¥ 680
通常配送無料 詳細
15点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソード&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫) 文庫 – 2013/12/10


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 179


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫) + ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫) + ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)
合計価格: ¥ 2,062

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アインクラッド第二層のボスモンスターを、激闘の果てに倒した“ビーター”のキリトと、その暫定的パートナーである細剣使いアスナは、次なるフロアへの階段を上る。第三層。そこで二人を待ち構えていたのは、フロア全体を深く包み込む大森林と、初めての大型キャンペーン・クエストだった。森の中で戦う二種族のエルフの騎士たち。そのどちらかに加勢することで、クエストは開始される。“ベータテスト”時は必ず相討ちになっていた二人のNPCだが、キリトたちは黒エルフの女性騎士“キズメル”を生き残らせることになぜか成功してしまう。ベータ時との違いに戸惑いながらも、NPCであるキズメルと交流を深める二人。一方、他プレイヤーたちによって、ついに第三層初の“攻略会議”も開催される。そしてその会議の場で、キリトとアスナは、ひとつの重大な選択を迫られる…。

登録情報

  • 文庫: 392ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/12/10)
  • 言語: 日本語, 英語
  • ISBN-10: 4048661639
  • ISBN-13: 978-4048661638
  • 発売日: 2013/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 5,754位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ほっさん 投稿日 2013/12/28
形式: 文庫
1巻から読ませていただいております。
個人の意見としては、とても面白かったです。
キリトの、ベータ時代のときのルートとは全く違う、イレギュラーなルートを辿ることになり、笑える場面もあり、人々の感情の動きや、不穏な動きなどが密接に絡み合っており、とてもよかったと思います。
しかし、一部の強引な展開があったり、山場の場面が省略されたりと、少しばかり不満と失望感に襲われました。
ですが、個人としては総合的には高評価なので星4つと、させていただきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sry 投稿日 2013/12/17
形式: 文庫
アインクラッドはとても好きなのでこのシリーズは楽しみにしているのですが、
いかなデスゲームとはいえ、最終的な結末を知っているので緊張感は半減。

あと2年かけて3層では75層に到達する前に私の寿命が尽きてしまいます。
もうちょっと急いで・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
60 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さばおり 投稿日 2013/12/12
形式: 文庫 Amazonで購入
 終わるまでに。

 ものすご〜くのんびりした「ゲーム」リプレイ、みたいな?兎に角のんびり。キリトとアスナがいちゃいちゃいちゃいちゃしながら「ゲーム」をプレイしています。

 全然SAOじゃないね。「デスゲーム」じゃない。

 緊迫感は一切無いです。まぁ、そうだわな。結果が分かっているんだから、キリトがピンチになっても誰もどきどきしないわけですよ。これはこの後、色々盛り上がりを造ろうとしてもそのままだろうね。

 もう、アインクラッドをキリトとアスナが珍道中するっていう物語にしてしまえば良いと思うの。デスゲームはおまけで。SAO本編との繋がりは一切無い事にして。作者の考えた世界観とかゲームシステムとかを披露しつつのんびり展開すれば、それはそれで面白いと思うのよ。

 今の雰囲気でヒースクリフなんかも飄々と出てくれば、あのラーメン回みたいに面白くなるんじゃないかな?

 プログレッシブは後回しにして、SAO本編を先に完結させてくれないかなぁ。こっちは全部終わった後でのんびり書いてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 川久保清志 投稿日 2014/11/17
形式: 文庫
本編とは確かに別物ですねww
本編より、よりゲーム好きの方が楽しめるような内容だと思います。
実際にMMORPGをやったことのある方なら楽しめるとおもいます
本編と比べると緊張感にかけるのと矛盾が少し気になりますがパラレルストーリー
でもありだと思います矛盾が気になるなら少し辛いかもしれません
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Top 投稿日 2014/1/30
形式: 文庫 Amazonで購入
キリトのチート性能を楽しむならプログレッシブだなと思いました。
一巻にどこで合流するのか、そしてストーリー本編に変更があるのか?
楽しみに待っております。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リラックス 投稿日 2014/1/13
形式: 文庫
自分はSAOの話が一番好きでしたが やっぱり今更感があります。。

後付けの話なので仕方ありませんが、このペースだと終わりが見えません

今思うと緊張感ないなあこの作品
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 時雨 投稿日 2013/12/11
形式: 文庫
 アインクラッド編が好きな人には今回も楽しめる内容となっていると思います。
 他の方の指摘で「後半やや駆け足」という話もありますが、たしかに私もあのあたりはもう少し詳しく見てみたかったですね。
 ただ、今回のテーマはキャンペーンクエストということで、テーマをはっきりさせる意味でも端折ったのは英断だったとも思います。

 なお、今回は第三層攻略となりますが、キャンペーンクエストはこの巻では完結しませんでした。
 次巻を楽しみに待ちたいのですが、一年一冊ペースと言われるとやはり辛いものがありますね。
 できれば、年二冊ペースでの刊行を期待したいところ。
 
 それにしても、この巻は盛りだくさんですね。
 2つのギルドのライバル関係。
 ラフィン・コフィンの影を思わせる描写。
 そして自立型NPCのキズメルの登場。

 特に大きいのがキズメルの存在でしょう。
 「NPCもアインクラッドで生きている」というキリトの考え方のベースはNPCキズメルとの交流から生まれたのか、キリトと同様にキズメルと深く交流するアスナが「NPCをオトリに使ってフロアボスを叩こう」という作戦をたてるようになってしまうのはなぜなのか、など想像が膨らみます。
 
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック