¥ 3,700 + ¥ 350 関東への配送料
在庫あり。 販売元: ブックセンター田坂

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.2 406件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,980
価格: ¥ 3,700
OFF: ¥ 1,280 (26%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ブックセンター田坂 が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:4¥ 999より 中古品の出品:12¥ 86より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でチャーリーとチョコレート工場 (吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]
  • +
  • アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
総額: ¥7,480
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヘレナ・ボナム=カーター, ジョニー・デップ, フレディー・ハイモア, デイビッド・ケリー
  • 監督: ティム・バートン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2009/04/08
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 406件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001R0WCOY
  • EAN: 4988135713179
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 90,253位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ジョニー・デップ X ティム・バートン 全世界注目のプロジェクト、ついに実現!- Roger Ebert, Ebert & Roeper
さあ、世界一オカシな工場見学へ!-Francine Brokaw, LA Family Magazine

■映像特典(約84分)
チョコレート・ドリーム
いろんな顔、いろんな味
チョコレートのデザイン
包装紙の下には…
スウィート・サウンド
ウンパ・ルンパになる
リスの襲撃
ダール氏のステキな世界
テスト映像:オーガスタスの歌
テスト映像:マイクの歌
ダンスビデオ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ティム・バートン監督がジョニー・デップを主演に、ロアルド・ダールの名作を実写化したファンタジー。世界中から選ばれた5人の子供たちが、有名なチョコレートブランド“ウォンカ”の謎めいた工場の見学に訪れる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ティムバートンの映画は怖いという先入観があって、ちょっとためらいました。

ダールのマチルダや、窓拭き会社が小学生の子供も好きだったので一緒に見にいきました。
主人公チャーリーの純粋さと、作者ダールの不思議さがでていてよかったと思いました。

この映画で、チャーリーに光りがあたっていて、家族愛が作品のテーマになっていることがわかりました。
原作を読んだだけでは明確になっていなかった、ダールの意図が、映画で十分に発揮されていると思いました。

ダールの大人の視線では限界に近いと思うようなシリアスな笑いが、子供の目線ではたんなる悪ふざけにすぎないような
ぎりぎりのところをすばらしく具体的に再現しているように思いました。

極端そうな表現も、全体の筋の流れに収まっています。
原作だけを読んで、映画に疑問を持たれた方は、ぜひ「マチルダ」と「単独飛行」を読まれることをお勧めします。

映画監督が、原作を理解するのに、同じ作者の別の作品からヒントを得ていることが分かるかもしれません。
映画監督が、ほかの作品を読んでいなかったとしたら、ダールの本質をついているので、
それはそれで凄いことだと思います。

ps.
続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作が児童文学であるこの作品を「子供向け」とも評する人もいます。
しかし、随所に「大人向け」の楽しい仕掛けが凝らされていますよ。
まず、シニカルな笑い。
道徳的メッセージ性が明確な一方、ティム・バートンならではのダークな味付けが、大人には堪りません。
次に、名作映画へのオマージュ。
『バットマン』『シザー・ハンズ』『チャイルド・プレイ』『水着の女王』『サタディ・ナイト・フィーバー』『ベン・ハー』『アフリカの女王』『アダムス・ファミリー』『スター・ウォーズ』『2001年宇宙の旅』『モンスターズ・インク』等々、映画通の大人なら「あれだあれ!」(笑)と思い当たるシーンが満載。
いくつ見つけられるかがお楽しみです。
そして、ウンパ・ルンパの多彩なミュージカル・シーン。
ファンク、ロック、ヒッピー音楽など、60~70年代の音楽を知っている大人には、これまた「あれだあれ!」(笑)の連続です。
ちなみに、前作は「ドナドナ」に似たメロディの歌で統一されていました。
さらに、原作の結末にひねりを加えたハッピー・エンディング。
アダルト・チルドレンであるウォンカの再出発に、心癒される大人は多いと思います。
前作をミルク・チョコに例えるなら、この作品は薫り高いビター・チョコ。
チョコレートをかじりながら、何度も鑑賞したくなる映画です。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
子供向けと思って観ないのは勿体ない作品です。劇場へ3回見に行ってしまい、DVDも早々と予約してしまった作品です。

ダールの原作のエッセンスにはとても忠実です。バートン監督いわく「台詞を足すときもいつもダールの小説の台詞とおなじ周波数にする必要がある」との言葉どおり。そこに、デップのエキセントリックな子供のようなしかし経営で成功した大人でもあって深みもあります。

フレディ扮するチャーリーが工場へいくまで、工場のなかのできごと、追加エピソード..エンディングには一ひねりあって、ファンタジーとリアリティのバランスも絶妙です。とにかくキッチュなチョコレート工場と、貧しいけど暖かみのあるチャーリーの家、どちらも◎

メイキングではリスやウンパルンパの撮影秘話が。子供たちやおじいちゃんおばあちゃんの素顔も素敵でした。

ダニーエルフマンの音楽作成エピソードもとても面白かったです。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
イギリスの人気作家であるロアルド・ダールの人気児童文学作品を、
アメリカの人気監督ティム・バートンと人気俳優ジョニー・デップのコンビで映画化したものである。

貧しいが家族思いのチャーリーが最後は幸運を手にする話で、
もちろんチャーリーは男の子であっても、一種のシンデレラストーリーだ。

生活苦にめげないチャーリーの健気さ、彼を愛し支える家族の絆、そしてある日訪れる「奇跡」。
このあたり、定番ではあるが楽しめるストーリーだろう。

定番ではないのは、チョコレートを初めとするとお菓子に対するとんでもないこだわりと
ウィリー・ウォンカの謎のチョコレート工場をめぐる奇想天外、自由奔放な想像力だ。

原作ではしかし、ウィリー・ウォンカのそもそもの行動にあまり説得力がない。
物語の核心部分のなぜ?がよくわからないのだ。
どうもそのへんにはあまりこだわらず、とにかく奇想でもって
子供を驚かせ喜ばせようという物語なのだと思う。

映画では、そのへんがやはり弱いと思ったのか、
ウォンカの人間性にはだいぶ加味してある。
実際、この映画はチャーリーというよりもウィリー・ウォンカの物語というべきだろう。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック