通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソード&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 古本バカ一代
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。外観に軽いスレあり。その他は概ね良好です。お役立てください。【Amazonより発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫) (英語) 文庫 – 2013/4/10


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 235


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫) + ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫) + ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,847
ポイントの合計:  58pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

幼少の頃から追い求めた少女・アリスとついに再会したユージオ。しかし、そのアリスに、昔の―“ルーリッドの村”時代の面影は無かった。禁忌目録を破ったキリトとユージオを捕らえるために来たというアリス。彼女に幼少の記憶は無く、そして自身を“整合騎士”と名乗った。“公理教会”の象徴“セントラル・カセドラル”の地下牢に繋がれたキリトとユージオだが、キリトの機転でどうにか脱出を果たす。キリトが“外部”の人間であることを見抜いた謎の少女・カーディナルの助けをかり、二人はアリスを“本当の姿”に戻すため、塔の頂点を目指す!しかし、“シンセサイズの秘儀”により生まれた最強の戦士たちが、キリトとユージオの前に立ちはだかる―。

登録情報

  • 文庫: 328ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/4/10)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4048915290
  • ISBN-13: 978-4048915298
  • 発売日: 2013/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (42件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 5,941位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

23 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 高島 治夫 投稿日 2013/4/22
形式: 文庫
前半はカーディナルの長〜い解説に半分うんざりしながらも何とか読破。
後半はユージオの出番が多めの半面、アスナの出番が全くないという悲しい事態が象徴するように
バトルに次ぐバトルばっかりです。
ただそれが面白いかというと微妙だったり……どうしても前半の流れにつられたのか戦闘描写まで妙に説明臭くて
お世辞にも楽しんで読めたとは……。
結局のところ、今までの中では一番読み通すのがしんどかった巻でした。
いわゆる溜め巻にあたるので仕方ないとはいえ、中だるみ感は流石に否めないのかも。
とはいえ、伏線の回収はしっかり進みつつあるので次回には期待が持てそう。

この巻だけを読んでも消化不良というか中途半端さは残ってしまうので急いで買う必要は全くないです。
むしろ次の新刊と合わせて買った方がストレスがなくていいような気もしますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
105 人中、75人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 素人魂 投稿日 2013/4/12
形式: 文庫
やたら説明臭いセリフが多くうんざりするが進行上しかたがないか
ただユージオが完全支配術の術式詠唱でエンハンス・アーマメントを唱えるだけの状態で
関係ない事をしゃべったら術式詠唱が無効になる的な事を示す文章があるのに
キリトがあっさりエンハンス・アーマメントを唱える前に長台詞を吐いて設定を台無しにしてるなど所々矛盾が散見されます
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
75 人中、53人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 T 投稿日 2013/4/19
形式: 文庫 Amazonで購入
223ページでユージオが「『システム・コール……』」と詠唱、術式を待機状態に。
228ページで「驚きのあまり、ユージオは危うく声を出して待機状態の術式を破棄してしまうところだった。」 と説明。
243ページで「『エンハンス…………』-『―アーマメント!!』」で術式開放。

247ページでキリトが「『システム……コール!!』」と、術式詠唱開始。
252・253ページで「隣で、いつのまにか術式詠唱を終えたらしいキリトが小さく呟いた。『憎しみじゃ、あいつには勝てないよ、ユージオ』」
   → キリト「『エンハンス・アーマメント!!』」

おぉい、ユージオさんが、がんばって喋るの我慢してたのなんだったんだよ(笑)
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
109 人中、77人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 セロリ 投稿日 2013/4/12
形式: 文庫
他の皆さんも書いてますがやはり今までの勢いがなくなってるような..
今後の展開の為には仕方が無いのでしょうが読むのが途中でだるくなってしまいました
前巻も私はこんな感じでした
次巻以降に期待してます!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
89 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ロールズ 投稿日 2013/4/15
形式: 文庫
WEB版初期からの読者ですが、感想は、あーあ…といったところ。
連載中のアリシゼーションは、週間少年誌のような超速筆連載が一つのウリでした。粗がでたり展開が強引でも仕方ない部分があります。

しかし、それをそのまま刊行したら何のための商業化なのか。
クィネラの生い立ち部分の説明は、どう考えてもカーディナルの回想という形を取って、クィネラ視点で狂気を表現すればきちんと盛り上がったはずです。
戦闘もテンポ偏重にせず、もっと溜めを作ればご都合主義感は当然薄くなります。
作者の人気に頼り切った、何のプロ意識も見られない、右から左に流すだけの編集。良改変が期待されるシーンだっただけにガッカリです。
今後も元々面白いところは面白く、強引なところは強引に進むのでしょう。ファンなので買いますが電撃自体への評価はお察しです
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミハイル暁 投稿日 2013/5/31
形式: 文庫
世界設定の説明と、戦闘戦闘また戦闘と、かなりバランスが悪い。
上の階に登って行き、出会った強敵を倒すだけの展開のため、一本調子になってしまっているのも上手くない。
ただ戦闘自体は、今までのように、キリトが力をセーブしているような雰囲気がないため、緊迫感があって良いかな。
とはいえアリシゼーション編に入って、間延びした感があるのも確か。もう少しテンポよく話を進めた方が面白くなると思うのだけどなぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 msyt 投稿日 2013/4/19
形式: 文庫
当方Web版を既読済みです

この巻の主なWeb版からの変更点としては表紙の少女二人組はは元々少年二人組だったというのが一番大きな変更点でしたが
差し当たり話の大筋自体に大した影響はなかったです

まぁ変更点が無かったのがある意味問題と言えば問題でページのかなりの部分が説明会話だけで終わります(主にアドミニストレーターの話です)
しかも若干説明が詳しくなってるので更に重くなった感じがします、全ページ数で言うと3分の1はゆうに超えて5分の2くらいはあります

後半部分は主に整合騎士達との戦いの話になります
長い説明部分が終わってからの戦闘シーンですのですっきりすると思います

ちなみにWeb版から逆算するとアリシゼーション編自体は恐らく8〜9巻程度にはなると思うのでまだまだ終わりません
今までの巻で大幅に加筆が入った(ザッカリアでの剣術大会の話やキリト達の傍付き時代の話は元々無かったのです)ので恐らくこの後の展開にも加筆が色々入ると思います
そうなると更に巻数が増えると思いますのでヘタすると10巻を超える可能性もあります
今までのように1巻2巻で解決する話ではないのでそろそろ終わるだろうと期待されてる方は注意が必要だと思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック