通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソロモ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソロモンの偽証 第I部 事件 単行本 – 2012/8/23

80件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 265

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ソロモンの偽証 第I部 事件 + ソロモンの偽証 第II部 決意 + ソロモンの偽証 第III部 法廷
合計価格: ¥ 5,832
ポイントの合計:  177pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容紹介

その法廷は十四歳の死で始まり偽証で完結した。五年ぶりの現代ミステリー巨編! クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。目撃者を名乗る匿名の告発状が、やがて主役に躍り出る。新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者が一人、また一人。気づけば中学校は死を賭けたゲームの盤上にあった。死体は何を仕掛けたのか。真意を知っているのは誰!?

内容(「BOOK」データベースより)

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。彼の死を悼む声は小さかった。けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした―。新たな殺人計画。マスコミの過剰な報道。狂おしい嫉妬による異常行動。そして犠牲者が一人、また一人。学校は汚された。ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。学校に仕掛けられた史上最強のミステリー。

登録情報

  • 単行本: 741ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103750103
  • ISBN-13: 978-4103750109
  • 発売日: 2012/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.9 x 14.4 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (80件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,585位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

107 人中、83人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 re-flec-tion 投稿日 2012/8/30
形式: 単行本
三部作、それぞれ2000円近くする本。
でも宮部みゆきさんの久しぶりの現代ミステリだし・・・・・・
と思って購入しました。

結果を言うと、早く先が読みたい!
買って損をすることは絶対ない面白さでした。

ある生徒の転落死をきっかけに、
どこにでもあるような公立中学校と、
そこに通うごく普通の生徒たちは、
連続して起きる問題に巻き込まれていきます。

家庭、学校、地域、友人関係、警察、
それぞれの些細な問題と小さな失敗が関連し絡まりあって、
真相の見えない大きな事件に発展していく様子が1巻では描かれています。

3部作の1冊目という事で事件は解決していませんが、
登場人物を大切にした書き方でこのボリュームも納得です。
消化不良ということは全くなくて、
壮大なプロローグのようでした。

他の方も書いていらっしゃいますが、
宮部さんの中学・高校生の書き方がすごく好きです。
大人目線にならず、時代に媚びず、
等身大の心情を丁寧に書く。

彼らの事件がどのように解明されていくのか、
続きが本当に楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
67 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kei 投稿日 2012/8/27
形式: 単行本
このタイミングで、中学校のいじめがテーマ?

川上未映子の「ヘブン」でめちゃ気分が落ちましたので、読むかどうしようか悩みましたが、
ひさしぶりの現代もののミステリー、やっぱり読みたいなーと。

まだ1巻までなのですが、
741ページ一気読みです。すぐに2巻が読みたいですねー。
ああ、どういう展開になるのか、本当に楽しみです。
(連載のときは読まないようにしていたので……)

筋とは関係ないかもしれないのですが、
宮部さんの作品に出てくる大人の、子どもに対する姿勢がほんとうに好きです。
こういう大人になりたかった。
ほぼほぼ主人公の藤野涼子の父がとくにいいなあ。
涼子さんがファザコンなのはよくわかります。
この涼子さんもとてもよく書けていて、、、

中学校の校長、担任の先生、
しょうもない不良のしょうもない親。

どの人物もああ、こういう人っているいるって思えてしまう。

読んでるうちに、自分の人を見る目が高まったような錯覚に陥ってしまいますね、つい。

なぜこの人はこんなにもたくさんの人を共感をもって描きわけられるんでしょうか。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
51 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 風花 投稿日 2012/9/3
形式: 単行本
宮部さん、待望の現代ミステリー最新作品です。 親として、どう子供に向き合うか? どういう人間で在りたいか? 作品の中のいろんな家族、出来事を通して考えさせられ、反省もしました。 他の方も書いていらっしゃっいましたが、宮部さん、子供の描写が素晴らしい。ほんとに 圧巻の面白さです。あの厚い本をこの暑さのなか、一気読みですもの。 老眼が、進んだ気がする。 次が楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
52 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Lorene 投稿日 2013/6/22
形式: 単行本
厚さも重さも申し分無いと思い、3部作読みましたが
中学生としてそんなレベル高い台詞言えないでしょ〜と
しらけました。
タイトルもサブタイトルも大げさで、オチは最後の
数十ページであっけなく終わり、今まで重たいのを
我慢して読んでたのはなんだったんだとがっかりしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 遊園地北 投稿日 2013/6/5
形式: 単行本
 宮部ファンですが、今回は、読みながら「私はライトノベルに何を求めているのかな?」と思いました。「これはライトノベルでファンタジーなんだから」と自分に言い聞かせながらも、人物設定や人物描写の雑な感じが、かなり気になりました。

 これまでの作品のなかでキャラ、出尽くしているのに、かなり無理して書いている、あるいはかなり適当に書いているように感じられました。でも、ライトノベルなんだから、と思うとこれはこれでいいわけで、びみょうな気分になります。もしかしたら、ライトノベルには中学生の自殺という素材がそぐわなかったのかもしれません。

 子どもの自殺について、ミステリーで楽しむというのは、辛い。その辛さは、リアルで重い。ライトでもファンタスティックでもない。そのあたりへの感受性の温度差が、本作の評価を分かれさせているのかな、と思います。
 
 で、私は読み切るために、「これは読者に作品とは違うストーリーを思い描かせるための宮部さんの作戦か」と考え、あるいは主たる登場人物が「子どもたち」であることに目をつぶるようにしました。

 宮部さん、疲れちゃってるのかな〜、十分にほんとに書きたい物だけ、もう書いていていい立場だと思うのですけど。出版社さん、宮部さんをもっと大事にしてください。お願いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック