中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 くるさい
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆土日祝も毎日発送しています!◆目立った汚れや傷などなく全体的にきれいな状態ですが、中古品の為多少の使用感などある場合がございます。ご了承の上お買い求めください。◆日本郵便のゆうメールにて発送の為、基本ポスト投函になります。◆商品到着後、万が一コンディションに相違があった場合、ご連絡いただきましたら交換や返金など迅速に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ディプロトドンティア・マクロプス (講談社文庫) 文庫 – 2000/6

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2000/6
¥ 1

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

京都で探偵事務所を開設したばかりの私に依頼人が2名。「失踪した父を探してほしい」という大学教授の娘と、「カンガルーのマチルダさんを見つけて!」とわけのわからないことを叫ぶ美少女だった。捜査を始めた途端、私は暴漢に襲われる。すでに巨大な陰謀の渦中にいたのだ。先の読めない我孫子流ハードボイルド。

内容(「BOOK」データベースより)

京都で探偵事務所を開設したばかりの私に依頼人が二名。「失踪した父を探してほしい」という大学教授の娘と、「カンガルーのマチルダさんを見つけて!」とわけのわからないことを叫ぶ美少女だった。捜査を始めた途端、私は暴漢に襲われる。すでに巨大な陰謀の渦中にいたのだ。先の読めない我孫子流ハードボイルド。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 270ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406264889X
  • ISBN-13: 978-4062648899
  • 発売日: 2000/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 833,850位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
著者の代表作といえばミステリ系の作品が上がると思いますが、私はひょっとしたらこの作品が一番好きかもしれません。

流行らない私立探偵の元に奇妙な依頼が舞い込み、そこから徐々に巨大な陰謀に巻き込まれていくというオーソドックスな導入です。しかしストーリーはそこからどんどん逸脱し、何故こうなった?と言いたくなるような展開になっていきます。書斎でくつろいでいたはずがいつの間にか隣りの家のトイレにいた……というような感覚でしょうか。
ストーリーは骨折してますが、奇を衒うばかりの小説ではありませんので心配はいりません。最後まで私立探偵ものらしい体裁は保たれ、すっきりと読み終えられます。著者の長所の一つである安定した読みやすい文体と軽妙なユーモアが生きた作品です。

主人公はニヒルに見えて反骨心のある男で、いかにも私立探偵ものらしくて個人的に好みです。売れない個人探偵に身をやつしているのも大手の探偵事務所のやり方に納得がいかず飛び出した故という背景があり、ツボを心得ているな〜と思います(笑)

気軽に読めて、なんとなく良い気分になれる小説です。まずは何も考えずに読んで下さい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
我孫子氏の講談社ノベルスからは殺戮に至る病に続く作品であり、無気味なタイトル、そしてリリース時の本書のコピーが新バイオホラーという触れ込みだったこともあり、シリアスなダークホラー系の作品と思わせるが、実際はハードボイルドの体裁での奇想天外なギャグユーモア路線の作品であり、後半は80年代のこち亀でよく使っていた巨大化ネタが炸裂する。
ページ数もそれほど多くなく、快調なテンポで一気に読ませる作品である。
新本格系のミステリーから本作で新機軸を展開、ミステリーでも何でもない作品だが、他の新本格系作家がこのような作品を発表するとブーイングばかりとなるだろうが、不思議と我孫子氏だと違和感がない。
その後の幅広い作風になるターニングポイントとなった作品である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
常識的なハードボイルド小説を期待して読むと,
まず裏切られるであろうと思われます.
我孫子作品のユーモアの部分,ケッタイな部分が好きな方にお薦めです.
とんでもない方向に進んでいくストーリーと,
お得意のウィットに富んだ台詞まわしに,思わずのたうちまわりました.
ラストも素敵!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック