¥ 2,376
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ダカフ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダカフェ日記 単行本 – 2007/7/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 434


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ダカフェ日記 + 続 ダカフェ日記 + 続々 ダカフェ日記
合計価格: ¥ 7,128

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

夫婦ふたり、子供ふたりと犬いっぴき。どこにでもいそうな、ある家族の日常。何気ないけれどうれしくて、楽しくて、美しい。そんな瞬間を父親のカメラは写し出す。『日本ブログ大賞2006』写真大賞受賞。1日3万アクセスの大人気ブログが写真集になりました。

著者について

森 友治(もり・ゆうじ)
1973年福岡県生まれ。北里大学獣医畜産学部畜産学科卒。専攻は豚の行動学。豚の気持ちが分かるカメラマン+デザイナーとして写真とグラフィックデザインを生業にしている。

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: ホーム社 (2007/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834251373
  • ISBN-13: 978-4834251371
  • 発売日: 2007/7/5
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 15.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (17件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 49,872位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

68 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 (*ν_ν) 投稿日 2007/7/9
形式: 単行本
まだ家族が4人になる前、子供もいなかった頃の写真からずっと,この人が
切り取る日常の風景は、とても不思議な魅力を持っていました。

家族が増えていき、時が経っていく中でも、変わらぬ独特の視点は健在です。
被写界深度や自然光をうまく使った写真は、いつ見ても和みます。

個人的には1999年から2000年くらいまでの、まだ夫婦が若かった頃の写真や、
室内のインテリア、デザインが好きでした。それと、当時は blogはなくて、
モリ氏がホームページで時折更新する文章がとてもおもしろくて、毎回楽しみに
していたのを懐かしく思い出しました。

豪勢な生活をして、高価なものを買ったり、海外旅行に行くことが
豊かな人生なのではないということ、みんなそれぞれが同じ時の流れに
乗っていて、それは誰にも止めることはできないけど、それが人生なんだ、
というようなことなどを伝えてくれる写真が多くあるような気がします。

そしてそれは写真だけでなく、モリユウジ氏の考え方、人生観から来ているのだと
思います。本書の最後にあるモリ氏の短い後書きを読むと,静かに淡々と
身近な人を愛して生きている人のかっこよさ、素晴らしさがわかります。

(2008年3月に「てにをは」の校正と,最終段落の追加を行いました。)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 (*ν_ν) 投稿日 2008/6/23
形式: 単行本
ここ数年,雨後の竹の子のように,ダカフェの写真に似た作品を公開する
Webページが増えています。モリユウジ氏本人が勧めているというのも
理由でしょうが,とにかく明るい単焦点で絞り開放で撮ればOKという感じの
風潮を生んだのは,良くも悪くも本書ならびにダカフェ日記の影響の大きさを
物語ってています。
しかし重要なのは,モリ氏の切り取る写真は,「明るいレンズで後ろボケ」で
撮れば再現できる,というものではないことです。ダカフェ日記ではなく,
昔からのdacafe photographに一部残っている写真を見れば,モリ氏の
写真の原点のヒントがあります。そしてそれが容易に真似できるような生半可な
ものではないこともわかります。
個人的な感想ですが,特に1999年頃の写真は,今の作風とは全く異なっており,
しかし,あの写真にこそ,彼の作品の本質があると思います。
(追記:「個人的な感想ですが,」を加筆しました。感想を客観的な断定のように
書いてしまいすみませんでした。)

本書で素晴らしい,淡々とした静かで暖かい家族の日常に触れた後は
わずか数年前に同じ人が撮っていた焦燥感や疾走感溢れる作品も
是非見ておくべきだと思います。
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Sakae 投稿日 2008/7/26
形式: 単行本
ブログがあることを知らず、本屋でふらっと立ち読みしていたら、
ほほえましくて素敵な写真の数々に、思わず本を持ってレジに並んで購入しました。

私には子供が3人いますが、正直あんな写真はなかなか撮れません。
というか、子供の何気ない瞬間をおさめるなんて、1日中カメラを持って
ないと無理?!

写真からにじみ出る、置いてある家具のセンスの良さ、無駄な物が置いてない
シンプルな家具の配置。片付けられない私には、違う意味で参考になる本でした。

今はブログで最新の写真をいつも楽しみにチェックしてます。
ブログに載ってる写真ばかりと言ってしまえばそれまでですが、もし続編が出たら
私は購入しようと思える本ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yusuke 投稿日 2012/8/19
形式: 単行本
ブログ写真集第1弾です。
父が持っていたのでパラパラッと頁をめくって見ると、
心が穏やかになったり、大爆笑の連続でした。
『ヨメ』さんの『オマケ日記』も大収録!
ブログから厳選セレクトされた、
『日常』という和やかさをどうぞ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 happystar 投稿日 2008/6/10
形式: 単行本
ブログを見るたびに感じる、なんともいえないしあわせな気持ち。
それがぎゅっと凝縮されている本です。

しあわせって、何も特別なことじゃなくて
こういう日常のなかにあふれているんだと、改めて気付かせてもらった気がします。

それにしても、森家のインテリアは素敵すぎます。
家の中の日常を撮って、こんなにも絵になるのは
子供のいる普通の家庭ではなかなかありえないのでは。
食器や小物にいたるまで、ムダで美しくないもの、が全然見当たらないところが
すごいな〜とあこがれます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック