この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デルトラ・クエスト(全8冊) 単行本 – 2003/3/1


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 16,416 ¥ 4,980
単行本, 2003/3/1
¥ 657


キャンペーンおよび追加情報




登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 岩崎書店 (2003/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 426510293X
  • ISBN-13: 978-4265102938
  • 発売日: 2003/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.2 x 13.8 x 10.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 99,514位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/6/23
形式: 単行本
ゲームなんかより、ぜんぜん面白い。お母さんから誕生日に1巻をプレゼントされて、2巻も読みたくなってしまった。2巻を読んだら、もう止められない。はまってしまった。この後デルトラの国がどうなるのか、リーフやジャスミンが、どんな生き方をするのか、続きが読みたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 俊ちゃん彩ちゃんママ 投稿日 2005/6/27
形式: 単行本
現在4年生の息子は決して本の虫ではありませんでした。促さないと読書しないので、とにかく興味が持てそうな本を自分で選ばせたところ、表紙の絵に惹かれたようですが、これが大当たり。親(私)と競って第2巻第3巻と読み進み、あっという間に8巻読んでしまいました。その後第2シリーズ、第3シリーズと続けましたが、さすがに第2シリーズの終わりごろに、ちょっと飽きが来て、一ヶ月ぐらいは読まずにいました。なので、シリーズが終わる毎に小休止を入れたほうがいいでしょう。現在ついに第3シリーズの最終巻ですが、息子は宿題や他の勉強もそっちのけで、風呂でも読んでいる始末です。そして自分で「本好き」と豪語してます。本が苦手な男の子に、お奨めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ひこ・田中 トップ100レビュアー 投稿日 2011/3/2
形式: 単行本
 デルトラ王国は、かつて影の大王に支配されかけたのですが、七つの部族が所有する七つの宝石をはめ込んだベルトの力によって、それを阻みます。以来ベルトはデルトラの王の象徴となる。即位の時、王はベルトを腰に巻く儀式が掟として伝わっています。が、本当はそうではなく常に身につけていなければベルトは効力を発揮しないのでした。新しい王の幼なじみジャドーは、そのことを進言しようとしますが、実は影の大王の部下であった主席顧問官の陰謀によって、謀反人にされてしまいます。何とか城から逃げのびたジャドーは鍛冶屋となって身を隠す。やがてデルトラ王国は影の大王に支配され、ベルトの宝石も奪われ、どこかに消えてしまいます。時は流れ、鍛冶屋の息子リーフは、臆病者だと思っていた父親ジャドーから、真実を知らされます。そしてリーフは、デルトラ王国を影の大王から取り戻すため、事故で足を悪くした父親の代わりに、失われた七つの宝石を見つけ出す冒険の旅に出ることを決心する。手がかりはたった一枚の古びた地図だけ・・・。
 この物語の段取りはとてもシンプルです。宝石のありかを探し出し、それを所有している魔物や幽霊と戦い、奪い返していく。トパーズ、アメジスト、ダイアモンド、エメラルド、ラピスラズ、ルビー、オパールと、宝石ごとにその戦いを繰り返す。これだけです。物語がそこからはみ出し思わぬ方向に進んでいくことは決してありません
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック