Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ソーシャル・キャピタル―人と組織の間にある「見えざる資産」を活用する (ミシガン大学ビジネススクール)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ソーシャル・キャピタル―人と組織の間にある「見えざる資産」を活用する (ミシガン大学ビジネススクール) [単行本]

ウェイン ベーカー , Wayne Baker , 中島 豊
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

他者と信頼関係を築き、相互に価値を生み出すネットワーク(ソーシャル・キャピタル)こそ、競争優位の資産となる。

出版社からのコメント

近年「ソーシャル・キャピタル」という耳慣れない言葉が、アメリカのマネジメント誌などで見かけるようになりました。はじめは「社会資本?」と勘違いしていましたが、よく読むとまったく別の概念であることが分かりました。一般にビジネスで成功するためには、思考力、構想力、感性などの能力(スキル)が重要と考えられています。本書では、これらの個々人が持つ能力を「パーソナル・キャピタル」と呼ぶのに対し、他者と協調したり協働したりするための能力を「ソーシャル・キャピタル」と呼んでいます。具体的には、人的ネットワークを構築し、信頼関係を築き、自分の仕事を円滑に進める環境を整える能力資産のことです。では、どのようにすればソーシャル・キャピタルを身につけられるか。本書では、オープンな人的ネットワークを構築すること、人と直に接する「ヒューマン・モーメント」に全力を注ぐこと、見返りを期待しないですすんで他者に援助すること、などを挙げています。どれもこれまで言われてきたことですが、多くの事例や科学的な実証例とともに紹介していることから、本書が説得力をもつ内容となっています。本書はミシガン大学ビジネススクールのマネジメント・シリーズの一冊として刊行されました。同校は全米MBAランキングで上位校の常連として知られ、組織論のC.K.プラハラード、リーダーシップ論のノール・ティシーなどのスター教授が教鞭をとっています。翻訳は同校OBの中島豊さんにお願いいたしました。中島さんは、勤務先のギャップ・ジャパンのスタッフにも協力を得て、素晴らしいチームワークで短期間での翻訳が実現しました。翻訳作業はお互いにサポートし合いながら、質を高めるためにスタッフの皆さんが力を発揮され、まさにソーシャル・キャピタルの実践をみているようでした。すっかり感化された編集担当の私は、現在社内で「ソーシャル・キャピタリスト」を自称し、日々実践しています(つもりです)。皆さんも本書を読んで感化されてはいかがでしょうか。


登録情報

  • 単行本: 313ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2001/08)
  • ISBN-10: 4478373752
  • ISBN-13: 978-4478373750
  • 発売日: 2001/08
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 529,300位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
17 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 個人主義の限界を示唆する本 2004/9/30
By sfpmapo
形式:単行本
ビジネス書でありながら、面白い観点からネットワークを作ることの大切さを説いている本である。個人や会社の利益を第一に考えず他者のために考え行動することにより、結局長期的には自分に利益が来るということを著者はこの本の中で言っている。
閉鎖された群れの中のコミュニティーを持つのではなく、いろいろな人とつき合う中で何かを起こすことの出来るチャンスが生まれる確率が高いという内容も興味深かった。 また、そのようなコミュニティーの拡大が世界を小さくして、いろいろなことを動かすことが出来る中心存在になるという内容は示唆に富んでいた。
また、如何に拡大できるコミュニティーを自分が形成していけるかという方法論や意識を持つことの重要性も説得力があった。TQMを個人のコミュニティー能力を高めるために適用する方法も参考になる。
ただ唯一残念なのが、リーダーが持つべきスキルがコ-チングであると説明が続きエンパワーと突き放すとの両立を出来ることであるとあるのであるが、もうすこしコーチングの説明を深くソーシャルキャピタルと関連付けながら説明をしてくれれば面白い本になっていたはずであろう。
しかしながら、このような本がビジネスの本であるということにビジネスの未来は明るいのではないかと思わせる意義のある本である。
このレビューは参考になりましたか?
27 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 真のネットワークとは? 2001/11/10
形式:単行本
この本は自分のネットワークを見つめなおす機会を与えてくれました。特にネットワークを分析するというのは画期的でした。著者のいうように、見返りを求めずに他人に貢献し、周囲の人々と信頼関係を構築することが人生を豊にするというのは、IT化の進んだ現在の社会へ警鐘のような気がします。ネットや携帯電話は生活を便利にしてくれはしたものの、一方でこれまでの人間関係を希薄にしているような気がしてなりません。不況で先のみえない今、お金や会社での地位や名声といったものではなく、人間関係から得られる資産こそ幸せな人生に必須であるという著者の主張は、すべての日本人が共感できるテーマではないでしょうか。ビジネスにも適用できると思います。営業の仕事をしている友人はこの本に書いてある「ネットワーク」作りを早速実践し、成果を出しているようです。わたしも早速、実践したいと思っています!
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
ソーシャル・キャピタルとは、相互支援のネットワークから得られる資産のことです。具体的には、個人的あるいはビジネスのネットワークを通じて得られる情報やアイデア、ビジネスチャンス、精神的なサポート、善意、信頼、協力などを指します。「見返りを求めずに他人に貢献することで相互支援のネットワークを構築できれば、ビジネスで成功するだけでなく、この世界をよりよい場所に変えていくことができる」というのが著者の主張です。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 相互支援のネットワークの構築 2001/10/11
形式:単行本
ソーシャル・キャピタルとは、相互支援のネットワークから得られる資産のことです。具体的には、個人的あるいはビジネスのネットワークを通じて得られる情報やアイデア、ビジネスチャンス、精神的なサポート、善意、信頼、協力などを指します。「見返りを求めずに他人に貢献することで相互支援のネットワークを構築できれば、ビジネスで成功するだけでなく、この世界をよりよい場所に変えていくことができる」というのが著者の主張です。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa8d092d0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック