この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

トラウマイスタ 1 (1) (少年サンデーコミックス) コミック – 2008/11/18


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

出版社からのコメント

切実さと軽薄さが同居する肉感的な作品です。どこから斬っても血が吹き出るような鮮やかで濃厚な妙味を、是非お愉しみください。

登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/11/18)
  • ISBN-10: 4091215092
  • ISBN-13: 978-4091215093
  • 発売日: 2008/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ブラン 投稿日 2008/11/27
形式: コミック
平凡な高校生のピカソ(本名:此何ソウマ)が、スジャータという美女に出会い、幼い頃から持つ鬼へのトラウマを自分の超能力として身につける・・・というのが導入部分。

よくある能力バトルマンガに分類できるはずなのですが、一歩外したテンポで、完成度の高い頭脳戦を見せています。

独特のセンスがゴテゴテと盛り込まれた作風を、少年マンガらしい「熱さ」でまとめあげているところに、作者のエンターテイメント性を感じます。
主人公が気持ちの良いヤツなので、素直に応援したくなる、快作です。

また、カバー絵からは判りづらいと思いますが、女の子の絵が可愛いところもいいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kulkb VINE メンバー 投稿日 2008/12/13
形式: コミック
長所を挙げます。
・目的がはっきりしている
・敵がはっきりしている
・普段のシーンはギャグテイスト、山場が熱い
・ヒロインの性格や立ち位置が魅力的
・主人公の弱さ強さが分かりやすく伝わってくる、キャラクタが活きている
・キャッチコピーが「絶対的恐怖を飼い慣らせ」
 弱点を糧にして闘う力にして壁を乗り越えるというテーマが痛快
・見かけは風変わりだが、つくりは王道の少年漫画

以上の点から、一読してみる価値はあります。
私に中学生〜高校生の弟や従弟や甥がいればぜひ勧めたい物です。

表紙のストレートさと色使いの突飛さに惹かれて、つい購入しました。
この漫画がどう面白くて優れているのかも反映されていると思います。
普段の場面は、表紙と違ってポップな絵柄です。
そういうポップな絵柄はたいてい長く読んでいると薄っぺらく見えてしまうので、以前は嫌いでしたが、この漫画に関しては地に足がついた画力があるので、退屈することがなく非常に好ましく映ります。
コマ使いもいいので、絵がうまいだけでなく漫画らしい漫画としてスタイルが完成されていると素人目にも感じます。
初めから終わりのページまで読者を客として楽しませようとしてくれる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いちたか 投稿日 2008/11/19
形式: コミック
ありがちな能力バトル漫画ではあるがストーリー構成に勢いがある。
独特の作画にも不思議な魅力があり今後が楽しみな作品。

主人公は普段冴えないが決める時になると決め顔へと変貌する。
この一瞬誰だか分からなくなるような決め顔が好き。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 vocchi 投稿日 2009/2/1
形式: コミック
トラウマというと世間一般ではネガティブなイメージしかない。
しかし、この作品では、トラウマに打ち克つことで、自分の弱点だったものを僕(しもべ)として敵と戦っていく。
その発想が斬新で面白い。

トラウマなんて人それぞれ千差万別だから、「アートマン」と呼ばれるトラウマが具現化された僕にも個性的な者が多く、この作品の大きな魅力のひとつとなっている。
主人公のアートマンは「鬼」で、なかなか迫力のある面構え(1巻表紙参照)。
しかし意外に臆病だったり、ちょっとマヌケだったりで、いや、可愛い奴なんです、これが。

題材がトラウマという重いものである反面、作風がコメディタッチで軽快なのもよい。
もちろんバトルはシリアスに展開されるが、そんな中でも「笑い」を失わないのがこの作品の凄いところ。
かなりいい場面で、ヒロインが「粗チン」と言ってみたり。。

いい意味で少し荒削りな感じの絵も好み。
基本的に読みやすいが、たまにハッとするような独特な構図の絵が出てきて、鳥肌が立つこともあった。

難点を挙げれば、用語がややわかりにくい。
アートマンは宗教用語で、真実の自己という意味らしい。
大半の人はピンとこないだろうが、響き自体は悪くな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 投稿日 2013/6/6
形式: コミック
人物の描き方があえて簡略的なシルエットで独特です
ですがその分表情や感情の表現が素晴らしく、セミリアルな人物画では出せない迫力が魅力です。

宗教観というかモチーフが各ジャンルから色々ちゃんぽん?で若干混乱しましたが面白くて良かったです
5巻でおわってしまうには勿体ないと思いますが勢いのいい展開も楽しめました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック