通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆【検品担当者より】<クリーニング済み>盤面は中古品として良好の状態です。ケースに若干キズありますが比較的綺麗です。経年変化の多少の痛みはご了承ください。こちらの検品ミスの場合返金対応させていただきます。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

テラビシアにかける橋 [DVD]


価格: ¥ 4,389 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、必見堂(通常営業中、年末年始も出荷致します。)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

テラビシアにかける橋 [DVD] + テラビシアにかける橋 (偕成社文庫)
合計価格: ¥ 5,145

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョシュ・ハッチャーソン, アナソフィア・ロブ, ズーイー・デシャネル, ロバート・パトリック, ベイリー・マディソン
  • 監督: ガボア・クスポ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • DVD発売日: 2008/06/27
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00166OFA8
  • EAN: 4988013551442
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 24,182位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

『ナルニア国物語』、『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフが手掛けた感動のファンタジーアドベンチャー!!

★最高のスタッフが集結!
制作は『ナルニア国物語』のウォルデン・メディア。CGは『ロード・オブ・ザ・リング』のWETAが手掛けた最高傑作。
★ハリウッドで注目の二人が主演!
『チャーリーとチョコレート工場』では、ガムを噛み続けるわがまま娘を演じ、ジョニー・デップの競演で注目を集めるアナソフィア・ロブ。そして、ジュール・ベルヌの「地底旅行」を原作とした『センター・オブ・ジ・アース』の公開が控えているジョシュ・ハッチャーソンが主演。脇を固めるロバート・パトリック(『ターミネーター2』)やズーイー・デシャネル(『あの頃ペニー・レインと』)も作品に深みを与えている。
★原作は、児童文学の最高傑作!
世界24カ国で愛され500万部以上の売上を記録する同名ベストセラー作品が原作。ニューベリー賞をはじめ、スクール・ライブラリー・ジャーナル最優秀図書賞など数々の賞を受賞。今なお幅広い年齢層から支持を集める珠玉の物語。

【キャスト】
ジェス・アーロンズ役/ジョシュ・ハッチャーソン(『ザスーラ』)
レスリー・パーク役/アナソフィア・ロブ(『チャーリーとチョコレート工場』)
エドマンズ先生役/ズーイー・デシャネル(『銀河ヒッチハイク・ガイド』)
ジャック・アーロンズ役/ロバート・パトリック(『父親たちの星条旗』)
メイベル・アーロンズ役/ベイリー・マディソン
メリー・アーロンズ役/ケイト・バトラー
ブレンダ・アーロンズ役/デヴォン・ウッド

【スタッフ】
監督/ガボア・クスポ(『ラグラッツ・ムービー』)
撮影監督/マイケル・チャップマン(『ザ・ウォッチャー』)
特殊効果/ WETAデジタル(『ロード・オブ・ザ・リング』『ナルニア国物語』)

(C)copyright 2006 Walden Media,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Amazonレビュー

ファンタジーと聞くと、子ども向けの印象を持つ人は多いだろうが、傑作ファンタジーは、人生を積んだ大人をこそ感動させる。これは、その好例を示す一本である。11歳の少年ジェスは、家では孤独を感じ、学校ではイジメを受ける日々。しかし隣りに引っ越してきた少女、レスリーによって彼の毎日は少しずつ明るさを取り戻す。ふたりは森で見つけた小屋で、空想の王国「テラビシア」を作り上げるのだが…。
テラビシアに住む巨人や不思議な動物が、CGを駆使して映像化される点はファンタジーなのだが、本作の骨子はジェスが立ち向かう日常のドラマだ。レスリーとの出会いがもたらす、クラスメートとの関係の変化や、家族、教師との触れ合いがリアリティたっぷりに描かれる。ジェスとレスリー、そしてジェスの妹を演じる3人の演技は、子役とは思えない自然さで、この点も、かつて子どもだった大人に強くアピール。クライマックスの展開自体は、はっきり言って、ありきたりであるが、ジェスの心の動きを含めて描き方が巧みなので、誰もがうっかり号泣させられるだろう。本当の感動は、このようにもたらされるのだ。涙でにじむラストシーンは、この上ない美しさで光り輝いて見える。(斉藤博昭)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

16 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/5/22
子どもを意識しすぎた幼いファンタジーばかりで食傷気味のなか、大人の鑑賞に耐え得る豊かさがあります。
テーマは特に新しくはありませんが、「心の目を通して世界を見ることの大切さ」を現実と幻想の間を広げ過ぎることなく描いています。

子供社会の人間関係の縮図の見せ方が秀逸で、様々なエピソードを見せながら時に反撃に出てみたり、時に勝ち目のない戦はすまいと引き下がったり、そしていじめっ子が実は虚勢を張ってる弱い人間なのだ(いじめっ子にならざるを得なかった理由)等を上手く配置して、ただの子供から1つずつ「大人」への階段を上っていく心理を見せて行きます。

CGはあくまで慎ましく補助的に使われいて、ファンタジー描写をやり過ぎていないのもいい。主役はあくまで少年と少女だ。これが案外重要なことで、現実に沿ったストーリーなので、CGだらけの映像にしてしまっては、説得力がなかったかも。

ジェスを演じるジョシュ・ハッチャーソンは「ザスーラ」の頃を思うとオッサン化しているのが気にかかるものの、悪くはない。でも、ポイントは何と言ってもレスリー役のアナソフィア・ロブ。意地悪な役だった「チャーリーとチョコレート工場」とは別人のような魅力を発散。ちょっと、キーラ・ナイトレイに似ている美人で、『目ぢから』があるね。少女のもつ中性的な魅力に溢れ、豊
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アンドリュー 投稿日 2008/12/23
見る側のイマジネーションをかきたてる、という意味では巷にあふれるCG多用の話題作など足元にも及ばない、本流のファンタジーです。

かつて人間味のかけらも感じさせなかった、「ターミネーター2」のT-1000役だったロバート・パトリックが生活感あふれる父親を好演しています。

ストーリーの一部に腑に落ちない点があったのですが、原作のあとがきを読んで、納得が行きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 猫酔木 投稿日 2008/5/11
制作がウォルデン、WETA、ディズニー(米国での配給)という事もあり、ファンタジー?の印象ですが違います。

家が貧しい(けれど子だくさん)ジェスと、ちょっとユニークな転校生のレスリー。
学校ではいじめられ、家にも居場所がない二人は、川向こうの森に二人だけの「空想の国」を作って、
そこで現実逃避します。(基地ごっこです。) 友情を深めながらも、現実と空想との葛藤に悩まされます。

原作は児童文学ですが、大人でも楽しめます。
素晴らしい演技と構成のおかげで、逆に後半の展開が納得できない人もいると思います。
しかし、「空想と現実」、制作側がこれを徹底してやっている事に気づくと、一気に納得できます。

出演している、ジョシュ・ハッチャーソン(ジェス役)、アナソフィア・ロブ(レスリー役)はとても素晴らしい演技をしています。
特にアナソフィア・ロブは「チャリチョコのガム噛んでた憎たらしい子なの!?」と思ってしまうほど可愛いです。
(こんな子が転校してきたら、男子はみんな恋しちゃいます。)
また、ジェスの妹(メイベル)役のベイリー・マディソンもいい味出してます。

本作品、大人だからこそ感じてしまう「何か」があります。オススメです。
<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スナフキン 投稿日 2010/3/13
ファンタジーと聞くと、子ども向けの印象を持つ人は多いだろうが、傑作ファンタジーは、人生を積んだ大人をこそ感動させる。これは、その好例を示す一本である。

11歳の少年ジェスは、家では孤独を感じ、学校ではイジメを受ける日々。しかし隣りに引っ越してきた少女、レスリーによって彼の毎日は少しずつ明るさを取り戻す。ふたりは森で見つけた小屋で、空想の王国「テラビシア」を作り上げるのだが…。

テラビシアに住む巨人や不思議な動物が、CGを駆使して映像化される点はファンタジーなのだが、本作の骨子はジェスが立ち向かう日常のドラマだ。レスリーとの出会いがもたらす、クラスメートとの関係の変化や、家族、教師との触れ合いがリアリティたっぷりに描かれる。

特に子供社会の人間関係の縮図の見せ方が秀逸で、様々なエピソードを見せながら時に反撃に出てみたり、時に勝ち目のない戦はすまいと引き下がったり、そしていじめっ子が実は虚勢を張ってる弱い人間なのだ(いじめっ子にならざるを得なかった理由)等を上手く配置して、ただの子供から1つずつ「大人」への階段を上っていく心理を見せて行く。

一番のポイントは何と言ってもレスリー役のアナソフィア・ロブだろう。意地悪な役だった「チャーリーとチョコレート工場」とは別人のような魅力を発散。ちょっと、キーラ・
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック