¥ 453
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス) コミック – 1972/11


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 15


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス) + ドカベン (4) (少年チャンピオン・コミックス) + ドカベン (6) (少年チャンピオン・コミックス)
合計価格: ¥ 1,359

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 215ページ
  • 出版社: 秋田書店 (1972/11)
  • ISBN-10: 4253030637
  • ISBN-13: 978-4253030632
  • 発売日: 1972/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 夙夜 健 投稿日 2005/5/22
形式: コミック
 言わずと知れた野球マンガの最高峰。しかし最初鷹丘中に転校してきた山田が入部したのは柔道部でした。以外? とこれが面白いのです。
 ここをスキップしても読めますが、野球の匂いも散りばめて徐々に話を盛り上げているので、本巻から読むのを勧めます。
 柔道のライバルが後に野球でも登場するのも良いです。
 昔好きだったキャラクターはライバル・白新高の不知火や、岩鬼・殿馬など。しかし、今読み返してみると、弁慶高(と言っても、武蔵坊と義経だけですが。あと仙人も)の存在感に圧倒されました。
 さすがに明訓を倒しただけの学校、それだけの思いを込めて水島氏が描いていらっしゃったのだと思います。
 サヨナラホームランが多すぎると批判する方もいるでしょう。
 しかし、最初から読むと感情移入して、そのような事は気にならなくなってしまうほどの面白さ、パワーがこの作品にはあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たいがあs 投稿日 2002/6/21
形式: コミック
今でこそドカベン山田太郎は明訓高校のキャッチャーだがこの物語が始まった鷹丘中学2年のころは柔道部だった。野球きちがいを自認する作者だがこの連載が始まったときはユニフォームを着せるのはためらったようだ。無理もない。スポコン物は飽きられぎみ、野球物の主人公にするには体格的に難しい。しかし、柔道着を着せていても野球をやらせたいという作者の思いは非常に伝わってくるのである。山田の才能を見抜く野球部のキャプテン長島の思いは作者を代弁している。山田から野球を離そう離そうとすればするほど読者は山田に野球をさせてみたいと巧みに作者に誘導されていくのである。柔道時代の山田には高校になってから野球でのライバルとなる影丸や賀間が立ち向かうので決して見逃せるわけではない。このドラマに彩りを与えてくれ、山田の存在感を巧みに出す役割を演じている。岩鬼が物語を先導し、山田がトラブルを巧みに解決するという見事なコンビである。岩鬼と山田の織りなすドタバタ的物語に浸ってみよう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/5/14
形式: コミック
本作品は「週刊少年チャンピオン」の「黄金時代」の代名詞のような存在です。
最初は柔道漫画として始まった本作品ですが、
後は御存知の通り、野球漫画の代名詞のような存在となります。
私は悪球打ちの岩鬼君と、常にリズミカルな殿馬君が大好きで、
彼らが誌面に登場するだけで血圧が上がり、血液が沸騰します。

特に思い出深いエピソードは、
やはり対「土佐丸高校」戦の殿馬君と犬神君だなあ。

殿馬君が秘打でホームラン性の当たりを打つのですが、
疲労困憊して立つこともままならない犬神君がヨロヨロ立ち上がって、
球の行方を追って、金網によじ登って球をキャッチ!
しかし、勢い余ってラッキーゾーンに落ちかけるのですが、
犬神君が必死に金網にしがみついて、仲間の助けを待つんですよ。
犬飼主将の怒号とともに仲間達が、犬神君を救助するために猛ダッシュするんですが、
あと少し…あと少しのところで犬神君が力尽き、ラッキーゾーンに落ちてしまう。
サヨナラホームランですよ。
ここで殿馬君が一言。

「秘打…「別れ」…」

こんな…こんな「絵」を見せられたら、泣くしかないじゃないですか!号泣ですよ!
<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック