通常配送無料 詳細
14点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソード&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫) 文庫 – 2012/10/10

60件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 1

Prime限定ポイント
Amazonプライム・Amazonファミリー・Amazon Student会員なら、この商品は+3%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
AmazonStudent
さらに、Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫) + ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫) + ソードアート・オンライン プログレッシブ (3) (電撃文庫)
合計価格: ¥ 2,105
ポイントの合計:  65pt (3%)

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「このゲームはクリア不可能なのよ。どこでどんなふうに死のうと、早いか…遅いかだけの、違い…」茅場晶彦によるデスゲームが開始されて一ヶ月。この超難度のVRMMO内で犠牲になったプレイヤーは二千人にも及んだ。“第一層フロアボス攻略会議”当日。自身の強化のみを行うと決め“ソロ”として戦うキリトは、会議場に向かう中途で、最前線では珍しい女性プレイヤーと出会う。強力なモンスター相手にレイピア一本で戦い続ける彼女は、あたかも夜空を切り裂く“流星”のようで―。キリトが“黒の剣士”と呼ばれる契機となったエピソード『星なき夜のアリア』、さらに“第二層フロアボス”攻略戦にまつわる、とある少年鍛冶職人の悲哀を描く『儚き剣のロンド』他全三編を収録。

登録情報

  • 文庫: 520ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048869779
  • ISBN-13: 978-4048869775
  • 発売日: 2012/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (60件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,871位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さばおり 投稿日 2013/9/12
形式: 文庫 Amazonで購入
 はっきり言うと、SAOが好きなら読まないほうが良いかも。

 なんとなれば、SAOとは雰囲気がまったく別物だから。特に、SAO一巻とは似ても似つかない。キャラは同じはずなのに。

 キリトもアスナも、あまりにもお気楽。なんというか、デスゲームの緊迫感が一切感じられない。それもそうか。なにしろ、作者も読者も、この物語の結果が分かっている。この二人はデスゲームをいずれクリアするという結果が見えていれば、緊張感も欠けるようになる。

 だからだろうか、作者の筆致にも、自分でも先が気になるというような切迫した雰囲気は無く、だらだらとのんびり書いている感じがする。作者の目的は、SAO世界をもうちょっと詳しく描写したかったのだということなんだろう。物語を書くよりも世界描写に力点が置かれているので、ストーリーは非常に薄い。

 その結果、SAO一巻のあの緊迫感のある、スピード感のある展開が無くなり、キリトとアスナがいちゃいちゃしながら「ゲーム」世界を楽しんでいる姿が延々と描写される。

 いや、キリトとアスナがいちゃいちゃしながら「ゲーム」世界をだらだら旅する物語であるなら、それはそれで見てみたいし、そのつもりでのんびり読むのだが(笑)、問題なのはこの物語はそういう物語ではない筈だという事。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
78 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Hiro 投稿日 2012/10/23
形式: 文庫
 SAOのアインクラッド編の1層目からを描いたのがこのプログレッシブだそうで、もともとアインクラッド編の1層目からのストーリーに興味があったので、読んでみました。

 ちなみに、本巻は八巻に収録されている「はじまりの日」の続きからスタートしています。

 さて、感想はというと、アスナとキリトの出会いやら、キリトのキャラにかなり矛盾が生じている事態になっていて、正直、う〜ん…となる内容なのは否めないかなと思います。

 本巻から読み始めるとしても、肝心のはじまり部分がさっぱりわからないので、既刊部分を読まなければ話がわからないのですが、既刊部分から読むと、今度はアスナとキリトの出会い等が大きく異なると思われるので、かなりの違和感があります。もともと、短編集でも、アインクラッドでの「圏内事件」等は作者も矛盾が生じていると認めているところがあるほどのものだったので、やはり、既存の設定通りでアインクラッド編を書ききるというのは難しいのだろうなということが伝わってくる作品ではないかと思います。

 既刊部分を読んでしまっている私としては、「キリトさん、これ、ソロプレイヤーじゃなくね?」と思ったり、「アスナさん、デレるのはまだまだ先だったんじゃ…」と思ってしまったり…。まぁ、キリトさんを完全ソロにするとかなり退屈な
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
59 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/10/15
形式: 文庫
作者も最後のあとがきで書いていますが、矛盾やアスナの使い方を相当悩んだ様です。
個人的な意見としては、まえがきにしといた方が良かったんじゃないか?
こんな最初の段階からアスナを盛りだくさんに使ってくるとは思いませんでした。
ボス戦の会議に同席する程度だと思ってたんですがね。
SAOの原作の足りない部分を補足したものではなく、まったく別のSAOです。
そう考えれば楽しめますが、原作知ってるとなんだかな〜って感じもあります(SAO1巻の結婚のまでの流れが好きだったので)
原作の通りならボス攻略は今後トントン拍子で進むはずなので路線変更が無ければ70層まで案外早く到達するのではないのでしょうか?
てか番外編なら3巻でやったじゃないか!
ただ足りなかったストーリーを作者のテンポでやってくれれば間違いなく☆5だったんですがね。作り直すとなると如何なものでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まゆ 投稿日 2015/2/17
形式: 文庫
※アインクラッド編のネタバレを含みます※

前作でも優れた文章力で作品の世界観に引き込まれましたが、本作では更に力量が上がっています。

しかし、キャラクター(特にサブキャラクター)に魅力を感じることが出来ませんでした。私は主人公チーム
より敵役や脇役に惹かれるタチなので、周囲のキャラに厚みがないというのは、大きなマイナスに感じて
しまいます。
アインクラッド編の頃は、キリトとアスナ、二人の物語だと思って読み進めていたので、かなり閉塞的な人
間関係であっても、あまり気にならずに読むことが出来ました。キリトにとって強敵となるヒースクリフもい
ましたし。
しかし、それが本作になると、多くのキャラが主人公の引立て役や、エピソードを書くための使い捨てキャ
ラになっているように思えます。

ヒロインのアスナですら、あからさまに主人公のために用意されたキャラクターになってしまったように感
じます(ゲームシステムをキリトが説明するための生徒役、もしくはラブコメ要員)。凛々しく可憐で、キリト
を引っ張っていくようなアスナが好きだったので残念です。

また、全体を通して緊迫感が薄いです。アインクラッド編では、明日の命も知れないからこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック