[ドイター] deuter バックパック レース X

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 9,180
価格: ¥ 8,260 通常配送無料・30日間返品送料無料(ただし福袋を含む一部商品は対象外) 詳細
OFF: ¥ 920 (10%)
ポイント: 826pt  (10%)  詳細はこちら
オーシャン×キーウィ
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
  • 留め具の種類: ファスナー
  • 原産国:ベトナム
  • 表地: Deuterヘックスライト100D / リップストップ210D
  • タテ44cmxヨコ24cmxマチ18cm
  • ポケットの数:6(外側4/内側2)
  • 重量:620g
  • レインカバー付き

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more
[ドイター] deuter レース X D3212... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,259
+ 関東への配送料無料
発売元: SISオンライン(簡易包装にてお届け・土日祝休み・家具等はメーカー直送・小物類はネコポスメール便利用
カートに入れる
¥ 9,180
918pt  (10%)
+ 関東への配送料無料
発売元: ジテンシャデポ
カートに入れる
¥ 9,180
275pt  (3%)
+ 関東への配送料無料
発売元: 旅とアウトドア KY-TON(キートン)

キャンペーンおよび追加情報

色: オーシャン×キーウィ

Amazonのdeuter(ドイター)ストアはこちら

最新商品をはじめ豊富なセレクション。カテゴリー別検索などができます。 ストアをチェック

商品の説明

商品紹介

通勤などのタウンライドからツーリングに適した、「ドイター」の小型・軽量バックパック。
素材は超軽量で強度が高く六角形のパターンが特徴的なヘックスライト100Dと、目の詰まった織りで丈夫なリップストップ210Dを使用。
バックパネルにはエアストライプシステムを採用し、快適な背負い心地を実現。
エアストライプシステムは、縦に二本並んだ強化発泡ウレタンパッドに細かな溝をつくることで背中への接触面積を少なくしています。
バイク乗車中の左右の揺れに対しても安定感があり、熱気は上の方に排出されるという効果が期待できるシステムです。
ショルダーハーネスとヒップフィンにも通気性の良いメッシュを使用。
チェストストラップを備えているのでフィット感が高く、ショルダーハーネスのズレを防止。
底部にレインカバーを内蔵しているので、急な悪天候にも対応できます。

ブランド紹介

【deuter / ドイター】
1898年にドイツ・アウグスブルグで創業したバッグパックブランド「ドイター」。
郵便局等の業務用袋の製造に始まり、1900年代前半のヒマラヤ遠征やA.ヘックマイヤーのアイガー北西壁初登頂などへの用品提供を通し、次第に登山用バックパックメーカーとして知られていきます。
背面通気性を高めることはユーザーのパフォーマンスを高めると考え、用途に応じたさまざまなベンチレーションシステムを考案しています。


登録情報

色: オーシャン×キーウィ
  • 発送重量: 640 g
  • メーカー型番: D32123
  • ASIN: B00S9CZ3X0
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2015/1/15
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: シューズ&バッグ - 600位 (シューズ&バッグの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

色名: グレー×ホワイト Amazonで購入
20年近く前にスーパーバイクを購入して以来4個目のdeuterです。
7年近く前に購入のスーパーバイク(18L)がそろそろくたびれてきたので、荷物が少ない日の通勤用に購入しました。
普段の通勤ではiPad、スマホ2個、モバイルブースター、Tシャツ、お弁当、タオル、財布、ウィンドブレーカーを入れていますが、全く問題ありません。
金曜日は着替えを持って帰る日なので、これに加え、作業着・作業ズボンを入れて帰りましたが、そうなると荷物がパンパンで、冬になって下着等が増えるとさすがに10Lでは厳しいと思います。

雨の日にも利用しましたが、付属のレインカバーをつけると全く問題ありません。
※7年前のはカバンの底面の部分からレインカバーが出る方式で、底面から浸水しやすい構造でしたが、現行は底面から浸水しにくい方式に変更されていました!

気に入ったので、18Lのがさらにボロくなったら、18Lのを追加で購入する予定です。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: グレー×ホワイト Amazonで購入
通勤に使っています。
これの前はメッセンジャーバッグを使っていましたが、
そのバッグ購入時もドイターのリュックと迷っていました。
・・・こっちにしとけば良かった・・・

とにかく軽いし、見た目以上に入ります。
A4のファイルも問題なし。
細長2段重ねの弁当箱、500mlの水筒を入れても余裕があります。

同じ物が入っている時の体への負担も軽いです。

唯一の不満点:サイドのポケットは、
片側だけでもいいから、もう少し深く丈夫だったら・・・と思います。
500mlペットを入れるにはやや心許ない感じなので。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: グレー×ホワイト
自転車通勤用にレースXに買い替えました。
汗とおるくんをレースXと併用し、尚且つ5か所にプチプチクッションを巻いて背面の空間をもう少し広げてみました。
個人的な感想ですが、背面対策を施していないバックパックの蒸れの不快度を100%として

①以前使用のバックパックで汗とおるくん使用
不快度 70%

②レースX単体
不快度 75%

③レースXに汗とおるくんを併用
不快度 50%

④③にプチプチクッション貼り付け
不快度 25%

バックパックに直接汗を吸い込ますこともなくかなり快適です。
プチプチは仮のつもりで効果あれば他の素材のものを探そうと思いましたが、見た目を気にしないならプチプチでもなかなか良いです。
この辺りはもう少し背面の空間を考えながらまだまだ工夫ができそうです。

荷物は着替えのカッターシャツ・上下インナー・長財布・小銭入れ・スマホ2台・あと鍵などの小物など容量も充分で、まだまだ工具なども入ります。
レインカバーなども付属していて自転車乗りのバックパックの機能としても申し分ないです。

後は真夏にどれだけ効果があるか楽しみです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: グレー×ホワイト Amazonで購入
健康のために自転車通勤(片道10km少々)を始めるにあたって購入。
弁当・水筒・身の回りの品を入れるには充分な大きさ。長財布を入れるのに適したポケットが無いのがチョット残念。
自転車走行中にバッグの重さが気になることもなく、背負い心地は良い印象です。
背中が蒸れにくいという構造は、汗っかき体質な上に久しくリュック型バッグを使っていないせいか実感を得られず。背汗スゴいです(苦笑)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: オーシャン×キーウィ
レースXを購入して使ったところ、とても使い勝手が良いのでレースを追加購入して使用しています。
皆さんが評価しているように私もほぼ満足して使っているのですが、どなたも書いていないあえて不満な点をアップしておきます。
1.サイドにあるメッシュポケットのゴムは劣化して用をなさなくなる。
これはドイターに限ったことではなく同じデザイン、構造のポケットにはつき物の欠点。(実際に他のバッグでも経験している)
一部のザックにありますが、ゴムが多少劣化しても使えるように、ドローコード方式になるとベストなのですが・・。
2.背負い部分にあるクッション部は水分(汗)が抜けにくい。
おお汗かきな自分が何度も使った後に洗濯して気が付いたのですが、クッションの部分はとても乾きにくい(水分が抜けにくい)。
背負い部のクッション部分には水分がとどまらない様な材質、構造となっているのかと思ったのだが、どうもそうではないらしい。
本体が乾いてもクッション部分からなかなか水分が抜けません(乾かない)。これにはビックリ、がっかり。大汗をかいたあとは
しっかりと干して乾燥したほうが良いです。
この2点が改善されればほんとに満点だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー