Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 384

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや [単行本]

梁 英姫
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,728 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや + 北朝鮮で兄(オッパ)は死んだ + 兄~かぞくのくに
合計価格: ¥ 5,184

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

私にとってピョンヤンという言葉は単なる地名にすぎない。そこで生きる、生き抜こうと頑張る家族への敬意と感謝、そして愛を込めて-。2006年8月公開の同名映画の監督がつづるノンフィクション。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

梁/英姫
映画監督。大阪市生まれ。“在日”コリアン2世。東京の朝鮮大学校を卒業後、教師、劇団女優を経てラジオパーソナリティーに。1995年からドキュメンタリーを主体とした映像作家として数々の作品を発表する。また、テレビ朝日・ニュースステーション他で、ニュース取材・出演するなどテレビの報道番組でも活躍。タイ、バングラディシュ、中国などアジアを中心とした様々な国で映像取材。現地に長期滞在し当事者の視点で取材を続ける。1997年渡米。約6年間ニューヨーク滞在し、様々なエスニックコミュニティーを映像取材する。NY・ニュースクール大学大学院コミュニケーション学部メディア研究科修士号取得。2003年に帰国後、日本での活動を再開する。現在、学習院大学非常勤講師、テクノスカレッジ客員教授をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 293ページ
  • 出版社: アートン (2006/08)
  • ISBN-10: 486193057X
  • ISBN-13: 978-4861930577
  • 発売日: 2006/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 484,917位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 映画より読み応えがあるかも。 2007/11/29
投稿者 萩原 湖太郎 トップ500レビュアー
形式:単行本
 同名のドキュメンタリー映画を制作した在日コリアン女性の書いた本。映画を補足する内容の本だが、映画より読み応えがあるかも。

 日本の自由な空気の中で育ち「自分の人生は自分で決めるもの」と考えている著者は、模範的な在日コリアン家庭の子としての自分と、朝鮮総聯の活動家として人生の全てを「祖国」に捧げている両親の生き方に違和感を感じずにはいられない自分との、2面性の狭間で悩み生きてきたようだ。本書には、著者自身の抱える葛藤が映画よりも克明に記されている。

 映画とは重点の置き方がやや異なる。映画ではお父さんに焦点を合わせ、笑いの要素も多分に含まれていた。本書は、映画と比べてピョンヤンの日常生活に関する記述がずっと多い。ピョンヤンに住む3人のお兄さんとの本音トークが興味深い。また、両親の馴初めや家族の想い出を紹介することを通して、その背景にある、終戦・朝鮮戦争当時の在日コリアンの置かれていた状況や、北朝鮮への帰国事業、国籍の問題、朝鮮学校での教育・生活、自由に生きることへの著者の渇望、等に映画以上に紙数を割いている。肩肘張った本ではないが、映画と比べると笑いの要素は少ない。

 本書を読むと、万景峰号が、北朝鮮に住む帰国者、また彼らに何らかのツテをもつ多くの北朝鮮市民の生命線そのものなのだということがよくわかる。ただ、著者は、
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 悲しいのではない 2006/9/8
投稿者 Amazon Customer
形式:単行本
同名の映画を見終わってから読みました。第1章のまん中ぐらいで、心臓のあたりがかゆくなり、かきたいけどかけない!と思ったら涙がでた。映画館でも始まって5.6分後に心臓がかゆくなりカラ咳を我慢したらふと泣く直前のような顔になり、まさかまだ何も特別起こってないからと気のせいにしたけど違いました。本も映画も、何重にもむいていって出てくるはずの「本当の気持ち」が、お箸や机や箱みたいな日常の顔をしてむきだしのまま私に向かってくる。悲しくはない。「痛い」のでなく「かゆい」。だけど気が付くと鼻を通る呼吸が速く熱くなっている。何もないはずの全てにやられてしまいました。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 D.O.
形式:単行本
朝鮮総連の幹部の両親

両親のすすめで北に渡り、ピョンヤンに暮らす兄たち

そしてジャーナリストを目指す末娘(著者)…

どこにでもあるような親子の葛藤や邂逅を描きながら、

「在日」「北朝鮮」の現実について考えさせられる、

だけど基本的にはめちゃ笑えて、

同じくらい泣けるエンターテインメント。

北朝鮮の問題を考えるとき、

どこかでこの家族を含む在日や北朝鮮の庶民のことを

忘れてはいけない…と思いました。

「ディア・ピョンヤン」というタイトルにこめた

著者の思いに胸をつかれます。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック