チャーリー・パーカー


Charlie Parkerのデジタルミュージック
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 23102
曲名 アーティスト名 アルバム  
30
Charlie Parker
30
Charlie Parker
30
チャーリー・パーカー
30
Charlie Parker
30
Charlie Parker
30
Charlie Parker
30
チャーリー・パーカー
30
Charlie Parker
30
Charlie Parker
30
Charlie Parker
現在、Amazon ミュージックアカウントがこの国に関連付けられていません。プライムミュージックをお楽しみいただくためには、ミュージックライブラリに移動して、アカウントを Amazon.co.jp に転送してください。
  

チャーリー・パーカー の画像
アーティストまたはその代理人から提供されています

バイオグラフィー

アルト・サックスの巨人、チャーリー・パーカーはモダン・ジャズの父と呼ばれるべき存在である。カンザスシティ出身のパーカーは40年にニューヨークに拠点を移し、ジェイ・マクシャンのビッグ・バンドの一員として活躍した後、アール・ハインズやビリー・エクスタインなどと活動した。そして、パーカーは52丁目にある小さなジャズ・クラブで演奏活動を行うようになる。ここではトランペット奏者ディジー・ガレスピーを中心としたミュージシャンの一団が音楽で新境地を開拓していた。この「ビバップ」の演奏者たちは既存の楽曲や編曲された作品を取り上げるのではなく、即興演奏にその主眼を置いていた。小編成のグループごとに猛烈なテンポで... 続きを読む

アルト・サックスの巨人、チャーリー・パーカーはモダン・ジャズの父と呼ばれるべき存在である。カンザスシティ出身のパーカーは40年にニューヨークに拠点を移し、ジェイ・マクシャンのビッグ・バンドの一員として活躍した後、アール・ハインズやビリー・エクスタインなどと活動した。そして、パーカーは52丁目にある小さなジャズ・クラブで演奏活動を行うようになる。ここではトランペット奏者ディジー・ガレスピーを中心としたミュージシャンの一団が音楽で新境地を開拓していた。この「ビバップ」の演奏者たちは既存の楽曲や編曲された作品を取り上げるのではなく、即興演奏にその主眼を置いていた。小編成のグループごとに猛烈なテンポで演奏を繰り広げ、ジャズの和声とリズムを容赦なく革新していったのだ。だが、パーカーの演奏は決して実験的な色彩を帯びてはいない。むしろその音色は優雅で、はつらつとしており、温もりとメロディが満ちあふれていた。伝統主義者たちの多くはこの新しいサウンドを認めようとしなかったが、パーカーの音楽はジャズ界を虜にした。ビバップ以降ジャズは小編成での演奏が主体となっていき、その革新的奏法は現在ではモダン・ジャズにおける即興演奏の基本テクニックとなっている。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

アルト・サックスの巨人、チャーリー・パーカーはモダン・ジャズの父と呼ばれるべき存在である。カンザスシティ出身のパーカーは40年にニューヨークに拠点を移し、ジェイ・マクシャンのビッグ・バンドの一員として活躍した後、アール・ハインズやビリー・エクスタインなどと活動した。そして、パーカーは52丁目にある小さなジャズ・クラブで演奏活動を行うようになる。ここではトランペット奏者ディジー・ガレスピーを中心としたミュージシャンの一団が音楽で新境地を開拓していた。この「ビバップ」の演奏者たちは既存の楽曲や編曲された作品を取り上げるのではなく、即興演奏にその主眼を置いていた。小編成のグループごとに猛烈なテンポで演奏を繰り広げ、ジャズの和声とリズムを容赦なく革新していったのだ。だが、パーカーの演奏は決して実験的な色彩を帯びてはいない。むしろその音色は優雅で、はつらつとしており、温もりとメロディが満ちあふれていた。伝統主義者たちの多くはこの新しいサウンドを認めようとしなかったが、パーカーの音楽はジャズ界を虜にした。ビバップ以降ジャズは小編成での演奏が主体となっていき、その革新的奏法は現在ではモダン・ジャズにおける即興演奏の基本テクニックとなっている。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

アルト・サックスの巨人、チャーリー・パーカーはモダン・ジャズの父と呼ばれるべき存在である。カンザスシティ出身のパーカーは40年にニューヨークに拠点を移し、ジェイ・マクシャンのビッグ・バンドの一員として活躍した後、アール・ハインズやビリー・エクスタインなどと活動した。そして、パーカーは52丁目にある小さなジャズ・クラブで演奏活動を行うようになる。ここではトランペット奏者ディジー・ガレスピーを中心としたミュージシャンの一団が音楽で新境地を開拓していた。この「ビバップ」の演奏者たちは既存の楽曲や編曲された作品を取り上げるのではなく、即興演奏にその主眼を置いていた。小編成のグループごとに猛烈なテンポで演奏を繰り広げ、ジャズの和声とリズムを容赦なく革新していったのだ。だが、パーカーの演奏は決して実験的な色彩を帯びてはいない。むしろその音色は優雅で、はつらつとしており、温もりとメロディが満ちあふれていた。伝統主義者たちの多くはこの新しいサウンドを認めようとしなかったが、パーカーの音楽はジャズ界を虜にした。ビバップ以降ジャズは小編成での演奏が主体となっていき、その革新的奏法は現在ではモダン・ジャズにおける即興演奏の基本テクニックとなっている。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら