ドニー・ダーコ [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,393
通常配送無料 詳細
発売元: B.B Store
カートに入れる
¥ 4,750
通常配送無料 詳細
発売元: ベリーストア
カートに入れる
¥ 4,950
25pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: マルちゃん堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ドニー・ダーコ [DVD]

5つ星のうち 4.2 44件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,393 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、STAR-SELLERが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 3,750より 中古品の出品:8¥ 2,416より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ドニー・ダーコ [DVD]
  • +
  • バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
総額: ¥7,717
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェイク・ギレンホール, ジェナ・マローン, メアリ・マクドネル, キャサリン・ロス, パトリック・スウェイジ
  • 監督: リチャード・ケリー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/02/19
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 44件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000083IZV
  • EAN: 4988013456006
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,674位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   7歳のドニーの家に飛行機のエンジンが落下、彼のまえに現れた銀色のウサギが、「あと28日で世界が終末を迎える」と予言する。そんな不可解なオープニングで始まる本作は、脚本に惚れこんだドリュー・バリモアが製作し、自らも教師役で出演している異色のサスペンス。
   ウサギ(と言っても着ぐるみをかぶった謎の人物)の出現以来、ドニーの周囲ではさらに怪しげな事件が続くが、登場人物の何気ない一言や、背景の小道具などに結末への伏線が隠されており、画面から目が離すことは禁物だ。そして、タイムトラベルの概念にとりつかれたドニーに訪れるのは、あまりにも衝撃的なラスト! 1980年代のポップなカルチャー、音楽が効果的に使われ、『ムーンライト・マイル』の主演などでハリウッドの若き演技派の道を突き進む、ドニー役ジェイク・ギレンホールの、ミステリアスな存在感も魅力。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

不可思議な銀色のウサギが17歳の少年の前に現れて世界の終焉を告げる…。リチャード・ケリーの脚本にドリュー・バリモアが惚れ込み、映画化が実現したリバース・ムービー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 OilRig8329 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/5/8
リチャード・ケリー監督が青春時代の若者の心に潜む光と闇をユニークな手法で神妙に映像化。

1988年、米国のマサチューセッツ州。
ある晩、高校生のドニーダーコの前に銀色のウサギの仮面を付けた何者かが現れる。
そしてドニーに世界の終わりまで残り__[28日6時間42分12秒]__と告げた・・。
翌朝、ゴルフ場で目覚めたドニーが帰宅すると、
そこには、ジェット機のエンジンが落下し、ドニーの部屋を直撃していた。
その日から彼の周囲では、不可解な出来事が次々と起こり始める…。
ドニーはまるで偏執病に罹ったかのように支離滅裂な言動が目立ち、幻覚を見る・・。

17歳の高校生が主人公ですが、テーマは“中二病”とでも言いましょうか笑。
青春時代の若者特有の
<孤独>、<死の恐怖>、<世界の終わりを夢見る>
といった心象を具現化したような不思議な映像&何とも言えない不安感が永続する感覚。
まさに奇妙で幻想的かつ難解な映画であると感じます。
それでも不可解な描写の連続という訳ではなく、
ドニーを中心とした人間ドラマが成立していて、かなり見応えがあります。
イメージは『シックス・センス』の青春版。
演出が巧
...続きを読む ›
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 (ネタバレあり)

 

このストーリーは、飛行機部品の落下事故に巻き込まれて孤独に死んだ、(脳の疾患である統合失調症のようなものを抱えている)一人の少年のやり直しの物語だと考えると一番自然だと思う。(いろいろな解釈のできる映画ですので、あくまで自分の感想としてはですが)
 すなわち、孤独に死ぬことを極度に恐れていた少年(ドニー・ダーコ)の精神は死ぬ寸前に、28日と6時間と42分12秒前にタイムスリップしたのだ。その世界では、飛行機の部品は落下するも、落下させた飛行機自体はみつからない。これは、ドニーがタイムスリップしたのは現実の世界ではなく、ある種のパラレルワールドだったことを示しているように思う。あるいはユングの集合的無意識の概念に示されるように、時間と場所の連続性がなく、人々の意識がリンクする世界である。その世界では、現実の世界ではおそらくしかめつらばかりしていたドニーの父親も、ドニーの放つF-word にクスクス笑いをもらすし、悲しい顔でため息ばかりをついていた母親も本当はドニーを心から愛していたことを示して抱きしめてくれる。
 
 そして、パラレルワールドでのドニーはふっきれたような明るさがあり、現実の世界では接点をもたなかった人々と接していく。普通の高校生のように高校に通い、友達とくだらない話
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
夢遊病が幸いとなって、飛行機のエンジン落下事故で命を落とすことを免れたドニ-。その彼に、大きなウサギの幻想が世界の残り時間を告げます。
人は誰でも自分自身のドラマの主人公だということを実感させられる映画でした。周りがどうであろうとも、自分の世界が終わってしまえば、それは世界の終わりなのです。
話の詳細は2度目に観るまで忘れていた部分も非常に多かったのですが、ストーリー展開の驚きよりも初めて劇場で観た時に感情に受けた衝撃はずっと変わらず残っています。
過去に「運命」を感じたことがある人にはお薦めかもしれません。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一言でいうと、難解で魔可不思議な物語だ。それなのに言葉にしつくせない魅力がある。私は、謎ときパズル的な作品を観る場合、ラストですべての謎と伏線がきっちりと納まるところに納まらないと気がすまないたちである。そうでないと、観おわって損をしたような気分になるのだが…。この作品は最後まで観ても謎が全部は解けない。ラストで謎の中心(ウサギの正体とか世界の終わりの意味とか)は解けるのだが、解明されないままの謎も多いし、オチは掴めたといっても、それがドニーの幻覚なのか超自然現象がからんでいるのか、はたまた神の業なのか、一番気になる点については説明不足になっていて、観客に解釈が委ねられている。 だから私的には苦手な部類に入るのに、何故かひきつけられ、途中の支離滅裂にも思えるストーリーにも飽きることなくラストまでひっぱられたのは、私の場合はひとえに主役のジェイク・ギレンホールが魅力的で、感情移入できたから。彼の見せる繊細で大胆な演技。時に愛らしく、時には狂気をはらんだ哀しげなその瞳の表情には心を引き付けられる。切なくて、胸がいっぱいになった。ドニーはジェイクだからできたと思う。その彼が、数年後にはまた成長してブロークバックマウンテンでまたすばらしい演技を見せてくれたのだけど。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック