¥ 1,015
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゾーイの物語 老人と宇宙4 (ハヤカワ文庫SF) 文庫 – 2010/9/25


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 1,015 ¥ 289


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ゾーイの物語 老人と宇宙4 (ハヤカワ文庫SF) + 最後の星戦 老人と宇宙3 (ハヤカワ文庫SF) + 遠すぎた星 老人と宇宙2 (ハヤカワ文庫SF)
合計価格: ¥ 2,959

選択された商品をまとめて購入


第152回芥川賞・直木賞候補作発表
直木賞は西加奈子 『サラバ』ほか4作、 芥川賞は小野正嗣 『九年前の祈り』ほか4作 が候補作に。2015年1月中旬に受賞作発表。 「第152回芥川賞・直木賞候補作」特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

波瀾にみちた幼年時代を送った少女ゾーイは、コロニー防衛軍を退役したジョンとゴースト部隊出身のジェーンの養女となり、植民惑星ハックルベリーで幸せな日々を送っていた。やがて両親とともに新たな植民惑星をめざすが、宇宙船は目的の星に到着しなかった。しかも、ゾーイたちは思いもよらない陰謀にまきこまれていく…『最後の星戦』をゾーイの視点から描き、その知られざる冒険の旅を明らかにするシリーズ第四弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

スコルジー,ジョン
1969年、カリフォルニア州生まれ。1991年にシカゴ大学卒業後、地元の新聞で映画評やコラムを書く仕事につく。その後、天文学、映画、経済、ゲームなどについてのノンフィクションや記事をさまざまな媒体で発表してきた。2005年に刊行した第一長篇『老人と宇宙』は、ヒューゴー賞・ローカス賞の候補になり、2006年のジョン・W・キャンベル賞を受賞した。現在はオハイオ州で妻、娘とともに暮らしている

内田/昌之
1961年生、神奈川大学卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 512ページ
  • 出版社: 早川書房 (2010/9/25)
  • ISBN-10: 4150117772
  • ISBN-13: 978-4150117771
  • 発売日: 2010/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 330,643位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Coffey man トップ1000レビュアー 投稿日 2010/11/20
形式: 文庫
16歳のゾーイはひとつの種族が命令に従うという境遇を背負っています。その事情はさておいて自分が何者であるかさえよく分からない思春期の少女が崇拝の対象になっているという境遇はある意味重すぎるのですが、一方で普通の少女としての生活もしている矛盾にどう折り合いをつけていくかがひとつのテーマになっています。その側面で見れば本作は「老人と宇宙」シリーズの番外編ではなく、すべてを与えられし少女の「行きて帰りし物語」になっています。その意味で本作は単品作品としてのポテンシャルを十分持っている作品だと思います。

前半は普通の少女としてのゾーイが現実をどう感じ、対処していくかが成長物語調に展開されますが、圧巻は後半部分です。後半ではゾーイの普通でない境遇が自身の旅に多くの影響を与えだし、責任を果たさざるを得ない状況になります。そのときゾーイはどのような選択をするのか。

もうひとつのテーマとしては、作中でいう意識もしくは感情、意志といったものが知的生物にどのような影響を与えるのか、意志を持つことにより進化してきた人間に対して他の知的生物はどう感じているのかということです。この扱いは現代社会でも議論の余地のあるとことです。論理的最適化がわたしたちを成功に導くか、幸せにするか、出なければこの扱いにくい意志という特性をどう活かすかがわたしたちの課題になっているのではないでしょうか。このことを示唆している点でもシリーズの他作品とは一線を画してると思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 早雲堂 投稿日 2010/10/3
形式: 文庫
ついに出ました!

「老人と宇宙4 ゾーイの物語」です。

スコルジーの「老人と宇宙」シリーズはこれで完結。

待ちに待った最終作です。

とはいっても第4話ではありません。

「老人と宇宙」の物語自体は「老人と宇宙3 最後の星戦」で大団円を迎えています。

では「老人と宇宙4 ゾーイの物語」は、というと、サイドストーリーなんですが、ただのサイドストーリーではありません。

確かに前半はゾーイの立場から「老人と宇宙2」「老人と宇宙3」の世界が語られる普通のサイドストーリーです。でも後半は違います。

「老人と宇宙3」は主人公ジョンの一人称で書かれていまして、主人公であるジョンに決定的勝利をもたらした、超兵器がどうやってもたらされたかは、養女ゾーイの行動として、そのなかでたった4行しか書かれていませんでした。

でも、省略されたものは物語1つ分位はあると思っていましたので、「老人と宇宙4」には相当の期待をしていましたが、読んでみると後半の200頁がそれに費やされ、久々に期待以上の感動を与えてくれました。

スコルジーのこのシリーズは軽妙な語り口に中で、ちょっぴり感動の物語が挿入されていて
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 なだ 投稿日 2010/10/17
形式: 文庫
老人と宇宙シリーズは読んでいて、『ゾーイの物語』も待っていたんだが、まさか泣かされるとは思わなかった。
こんな種類の涙はずいぶん久しぶりだ。
恋人がどうとかお母さんがどうとか、子犬がどうとか、子供がどうとか、そういう種類の泣かせじゃない。
悲しくて泣いた訳でもないかな。
じゃあ何で泣いたか?ネタばれしないで説明するのは難しいので、読んでみて欲しい。
SFだし、背景情報もたくさんあるので、前の三冊を読んでおかなくちゃならないけど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2013/10/15
形式: 文庫 Amazonで購入
おすすめしなくとも
必ずたどり着くでしょう。
面白いです。
表紙絵のゾーイに少し違和感を覚えるのは
私だけでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 腰痛小僧 投稿日 2013/12/27
形式: 文庫 Amazonで購入
違う側面から読めて老人と宇宙がシリーズものとして良くなった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 za 投稿日 2014/8/23
形式: 文庫
いやもうすっごい良かったんですけど、ジェーンがゾーイを連れて来た時の
ジョンの反応とか、3人で一緒に暮らし始めた所とか、その辺の場面を
読みたかったので星ひとつマイナス。1巻のスピード感には及ばないけど
充分楽しめました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック