数量:1
デイドリーム がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。ブックレット・日本語解説書付。ディスク:微傷ありますが再生に問題ありません。ケースにスレあり。注文確定後、迅速に発送致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,157
通常配送無料 詳細
発売元: johkaibon
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

デイドリーム

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,654
価格: ¥ 2,157 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 497 (19%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の キャサリン・ジェンキンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


よく一緒に購入されている商品

  • デイドリーム
  • +
  • One Fine Day: Special Edition
  • +
  • ビリーヴ
総額: ¥8,076
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/12/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 64 分
  • ASIN: B005KGKE8C
  • EAN: 4943674111800
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 110,338位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ブラック・イズ・ザ・カラー
  2. あなたのシルエット
  3. キャント・スロー・ダウン
  4. 夢やぶれて(フランス語ヴァージョン)
  5. キャリクファーガス
  6. 夜明け
  7. 私の恋人
  8. あめなるよろこび
  9. 美しきマリア
  10. フラワー
  11. ブレイク・イット・トゥ・マイ・ハート
  12. 清らかな心
  13. アビゲイルの歌(ドクター・フー「クリスマス・キャロル」より)
  14. テル・ミー・アイム・ノット・ドリーミング* Bonus Track
  15. イン・ザ・ブリーク・ミッドウィンター *Bonus Track
  16. アヴェ・マリア(シューベルト)~TVドラマ「聖なる怪物たち」主題歌~* Bonus Track

商品の説明

内容紹介

クラシカル・クロスオーヴァーの新世代を担う美しい歌姫!
●様々な記録を打ち立て、マルチ・プラチナのアルバム・セールスを誇るメゾ・ソプラノ、キャサリン・ジェンキンスの8枚目となるスタジオ・アルバムで、キャサリンの音楽的ルーツを辿る作品となります。
●これまでの作品で最もパーソナルなアルバムとなるこの作品は、彼女が愛し、また影響を受けたクラシック、トラッド、フォークに聴き易いポップスといった幅広いジャンルの歌や曲を集めたアルバムです。

☆国内盤ボーナス・トラックにテレビ朝日系ドラマ 「聖なる怪物たち」主題歌のシューベルト「アヴェ・マリア」ほか3曲を収録!
☆日本盤オリジナルジャケット
☆歌詞対訳付

メディア掲載レビューほか

メゾ・ソプラノ、キャサリン・ジェンキンスの通算8枚目となるスタジオ・アルバムで、キャサリンの音楽的ルーツを辿る作品。これまでの作品で最もパーソナルなアルバムとなるこの作品は、彼女が愛し、また影響を受けたクラシック、トラッド、フォークに聴き易いポップスといった幅広いジャンルの歌や曲を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
マリア・カラス以後、最大、最速の売り上げを記録したと言う、オペラ/クラシカルクロスオーバー界における、才能と美貌を兼ね備えたイギリス出身の歌手 ( メゾソプラノ ) です。2004年のデビュー以来、美しく華麗な歌声で、日本でも多くのファンを持つ、まさに歌姫と言ってよい存在です。

私も 【 Living a Dream ( 2005年 ) 】 以降のアルバムをほぼ全て持っているのですが、驚いたのは、 【 Believe ( 2010年 ) 】 以後、格段に声の質が柔らく、艶っぽくなった事です。メゾソプラノは25歳を過ぎないと声が完成しないと言われるのですが、本当にそれを実感しました。面白いのは、本アルバムの最初の3曲と4曲目以降とでは、明らかに声の質が変化しているのが素人の私でも分る事です。最初の3曲は、まだ若々しく、少しハスキーで、乾いた感じがあるのですが、4曲目以降は、シルクの様になめらかで、しっとりと艶やかになっています。最初の3曲は、おそらく編者が意図的にこの順序で入れたのではないかと邪推したくなります。試聴版でも十分分かるので、是非、ご自分で確認してみて下さい ( 全曲試聴可 )。

白眉は、スーザン・ボイルも歌った 4. 『 J'avais Reve D'une Autre Vie (I Dreamed A Dream) 』で、
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
英国ウェールズ出身のメゾ・ソプラノ、キャサリン・ジェンキンス。マルチ・プラチナアルバムのセールスを誇るクラシカル・クロスオーヴァーの新時代を担う美しき歌姫として世界的な評価を得ている彼女の8枚目となるアルバム『ディドリーム』は、キャサリンの音楽的ルーツをたどる最もパーソナルな作品といえよう。ウェールズの小さな町ニースで生まれ育った彼女の魂のルーツともいえるケルト民族の伝承歌や賛美歌と共にクラシック、トラッド、フォーク、ポップスといった幅広いジャンルの楽曲が選ばれており、どの曲も彼女の凛とした気品を漂わせるのびやかなメゾ・ソプラノの歌声が心に響く。その歌唱からは華麗というよりも清楚かつ端正な佇まいが感じられ、ウェールズの労働者階級の家庭で育ったという彼女が日頃よく口にする「オペラは富裕層のための音楽ではない。クラシック音楽は全ての人たちのもの」という言葉の真意が感じ取れるといっていいだろう。いずれの曲も、いかにもキャサリンらしい自然体のしなやかさと凛とした優美さが溢れていて心惹かれずにはいられない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Marika 投稿日 2012/2/16
形式: CD
相変わらずの美声。
相変わらずの歌唱力。

仕事中にかけていても、飽きもせず、そして心地よい空間を
醸し出してくれている。
おススメの1枚です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/4/6
形式: CD
キャサリン・ジェンキンスのベスト・アルバムですから当然なのですが、オペラのアリアからミュージカルまで、彼女の声質の良さと包容力を感じさせる特徴を至る所で感じられる好アルバムとなっています。

日本人にも馴染みの曲も選ばれていました。幅広い選曲は魅力です。なにしろ彼女の声がとても親しみやすく温かい声質ですので癒されると思いました。透明感あふれるステキな美声ですし、豊かな響きと温かみは彼女の大きな特性でしょう。

4曲目の「I Dreamed a Dream (夢やぶれて)」は、フランス語ヴァージョンで歌われています。聴き慣れた歌詞ではないので、最初は驚きましたが、かえって新鮮に聴くことができました。ミュージカル『レ・ミゼラブル』での有名な1曲ですが、ここでも本当に素晴らしい歌唱力と表現力を感じました。明瞭でこのように親しみやすい歌声ですので、ミュージカルを歌う時にはピッタリとハマります。

ボーナス・トラックのシューベルトの「アヴェ・マリア」は、聴き慣れた曲が温かみを帯びて伝わってきました。それでいて敬虔な雰囲気が漂ってきます。メゾ・ソプラノですが、高音の伸びは見事でした。ただ、Ave Mariaの「a」の発音がラテン語にしては口が開いていないのが気になりました。イギリスではこのような閉じ気味の母音唱法でも良いのでしょうか。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック