トイレトレーニングの基礎知識

いつはじめる?何が必要?どうやって?を大解説!

トイレトレーニング、いつはじめる?

おむつばなれは、子どものからだの発達が伴ってはじめてできること。
それまではママが1人あせっても、お子さんに無用なストレスをかけたり、自尊心を傷つけトイレトレーニングを嫌がってしまって、かえって時間がかかりかねません。お子さんの様子を見ながらタイミングを待ってあげてくださいね。

子どものからだの発達とおしっこの関係

ママにとって、トイレトレーニングは赤ちゃんからの子育て期の“最後の大仕事”。ママやパパの手が必要なおむつ期から、自分でトイレへ行けるパンツ期へ。これは、子ども自身にとっても自立への大きなワンステップといえます。
ママにもお子さんにもスムーズなおむつばなれのために、まず知っておきたいのが、トレーニングのカナメ・おしっこが言えるようになるまでの発達のプロセスについてです。

トイレトレーニング、いつはじめる?

おむつばなれは、子どものからだの発達が伴ってはじめてできること。

それまではママが1人あせっても、お子さんに無用なストレスをかけたり、自尊心を傷つけトイレトレーニングを嫌がってしまって、かえって時間がかかりかねません。お子さんの様子を見ながらタイミングを待ってあげてくださいね。

子どものからだの発達とおしっこの関係

ママにとって、トイレトレーニングは赤ちゃんからの子育て期の“最後の大仕事”。ママやパパの手が必要なおむつ期から、自分でトイレへ行けるパンツ期へ。これは、子ども自身にとっても自立への大きなワンステップといえます。
ママにもお子さんにもスムーズなおむつばなれのために、まず知っておきたいのが、トレーニングのカナメ・おしっこが言えるようになるまでの発達のプロセスについてです。



トイレトレーニングの3つのステップ

ストレスの少ない理想的なトイレトレーニングとは、「あえて下着や衣服をぬらすような“おもらし”をさせない、「子どもの成長に合わせた」トイレトレーニング」

無理じいしたり、叱ったりして、親子どちらもがストレスを感じるより、ストレスが少ないトイレトレーニングで、よい親子関係を保つほうが素敵ですよね。
ママにとってトイレトレーニングとは、「お子さんの成長に合わせて、トイレに行く習慣をつけるお手伝いをしてあげる」こと。
この姿勢が、上手なトイレトレーニングの極意といえそうですね。

●子どもと言葉でコミュニケーションが少しできるようになる。
●おしっこの間隔が規則的(2~3時間)になる。
●うまく歩けるようになる。
※これらのことができるようになれば、そろそろ始めてもよい時期。


コンテンツ提供:P&G


サインが見えたら、はじめよう! トイレトレーニング