この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドキュメント・連続少女殺人―孤高の鬼・吹上佐太郎 単行本 – 1993/4


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,992


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

京都金閣寺裏で11才の少女を殺害、逮捕されたのが吹上佐太郎であった。当時19才の犯人は二つの恩赦で無期の獄より出ると、関東各地で六連続少女殺人を犯していく…。それは明治から大正へ、苛酷な奉公制度の名残りのなか、極貧にあえいだ上での犯行だった。無学ながら獄中で尨大な著作を残したこの殺人犯の類型として小平義男、栗田源蔵、李珍宇、大久保清、永山、勝田らは位置するのだろうか。日本型連続殺人のメカニズムとは。

内容(「MARC」データベースより)

架空の物語を書簡・告白録・記録文書などの形式を用いて、虚構の人物や事件を読者に信じ込ませる小説の起源的方法論で、歴史がエゴイズムに照射される今日、既成秩序への反逆を回顧する!

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック