庭内暴力のことであり、夫婦間暴力における妻から夫への暴力は約三分の一で決して無視できるほど少ない数ではない。また家庭内暴力の大半は親子間暴力や兄弟姉妹間暴力であり夫から妻への暴力はせいぜい2割程度にしか過ぎない。
また最近流行っているデートDVに至っては家庭内と何の関係も無い。
性差別に起因する暴力をGV(ジェンダーバイオレンス、gender violence)と呼んでおり、ジェンダーバイオレンスという言葉を使うべきである。
間違った言葉を広めた責任は大きいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック