Would you like to see this page in English? Click here.

中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 2,280

または
 
   
Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 760
買取
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
チルソクの夏 特別版 [DVD]
 
 

チルソクの夏 特別版 [DVD]

水谷妃里, 上野樹里, 佐々部清 DVD
5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (35件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。



登録情報

  • 出演: 水谷妃里, 上野樹里, 桂亜沙美, 三村恭代, 淳評
  • 監督: 佐々部清
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • DVD発売日: 2004/10/29
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (35件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0002XG8JM
  • EAN: 4988126202330
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 68,714位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

陸上部員郁子は、自分と同じく高跳び競技をする韓国人の男の子に出会う。ふたりは七夕(チルソク)に会う約束をするが…。
『半落ち』 の佐々部清監督が自身の故郷・山口を舞台に、現代では忘れられてしまった70年代の純粋な初恋を描いた青春ラブストーリー。
※限定品につき、数に限りがございますので、ご注文はお早めに。
【映像特典】
《Disc: 1》
●主演女優4人によるイントロダクション
●ミュージックチャプター
●予告編集
《Disc: 2》
●メイキング・オブ 「チルソクの夏」
●水谷妃里が案内する下関・釜山ロケ地の旅(ロケ地MAP付き)
●キャストインタビュー
●東京公開初日風景
《監督・脚本》 佐々部清
《出演》 水谷妃里 上野樹里 桂麻美 三村恭代

Amazonレビュー

   1977年、下関の高校生・郁子は、姉妹都市である韓国の釜山との陸上競技会で、韓国人の少年アンテイホウに出会う。お互いひかれあい、文通が始めるが、まだ日本と韓国の間に緊張感があった時代。ふたりの交際は親の反対にあってしまう…。
   オーソドックスな青春映画だが、韓国人の男の子に恋をしたヒロインの一途な思いを、彼女の友人たちが一緒に盛り上げようと奔走する姿が可愛らしい。またヒロインの水谷妃里はじめ、上野樹里など若い女優たちのみずみずしさもチャーミング。手をつなぐだけでドキドキしてしまうような恋。70年代のティーンの恋愛ゆえ、幼い印象があるかもしれないが、本来、初恋ってこういうものだったのでは…と、胸を熱くすること必至。また、分断された自国の現状に悩み、自分にできることはないかと考える韓国の少年の言葉に、ノンビリとした日本の若者を恥じるヒロインの姿も印象的だ。「ロミオとジュリエット」のようなベランダ越しのデート、ファーストキスなど、純度100%の初恋の姿には、懐かしさと甘酸っぱさで胸がいっぱいに。監督は『半落ち』の佐々部清。(斎藤 香)


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
20 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 本当の演技、一生心に残る映画 2006/12/31
投稿者 いいちこ
よく、あの役者は演技派だとか、演技力がすばらしいとかいう。もし役者が自分の実態とは違う役割を巧みに演じるのが演技力なら、この映画に出てくる四人の女子高生の演技力はさほどのものではない。しかし、実際にこの映画を見た人の多くは、四人に魅了される。なぜなら彼女たちの演技がひたむきだから、等身大の自分を演じているから。

醒めた目で見れば、一番うまいのは準主役(真理)の上野樹里である。堅苦しいところが全くないし、ギャグのセンスも光っている。ただ、この映画の「顔」はやはり主役(遠藤郁子)の水谷妃里だろう。走り高飛びがすばらしいだけではない。喜怒哀楽の表情に不自然なところが全くなく、ストーリーの展開にうまくあっている。

ストーリー自体は単純である。下関と釜山の親善陸上競技大会で知り合い、一目惚れで恋に落ちたふたり(郁子とアン・デホ)。一年後の再会を誓い続く文通。双方の親の反対。意気消沈し陸上をあきらめようとする郁子、それを引き止める親友の三人。一年後、競技場で再会できたふたり、一夜限りのデート。そうして、二十数年後の奇跡・・・

映画をみてから、監督があえて知名度や演技力より運動能力を重視してキャストを選んだことを知った。水谷妃里がすばらしいことは既に書いたが、上野樹里の走る姿もなかなかのものである。また、四人の個性に合わせて脚本を
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 キャスティングがいい 2005/3/15
投稿者 jonwalters
日韓の少年少女の初恋物語、そして昭和50年代の前半が背景という事で
観る人によって印象が異なる映画だと思うが、最近の邦画は時節を背景と
している為か、重くてひねりが効いている物が多い中、変に悲恋物語などに
せずに、淡々と直球勝負で淡い初恋を描いていて、私は好感を持ったし、
観て良かった、と心から思えた、最近では数少ない映画になった。
高樹澪の過去を想う表情、水谷妃里の新聞配達のシーンでの背筋をピンと
伸ばした美しいフォームで走る姿と、再会を祈って何度となく神社で祈る
姿、山本譲二の「雨に咲いた花」の選曲の渋さと上手さ、イルカや夏木マリ
のカメオ出演、と印象に残るシーンは多いのだが、何と言っても韓国人少年
安大豪役になりきった鈴木淳評の演技は特筆すべきものだと思う。
最近余り見かけなかった味のあるバイプレーヤーの竹井みどりや岡本舞が
現在の友人役で出ていたのも嬉しく、もう少し現在のシーンが多くても、
という不満もあるが、美しい下関周辺の映像と爽やかな音楽も良かったので
星5つです。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 懐かしいあの頃の思い出が甦る 2006/10/31
投稿者 jtケン
 以前からこの映画の評判は聞いていましたが、初めて見て心から感動しました。人を好きになることは本当に素晴らしいことだなと、改めて思いました。

 歳を取ると若い頃のことを思い出すことはあまりありません。しかし、このような映画を見ると遠い昔の思い出が鮮やかに甦ります。

 私は今日の日本の映画やドラマのいくつかはとても質の高いものであると思います。日本は豊かな国になりそれと共に失われたものも数多くありますが、日本人らしい感性がまだこのような形で残っていることを嬉しく思います。

 出演者の方々の演技は多少未熟かもしれませんが、それがかえって新鮮で映像をより現実的なものとしています。

 意図的に作られたというよりもむしろ奇跡的に生まれたと言ってもよい、実にはかなく美しい物語です。

 

 
このレビューは参考になりましたか?
20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 私より少し上の年代 2005/8/11
投稿者 kame001
私より少し上の年代のお話ですが、この映画は、シナリオの素晴らしさに脱帽です。繰り返される毎日の日常、日常とは違う釜山との競技大会、そんな日常と非日常の交差がとても心地よいです。主演の水谷さんの演技がとてもよく女子高生の気持ちの変化をとてもよく表現しています。国の違いはあるのだけども気持ちの違いはないと思わせてくれます。人間同士なのだから・・・ 見終わった後とても気持ちがいいです。
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ☆シズク☆
チルソクの夏…劇場公開中に観ました。
チルソクとは韓国語で七夕の意味。
現代の織姫と彦星、ロミオとジュリエット?!
佐々部清監督の出身地、下関が舞台です。
誰もが懐かしく想う学生時代のキラキラした瞬間が
タイムカプセルを開けたときのように
ちょとずつ思い出させてくれる、ほんとうに素敵な映画です。
(現在大人になった主人公郁子が高校時代を振り返りますが
平成の場面はモノクロ、昭和の場面はカラー)
主演の女子高生4人組が体を張っての陸上競技シーンは
躍動感にあふれ、目を奪われます。
音楽も素晴らしく、作品を引き立て盛り上げています。
主題歌「なごり雪」の韓国語バージョンや
劇中の昭和ヒット曲の数々(ピンクレディー、ツイスト…)
サントラも良いですよ!
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 今見てもいい映画です
メールも携帯も無い'70年代の青春の淡い恋愛ドラマですが秀作だと思います。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: Amazon カスタマー
5つ星のうち 5.0 七夕にはチルソクの夏
上野樹里ちゃんの映画初出演作品です。その後の活躍が納得できるような清々しい感性が観てとれます。... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: kentomanma
5つ星のうち 5.0 まだまだ遠かった隣国
この映画が描いている時代は、まだまだ韓国が「遠い隣国」であった時代であった。その時代の、淡い初恋の物語である。願わくば、韓国に続いて朝鮮民主主義人民共和国も、「近... 続きを読む
投稿日: 2011/10/16 投稿者: ZYX
5つ星のうち 2.0 1977年の純愛を描いた
日本の女子高生と韓国の男子高生の恋。日韓間の過去の悲しい歴史が背景にあり、親の世代は二人の恋に強い反対意識を持っている。この作品は、良くも悪くも全てが想定範囲内。... 続きを読む
投稿日: 2009/10/1 投稿者: イノシシ
5つ星のうち 4.0 5番ゲートでつなぐ日韓交流
佐々部監督は「カーテンコール」でも同じテーマを取り上げていたが、原点は2002年に撮られた本作である。日韓関係を描くと、大抵の映画は「最後に握手して終了」的な穏や... 続きを読む
投稿日: 2008/8/30 投稿者: katsuya30
5つ星のうち 5.0 ディテールにまでこだわった至高の青春映画
良い映画でした。

以下すべて蛇足。
大まかな部分に関しては他の方のレビューの通り。... 続きを読む
投稿日: 2008/3/19 投稿者: こーず
5つ星のうち 4.0 奇跡の昭和テイスト
70年代の話を再現した映画ではなく、70年代に作られた映画を観ているような
錯覚に陥る、奇跡のテイスト。... 続きを読む
投稿日: 2008/3/17 投稿者: チェリーボーイ
5つ星のうち 4.0 いつかお互いが分かり合えるといい
... 続きを読む
投稿日: 2007/12/17 投稿者: 久保田真史
5つ星のうち 5.0 コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
陸上部員郁子は、自分と同じく高跳び競技をする韓国人の
男の子に出会う。ふたりは七夕に会う約束をするが・・・・・... 続きを読む
投稿日: 2007/4/18 投稿者: コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
5つ星のうち 4.0 邦画青春映画の佳作
細かい点で指摘できる点はあるかと思う。

例えば真理の妊娠騒動の部分は違和感を感じた。そんなにあっけらかんとできるコトかな?... 続きを読む
投稿日: 2007/1/1 投稿者: satrou
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック