Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 くるさい
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆土日祝も毎日発送しています!◆目立った汚れや傷などなく全体的にきれいな状態ですが、中古品の為多少の使用感などある場合がございます。ご了承の上お買い求めください。◆日本郵便のゆうメールにて発送の為、基本ポスト投函になります。◆商品到着後、万が一コンディションに相違があった場合、ご連絡いただきましたら交換や返金など迅速に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

テイルズ オブ デスティニー―蒼黒の想い〈上〉 (ファミ通文庫) 文庫 – 2007/3

1 件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 【Amazon 本買取サービス】 お手持ちの本・雑誌・コミック・洋書を、Amazonが買い取ります。1点から無料集荷、買取価格は事前に検索可能。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

意志を持つ剣・ソーディアンのマスター、リオン・マグナス。オベロン社総帥のひとり息子である彼は、ある日、同じくソーディアンを持つ二人の人物と出会う。ひとりは剣士志望のスタン、そしてもうひとりはレンズハンターのルーティ。そして、ルーティはリオンの実の姉だったが…。人気RPGのプレイステーション2版のストーリーを、リオンメインに描く外伝シリーズ第一弾の登場です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

矢島/さら
横浜市生まれ。ゲームノベライズを中心に、ファンタジー小説やエッセイなど、幅広いジャンルの執筆を手掛ける。また、カエルを心から愛してやまない「かえる友の会」会員として、精力的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2007/03)
  • ISBN-10: 4757734271
  • ISBN-13: 978-4757734272
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 604,963位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 黒蝶 投稿日 2007/4/20
形式: 文庫
PS2版のリメイクされたデスティニーの小説で、リオン視点から描く外伝物です。

リメDの小説が今のところコレしかないので買ってみました。

イラストがいのまたむつみさんなのもうれしいところ。

内容はハーメンツでリオンがスタン達と出会った所からアクアヴェイルを出たところまでが収録されていて、

ところどころにリオンのマリアンへの想いを含んだ回想シーンが入ったりするものです。

シャルティエがアクアヴェイルにいた等リメイク版の設定に直されていて、リメDで判明した大好きなアレをリオンが食べるシーンもあります(笑)

D2の小説のほうでは周りの人物が彼について語るという方式をとっていましたが、これはほぼ一貫してリオン視点で展開されていくので、

リオンの心情も描かれているのがうれしいところ。スタンに戸惑いながらも心を動かされていく様子がわかります。

この小説だけのオリジナル要素というものはあまりありませんが、ノイシュタットでリオンがスタンたちを探しに行くところが描かれていたりします。

リメDが大好きだったので、リオンの視点でリメDを楽しむことが出来てよかったです。

ただ、リオンの性格も
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック