Amazon Kindleでは、 テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 555
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2012/4/19


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 68


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス) + テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックス) + テラフォーマーズ 3 (ヤングジャンプコミックス)
合計価格: ¥ 1,665

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」
西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?



登録情報

  • コミック: 197ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/4/19)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 408879270X
  • ISBN-13: 978-4088792705
  • 発売日: 2012/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (107件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

119 人中、93人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たいさ 投稿日 2013/8/20
形式: コミック
5巻まで読んだまとめての感想です

1巻の途中まではすっっごいワクワクしました
斬新…とは言い難いものの、絵はかっこよく、設定はわかりやすく、かつ可能性の広がる世界観
これはどうなるんだろう?どうするんだろう?これからどう広がるんだろう?と非常にワクワクしながら読んでいました
1巻の途中までは…
1巻の途中から「あれ?これやりすぎじゃね?」と思い始め、案の定しっくりこないまま第1部が終わる。

「うん、まぁまぁまぁ、ここからよここから」と思うも、ここから更に悪化していく。
ここからは基本的に

1.絶望的な敵の強さを見せつけられる
2.こちら側の新たな能力者の説明と紹介!反撃だ!
3.残念!敵はもっとすごかったです!殺されました!
4.待った!こちら側のもっともっとすごい人が一矢報いたぜ!
5.1にもどる

このループが延々と続く。
敵側の能力には際限も制限もなく、こちら側の能力も後だしや後付けなので、悪い意味で先の展開が全く読めない。
他の漫画を引き合いに出して例えるなら、この漫画は初期のカイジのような頭脳戦ではなく、遊戯王のような後出しパワーバトルになっている。
作者の都合次第で如
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
153 人中、114人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ちまき 投稿日 2012/4/20
形式: コミック
日本人の殆どが嫌う、黒くて早いあの虫「ゴキブリ」。

テラフォーミングが目的で火星にばら蒔いた大量のゴキブリを駆除するために地球を発った主人公たち。
そこで見たものは、宇宙の過酷な環境に耐えるため人間の様な形に進化したゴキブリだった。
明らかな敵意を持って襲ってくるゴキブリたち。しかし主人公たちは、火星の環境に耐えうるよう成功率30%以下の手術を受け、様々な昆虫の力を手に入れていた・・・というのが簡単なあらすじ。

人型に進化したゴキブリのデザイン・描写が秀逸で、とにかく気味が悪い。

目が大きく全身真っ黒、尾葉や触覚があり「じょう」と鳴くゴキブリが醸し出す圧倒的な不快感は何故かクセになる。

ゴキブリの絶望的な強さの前に次々と殺されていく仲間たち。更にはそこに政治的な思惑も交錯し、イロモノと思いきや上質なSFに仕上がっている。

青年漫画的な設定でありながら少年漫画的な能力バトルものの要素も含んでおり、スピーディで容赦無い展開からは目が話せない。

ゴキブリが苦手だからといって読まず嫌いは勿体ない。間違いなく「アタリ」の漫画だと思います。

今後の展開に大いに期待できます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 じゅんじゅらじゅん 投稿日 2014/8/18
形式: Kindle版
なぜ、これが賞に値するか全く不明。

登場人物はこんな過去があってこんな人、というラフな箇条書きを
そのままひねりもなく描いてしまったかのような浅い人物描写。
登場人物の会話も寒く、感情移入は全くできない。

絵はそこそこ上手いが、印象に残る表現はなし。

バトルは、虫の解説後に一発芸を披露し、あっけなく退場。その繰り返し。
昆虫の特殊能力がすごいから、というだけの理由で漫画に登場させたかのようで、
合理性の無い怪人ショーを見せられているかのよう。

進化したゴキブリのデザインも、著者が気に入っているということは伝わるが、
私にはたいしたインパクトは無かった。
それよりも、駆除すべきゴキブリのデザインを、筋肉質の黒人陸上選手のように
する理由がわからない(なぜか天然パーマ頭髪まである)。

ということで、この作品は、大人を楽しませることと大人の対応が出来ていない、
昆虫好きの子供向け作品(残酷シーンは除いて)という印象。

アニメ化するらしいが、大丈夫?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 toppo112 投稿日 2014/3/22
形式: コミック
1巻で見るのを止めてしまったので、完全に1巻単体での評価です。
1巻は世界観やキャラクター、能力の設定をプロローグになるであろう話の中で描いています。

特異な敵から来る不快な感覚が、本作の最大の魅力だと思うのですが、それ以外は特に感じるところはありませんでした。
どうしても、上記のような設定の説明を盛り込まなければいけないので、「事象、事象、事象・・・」と続いていくせいか、感情移入もできぬままに坦々とストーリーが進んでいた感じがしました。

合う合わないだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック