¥ 617
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ディヴ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ディヴィジョン (ディアプラス・コミックス) コミック – 2010/9/30


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 82


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ディヴィジョン (ディアプラス・コミックス) + まだ愛が足りない (シトロンコミックス) (CITRON COMICS) + 天使のうた (1) (ディアプラス・コミックス)
合計価格: ¥ 1,902

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 207ページ
  • 出版社: 新書館 (2010/9/30)
  • ISBN-10: 4403662862
  • ISBN-13: 978-4403662867
  • 発売日: 2010/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

23 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あかり 投稿日 2010/10/2
形式: コミック
堪能させて頂きました。

ドラマチックな展開、ぐっと来るセリフがこれでもかというほど散りばめられています。
やはり。やはり魅せてくれますね、西田さん!!

個人的には、浅野の部屋で、傷ついた浅野に対してどう接していいか分からずにいる田中が、次の場面で一転してものすごい攻めの色気を醸し出す場面が好きです。散らばるトランプの演出がまた秀逸。

男の色気、ずるさ、弱さ、不器用さ、かわいらしさがこれだけ表現できる漫画家さん、あんまりいないですよね。

BLの枠にはまらず、おさまらず。
このお話、映画にしてもいいと思うな〜。ぜひ監督は西田さんで(熱望)!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あだむ 投稿日 2010/10/1
形式: コミック
最近のBLは不作続きが多い気がするのですが、相変わらず西田さんの描くものは胸にグッとくるものがあります。
失礼ながら、すごく絵が上手いわけではないのですが、人間描写と言いますか、キャラが気持ちを目で語る話を描くのはこの人しかいないのでは、と思います。

話しはヤクザもどき×弁護士先生のカップリングが最初から最後までつまっていて、読みごたえがあります。
西田さんにしては珍しく受け攻めがわかりやすく、どちらかといえば受けが若々しく可愛く感じました。
初心者のかたにも読みやすいかなぁと思います。

個人的には、二人ともいままでの西田さん描くキャラの中で一番好きかもしれません。
ぜったいに買って損はしない作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 由木 トップ1000レビュアー 投稿日 2010/10/1
形式: コミック Amazonで購入
マンガの技術も話作りも、西田東は自由自在だ。ウソとホント、本気と冗談、正義と犯罪、生と死の境目を気持ちいいほど行き来してみせる。この作品も謎の男「田中」と生真面目な弁護士先生の珍道中の行く末を、どっちに転ぶかわからない気持ちで楽しむことができる。本当は田中をもっと悪いヤツにすることもできるし、もっと狂気に近づけることもできるだろう。そこまでいかなくて物足りないような気持ちがする一方で、この結末でほっとしている自分もいる。そんな気分は後書きマンガの鳥さんで吹き飛んでしまう。そうそう、こういう話なんだよね。と納得させられてしまう。そして次の作品も楽しみに待っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック