この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デジタル一眼レフの疑問200・撮影テクニック編 (SOFTBANK MOOK) ムック – 2008/11/29


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 227


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • ムック: 168ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2008/11/29)
  • ISBN-10: 4797348313
  • ISBN-13: 978-4797348316
  • 発売日: 2008/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 27.6 x 21.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 390,121位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ネコノマニア 投稿日 2009/10/6
形式: ムック Amazonで購入
一眼を購入してうきうきと色々いじり回して、デジタルなのをいいことに撮りたいだけ撮りまくって…気持ちがちょっと落ち着いた時に、ふと思うのは。
「他の人の写真はカッコイイのに、私の写真ってなんかとりとめがないかも」
こんなふうなことじゃないでしょうか。

好きこそものの上手慣れというだけに、いじり回すことや撮りまくるのは一番大事ですよね。
でも、そこから「どうすれば、自分の写真がもっとよくなるのか」は、一朝一夕で理解できません。
この本は、そういう時にこそ威力を発揮する素晴らしい解説本だと思います。

・基本の構図の考え方が詳しく解説されていること。
・撮りたい対象ごとにセオリーの解説があること。
・写真例が非常に豊富に組み込まれていること。
・よい例とだめな例を対比させていて判りやすいこと。
・セオリーの外し方の解説があること。
・ストロボの使い方に関する解説が豊富だったこと。
・ちょっとした工夫で失敗写真が防げるポイントが豊富だったこと。

主にこういうところが充実していると思いました。

この本を買って最初に一読した後に私がやったことは、自分の写真とこの本の似たシーンを比べることです。
そうす
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 postman VINE メンバー 投稿日 2009/5/25
形式: ムック
入門者を脱し、初級者用の本では満足できない人向け。
豊富な事例とわかりやすい説明で
一段上の写真を撮影出来るようになります。

初級者用は満足できない人と書きましたが、
この本の範囲は広く、
「カメラの正しい持ち方」などからはじまり、
「ノーファインダー撮影法」といった高度な技術も説明しています。

入門者でも十分楽しめるでしょう。
ただし、「被写体深度」などの基本的な用語を理解する必要はあります。

この本の特にオススメしたい点は2つ
 1.構図についての説明
 2.25名ものカメラマンによる説明

構図についての説明が良くできています。
事例が多く、実際に写真が掲載されているので、わかりやすい。

また、一つの項目について、
メインの著者だけでなく、他のカメラマンの主張が掲載さているので、
多角的に理解することが出来ます。
それぞれの主張を読み比べるのも楽しいです。

良書です。
構図など専門的な知識や技を手に入れたい人は是非。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Buonarrot 投稿日 2009/1/8
形式: ムック
構図の決め方や、風景、夜景、ポートレイトの撮影方法から単焦点レンズの使い方、望遠レンズの撮影の基本など、一冊あれば一通りの撮影テクニックは学べます。
QA形式なので、読みやすいので思い立ったら好きな場所から読めるのも良い点です。

特に私のようなカメラ初心者には「ボケ」の出し方や「夜景の撮り方」等は構図のどのような時間を狙って、どのような背景を選べば「キレイ」な写真が撮れるかという「良し悪し」を教えてくれるので勉強になります。
いわゆるハウツー本の部類には入ると思いますが、機材の使い方ではなく撮影の方法を教えてくれる本です。

この本の使い方として、数ページを印刷して(重いので。。)、勉強がてら撮影に行っています。少しずつ、構図の決め方や三脚の使い方なんかが分かってきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボーイングジャンボ 投稿日 2008/12/19
形式: ムック
構図にかんしては類書を寄せ付けません。

シーン別撮影に関しては少し物足らない点もありますが、許容範囲にあります。

露出にかんしての記述が少ない気がしますが、これから発行されるであろう露出編に期待したイと思います。

わくわくしながら読了することができました。

良書です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック