Amazon Kindleでは、 ソラニン(1) (ヤングサンデーコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ソラニ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス) コミック – 2005/12/5


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス) + ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス) + 世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
合計価格: ¥ 1,831
ポイントの合計:  10pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

♪ご覧いただきありがとうございます♪ ☆中古品ですので、焼け・スレ・傷み(破れ・汚れ・折れ痕・書き込み・線引き等)・付属品欠品がある場合があります。ご理解の上お買い求めください。 ☆神経質の方はご遠慮ください。 ☆クロネコヤマトメール便より郵送予定してます。 他にも出品しております。 よろしかったらご覧ください。

登録情報

  • コミック: 204ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/12/5)
  • ISBN-10: 4091533213
  • ISBN-13: 978-4091533210
  • 発売日: 2005/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (81件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

143 人中、131人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 satoshi_K 投稿日 2010/7/19
形式: コミック
映画化もされ、ひとしきり話題性が落ち着いたところで、読んでみた。
酷評が結構多いけど、10年前にも20年前にも、この手の若者自分探し系のマンガはあった。
今と何が違うかと言えば、当時はそういうフワっとした題材をマンガでやること自体に意味があったけど、
今はあらゆるジャンルがマンガになり、さまざま表現が試された。
「今までは文学の分野でしか語られなかったモチーフが、マンガでも語られてる!」
などという言われ方は、もうされない。マンガが評価されるハードルが、飛躍的に上がったのだ。

別に、駄作だとは思わない。自分が10代だったら、きっと大切にする作品だ。
かつて岡崎京子や山本直樹を大切に思ったように。
(誤解を恐れず言えば、このふたりの作品にも、浅はかで磨ききれてないものがいつくもある
しかし20年近く前は、それでも許される空気があった。
マンガという免罪符を掲げれば、今より寛容に、完成度は見逃されていた)

かつ、こういう事情をおいといても、今作で不幸なのは
映画化によってとても広い人の目に触れてしまったことだ。
それで、本来「別に読まなくていい世代」がわざわざ読む羽目になったのだ。
自分もそうだが・・・
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 浮舟 投稿日 2010/8/21
形式: コミック
話題作だから、と夫が買って来たので読みました。

主人公は何か才能があったり、
とりわけ魅力的なキャラというのでもなく
むしろダメダメな突っ込みどころ満載。

芽衣子は2年勤めた会社を”気分”で辞めて、
学生時代からの恋人・種田は
好きなバンドに専念するでもなく
バイトしながら彼女の家に同棲してるヒモ状態。

お金もない、具体的な将来設計もない、
どんな生き方をしていったらいいのか分からない、
そんな不安と迷いを相手に重ねて見て
責めてしまったり、依存したりしてしまう。

「夢や自己実現とは折り合いをつけて
 そこそこの安定を選んで、
 ただ毎日の生活に疲弊している、
 ああいうオトナにはなりたくない」

と、抗っていたのに、
うかうかしていると社会の大きな流れに
自分は取り残されてしまうかもしれない
という不安ばかり大きくなる様子が
ソフトな絵柄からもひしひしと伝わって来る。

好きなことだけやっていたいと思ってきたのに、
「あの時、ああしてたら…こうしてれば?」と
自分が通り過ぎてきた分岐点、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 けい 投稿日 2013/2/22
形式: コミック
たくさんの方がレビューで言うように、これはある特定の年代には堪らない漫画だと思います。

事実わたしも「中学・高校時代に読んでたら、もっと好きになってただろうな」と感じました。

今の自分には理解できないからと否定する気はありませんが、ハッキリ言うと
「青臭くて子供っぽい。大人が見ると恥ずかしくてムズムズする漫画」でしかないです。

いい歳した社会人が「これ面白いよ!感動するよ!」などと周りに吹聴したらかなり痛いことになるな…という感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みき 投稿日 2010/5/7
形式: コミック
この漫画には、悩み、立ち止まり、不安げに目を閉じて、
身を寄せ合う若者達がたくさん出てくる。

超氷河期の就活に挑んでいた学生時代に読んでいたら、
「甘えたこと言ってんじゃねえ」
 と鼻でせせら笑っていたと思う。

しかし今読むと、当時何の迷いもなく現実に立ち向かっていた自分の隣で、
夢と現実の狭間や、人間関係に悩んでいた友人や仲間の顔が浮かぶ。

昔は悩み立ち止まる人たちを、甘ったれの怠け者と切り捨てていた。
でも立ち止まっていた人達はその後、味のある大人に成長した場合も多い。

彼らが立ち止まっている間、何を考え思い感じていたのかが、
丁寧な作画や美しいコマ割りの間から伝わってくる。

感性のままなんとなく生きるなんて今も絶対にできないけれど、
そういう風に生きてる人達だけが感じられる気持ちってのが確かにがある。

かつて同じ場所にいたわけでもないのに、
妙と懐かしい感じのする漫画だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック