Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ディスコ探偵水曜日〈上〉
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ディスコ探偵水曜日〈上〉 [単行本]

舞城 王太郎
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (17件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 --  
文庫 ¥ 596  

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

愛、暴力、そしてミステリ。舞城史上、最大のスケールで描く最高傑作。
迷子捜し専門の米国人探偵・ディスコ・ウェンズデイ。あなたが日本を訪れたとき、〈神々の黄昏〉を告げる交響楽が鳴り響いた――。魂を奪われてしまった娘たち。この世を地獄につくりかえる漆黒の男。時間を彷徨う人びと。無限の謎を孕む館・パインハウス。名探偵たちの終わり無き饗宴。「新潮」掲載+書下ろし 1000枚。二十一世紀の黙示録、ここに完成。

内容(「BOOK」データベースより)

迷子捜し専門のアメリカ人探偵ディスコ・ウェンズデイの目の前で六歳の梢に十七歳の梢が侵入。真相の探究は全てを破滅へと誘う。謎の渦巻く円い館と名探偵の連続死。魂を奪われた少女たちと梢を苛む闇の男。真実なんて天井にぶら下がったミラーボール。眩い光にダンスを止めるな。踊り続けろ水曜日。「新潮」掲載に1050枚の書き下ろしを加えた、渾身の長篇小説。

登録情報

  • 単行本: 621ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/07)
  • ISBN-10: 4104580031
  • ISBN-13: 978-4104580033
  • 発売日: 2008/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (17件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 382,223位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 壮大な「見立て」の洪水の前半 2010/4/22
By イッパツマン トップ500レビュアー
形式:単行本
 北欧神話やカバラ、宇宙論等の「見立て」のビックバンを等比級数的に一気に組み上げるこの上巻。そんな「見立て」の洪水の帳尻を合わせるように、下巻ではこの世に不条理かつ絶対的に存在してしまう「悪」と、親/恋人の「愛」の対決が文字通り時空を超えて絡まり合い対決する壮大なストーリーが展開される。この対決/対比自体は他作品でも作者は書いてきたが、「スケール」がこれまでで一番大きな対決の構図となっているところが本作品の読みどころだろう。

 「見立て」を連続展開するために名探偵達が行う誤推理の羅列を読むのがだんだん面倒臭くなってくる点、米国人の主人公が延々日本語で行うモノローグが不自然かつ冗長な点(=たまに英語が混じるのが超不自然)、等など読みやすさの点で難点をこの上巻は幾つか抱えているので、星は渋目に削りました。(こういった粗さがザラザラしてる点もこの作家特有の味わいなのですが、今回はその粗さが文学的戦略やスピード感に繋がるには余りにも読者に読ませる/消費させる文字数のボリュームが大きいように思います。)

 上下巻通しての評価は星四つ付けてますが、この小説の真骨頂は下巻に入ってからです。なお、新潮社から出す小説で講談社の編集者を登場させたり、よほど清涼院流水と仲良しなのか彼をモデルとした作家を殺したり、と色々とファンも楽しめる内輪ギャグがビルトインされているところも面白いですね。KEI(初音ミクを描いた人)の表紙もグッド・ジョブです。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 好き嫌いが大事 2009/12/7
形式:単行本
主人公、ディスコ・ウェンズデイは迷子専門の探偵。カリフォルニアから日本に渡ってきた。ある仕事で、山岸梢という迷子を探し出すが、捜索を依頼した両親も、なんか実の娘と思えなくなった、と言い、誘拐した犯人も、ほんとすいませんでした、なんなら賠償金もつけるんで、もうぼくにはかまわないでください、といって梢を引き取らない。んで、結局ディスコが梢を引き取ることになる。

それで、梢を引き取ったことが間接的な原因となって、ディスコは福井で起きた連続殺人事件に巻き込まれていくことになる。普段は迷子専門なのだが、そこは探偵なので、結局事件の解決に立ち向かうことになる。

舞城王太郎の小説では毎度のことなのだが、この小説も論理的にほぼ破綻している。というか、普通の世界の理屈では動かない世界を描いている。世界はどうやってできているのか?ということを、名探偵がたくさん集まって議論する場面がある。結論として、点/線/面/空間/時間、の次からの次元は、意識/知/創造や発明/好き嫌い、と続くということになる。つまり、「好き嫌い」が全てを超越するのだ。舞城は意外とこれまじめに書いているんじゃないかという気がする。世の中「愛」なんだ。「愛」というモチーフは古今東西ずっと小説のテーマとなってきたのだが、舞城が描く愛は、コミカルでみょうちくりんで(押しつけられた迷子と、探偵の愛だ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 久々に強烈な話でした。 2013/10/9
By bluesnow トップ500レビュアー
形式:文庫
舞城作品はこれが初めてですが、、、読みながら連想したのが「果てしなき流れの果に」、ハインラインの某短編、ビリヤード、「モモ」、「ダビンチコード」、「占星術殺人事件」、違うといえば違うけど「わたしを離さないで」。
時間SFの中にミステリー的な骨格のあるような、でも舞城ワールドとしかいいようのない特異な世界というか。
最初のグルーブ感ある文章で、あの分量で主人公の素性、梢との関わり、ある日梢に起きた異変、をちゃっと語ってしまうあたりで引き込まれましたが、途中の殺人事件で、名探偵たちが集合して意味があるようなないような推理が続くあたりで、息切れし出し(これもあとにつながる伏線ではあるのかもしれないけど)、そこから第四部へのつながりが悪い気がし、複雑な時間論や存在論がモノローグでずっと続くあたりでちょっとついていけなくなりました。図解つきのSFってのも珍しいけど、、、ラストはどこか感動的に書かれてますけど、主人公がしようとしていることの意味を考えると、、、ほかのレビューワーの方がハードボイルド的な、とおっしゃるのも少しわかるような、そんな後味です。
比べる対象ではないかもしれませんが、「果てしなき流れの果てに」は作中広げていった大風呂敷が最後にきれいにたたまれ、日本的情緒に包まれ、ああ、果てしなかったね、と感動しますが、この作品は大風呂敷がたたみきれずに終わっ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 心酔できないとダメなのかも。 2011/6/28
By jam
形式:単行本
舞城は好きなんだけど、この本を絶賛する気には
到底なれないかな。
ユヤタン現象みたいな感じで、作者ありきのファンじゃないと
楽しめないのかなぁ。難しい。

--ネタバレっつーか内容に触れてます--

名探偵が誘われた誤解答、そのために死ぬ。
って必然性が全然わかんない。
探偵たちが死ぬことによってディスコが得るものって無い。
恐怖して進むことも無い。
んじゃーこの騒ぎってなんなんだ?と思っちゃう。

「だって舞城だもん!こういう世界観なんだー!!」
なんて手放しで賞讃するほど心酔できないです。

九十九十九よりは全然読めますが、
人には勧められないです。
「舞城が大大好き!こういうの待ってた」って前提が無いと。
でも「こういうの」ってのが言葉で伝えるのが難しいので
誰にも勧められない。そんな難しい本です。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 現代日本のドストエフスキー
ドストエフスキーを読むようにこの本を読みました。
世界とは何か、人は何のために生きるのかという... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: ニットチェー
5つ星のうち 5.0 集大成
 「舞城史上最多の謎と最大のスケールで描く最高傑作」
                    (上巻帯より)... 続きを読む
投稿日: 2011/6/3 投稿者: さささいとう
5つ星のうち 5.0 鬼才!
超展開につぐ超展開、どんでん返しをどんでん返してまたどんでん返し……... 続きを読む
投稿日: 2011/5/9 投稿者: ゆき
5つ星のうち 4.0 オシッコちびるかと思った
「ディスコ・ウェンズディ」は、純情なのに疑い深く、純情なのに下品、純情なのに強くて、そして迷子専門の探偵。ある事件を通じて引き取った6歳の女児「梢」との生活。ある... 続きを読む
投稿日: 2011/3/4 投稿者: 使者A
5つ星のうち 5.0 あの超大作、ついに文庫化
ちょっとファンシーな恋愛もの的な幕開けで始まったかと思えば、エログロでバイオレンスなお話になり、... 続きを読む
投稿日: 2011/2/11 投稿者: Manurhin
5つ星のうち 5.0 やっぱり好きな作家。
短くはない時が流れて、当時発売されたばかりの煙か土か食い物... 続きを読む
投稿日: 2009/6/26 投稿者: Re-birth
5つ星のうち 2.0 爆発。
下巻はまったく意味がわからなかったが(でも楽しめた)、上巻の、あまりにも異様な死体の状況を巡る推理と、何重もの仮説に、鳥肌が立った。すごすぎる。でもよくわからない... 続きを読む
投稿日: 2009/6/23 投稿者: 風
5つ星のうち 5.0 突き抜けた
大傑作です。と同時に難解です。「九十九十九」を読んだ方で「難しい」という感想を持った方も多いと思いますが、あれは竹本健治氏の「匣〜」をモデルにJDCトリビュートと... 続きを読む
投稿日: 2009/3/2 投稿者: くるぶし
5つ星のうち 5.0 うわああああああああってなる本
こんなに面白い小説だったなんて。読みながら何回もうわああああああってなったけど。この長さを感じさせないテンポ良すぎる文体で、読むの遅い僕でもあっというまだった。<... 続きを読む
投稿日: 2009/1/7 投稿者: 耳
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック