通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソロモンの偽証 第I部 事件 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ天国
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆お読みください☆発送はゆうメールとなります。土日祝日は休業日の為、発送を行っておりません。1~2営業日で発送させて頂きます。 ※帯や付属品の欠品、色あせ、キズ、ヨレ、書き込み、ヒビ、よごれ等ある場合がございます。神経質な方は事前に状態確認お願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソロモンの偽証 第I部 事件 単行本 – 2012/8/23

5つ星のうち 4.1 83件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 7

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ソロモンの偽証 第I部 事件
  • +
  • ソロモンの偽証 第II部 決意
  • +
  • ソロモンの偽証 第III部 法廷
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

その法廷は十四歳の死で始まり偽証で完結した。五年ぶりの現代ミステリー巨編! クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。目撃者を名乗る匿名の告発状が、やがて主役に躍り出る。新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者が一人、また一人。気づけば中学校は死を賭けたゲームの盤上にあった。死体は何を仕掛けたのか。真意を知っているのは誰!?

内容(「BOOK」データベースより)

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。彼の死を悼む声は小さかった。けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした―。新たな殺人計画。マスコミの過剰な報道。狂おしい嫉妬による異常行動。そして犠牲者が一人、また一人。学校は汚された。ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。学校に仕掛けられた史上最強のミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 741ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103750103
  • ISBN-13: 978-4103750109
  • 発売日: 2012/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.9 x 14.4 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 83件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,177位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
三部作、それぞれ2000円近くする本。
でも宮部みゆきさんの久しぶりの現代ミステリだし・・・・・・
と思って購入しました。

結果を言うと、早く先が読みたい!
買って損をすることは絶対ない面白さでした。

ある生徒の転落死をきっかけに、
どこにでもあるような公立中学校と、
そこに通うごく普通の生徒たちは、
連続して起きる問題に巻き込まれていきます。

家庭、学校、地域、友人関係、警察、
それぞれの些細な問題と小さな失敗が関連し絡まりあって、
真相の見えない大きな事件に発展していく様子が1巻では描かれています。

3部作の1冊目という事で事件は解決していませんが、
登場人物を大切にした書き方でこのボリュームも納得です。
消化不良ということは全くなくて、
壮大なプロローグのようでした。

他の方も書いていらっしゃいますが、
宮部さんの中学・高校生の書き方がすごく好きです。
大人目線にならず、時代に媚びず、
等身大の心情を丁寧に書く。

彼らの事件がどのように解明されていくのか、
続きが本当に楽しみです。
コメント 116人中90人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本 Amazonで購入
登場人物それぞれの心理描写が繊細である。推理しながら読む楽しみを十分味わった。続編を早く読みたくさせる一冊であった。
コメント 3人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 kei 投稿日 2012/8/27
形式: 単行本
このタイミングで、中学校のいじめがテーマ?

川上未映子の「ヘブン」でめちゃ気分が落ちましたので、読むかどうしようか悩みましたが、
ひさしぶりの現代もののミステリー、やっぱり読みたいなーと。

まだ1巻までなのですが、
741ページ一気読みです。すぐに2巻が読みたいですねー。
ああ、どういう展開になるのか、本当に楽しみです。
(連載のときは読まないようにしていたので……)

筋とは関係ないかもしれないのですが、
宮部さんの作品に出てくる大人の、子どもに対する姿勢がほんとうに好きです。
こういう大人になりたかった。
ほぼほぼ主人公の藤野涼子の父がとくにいいなあ。
涼子さんがファザコンなのはよくわかります。
この涼子さんもとてもよく書けていて、、、

中学校の校長、担任の先生、
しょうもない不良のしょうもない親。

どの人物もああ、こういう人っているいるって思えてしまう。

読んでるうちに、自分の人を見る目が高まったような錯覚に陥ってしまいますね、つい。

なぜこの人はこんなにもたくさんの人を共感をもって描きわけられるんでしょうか。
...続きを読む ›
コメント 75人中53人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 ....... 投稿日 2015/8/25
形式: 単行本
若干ネタバレあります。

いじめで自殺する少年がいる中で学校の印象を良くしようと、自殺少年は勝手に死ね、という印象を残す作品。俗悪です。神原がさっさと大人に話せば、というより、普通話すだろ? 神原が子供裁判ごっこの最後で白状したとたんに「ふざけんな、何のためにこども裁判開いたんだ」と罵声が飛ばないのは普通ではない。なぜに感動のシーンになるのだろうか。タイトルは「最も正しいことをしようとするものが嘘をついている」という意味だそうですが、何が賢者なんでしょうかね。結局は公にするのが目的だったわけで、こども裁判なんか必要無かったというオチでした。タイトルからして、また、中学生が裁判する、というので期待しましたが、ひどすぎる内容とオチでした。
コメント 7人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 2015年(平成27年)2月20日、神奈川県川崎市川崎区多摩川の河川敷で13歳の中学1年生の少年が殺害され、遺体を遺棄された。
 事件から1週間後、少年3名が殺人容疑で逮捕されたが、「3人の供述が食い違い、それぞれ一転、二転している」ということが連日報道されている。誰が嘘をついているのか……偽証しているのは誰なのか……。
 本作品でも、ちょうど加害少年のような不良少年3人組が出てくるせいか、この事件のことが終始頭から離れなかった。

 本作の事件の発端となったのは、柏木卓也の死。
 登場人物は、彼のクラスメイト城東第3中学校2年A組の生徒を中心に教師、両親や兄弟姉妹、警察、報道関係者、近隣住民等々、かなりの人数にのぼるが、一人ひとりの性格、家庭、両親や友人との関係が丁寧に描かれているので、混乱することなく、ストレートに入ってきた。
 読者は、誰もが、作品に出てくる人物の中に、中2の時の自分の姿を投影するのではないだろうか。
 昨年末、司書の友人に「凄く面白いから、是非読んでみて!」と言われながらも、厚い本3冊に尻込みし、一昨日までスルーしていたが、映画公開に向けた宣伝で興味を持ち、読み始めたらページを捲る手が止まらなくなり、昨夜は久しぶりに徹夜。
 第2部「決意」、第3部「法廷」も楽しみです。
...続きを読む ›
コメント 8人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック