Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard ギターエフェクター ProcameraStore インポートブランド腕時計&ジュエリー Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
ワンダ&... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケースに汚れあり。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
買取サービス
最高買取価格

¥ 110
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,669
通常配送無料 詳細
発売元: ★東京電王堂マーケティング部★在庫確実
カートに入れる
¥ 4,670
通常配送無料 詳細
発売元: ONLINE SHOP M-STYLE
カートに入れる
¥ 4,900
通常配送無料 詳細
発売元: ShopTamama@自己発送(月~金のみ)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • ワンダと巨像
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ワンダと巨像

プラットフォーム : PlayStation2
270件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 4,680 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,664 (36%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、com stockが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 4,500より 中古品の出品:48¥ 235より

Amazon ゲーム買取サービス 現在の買取価格:¥ 110
「ワンダと巨像」を、アマゾンが最大¥ 110で買い取ります。 アマゾンで買ったもので無くても、買取申込可能。 1点からでも送料無料で自宅まで集荷にお伺いします。 Amazon ゲーム買取サービスについてもっと見る。
中古価格¥ 235
買取価格¥ 110
差額¥ 125


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ワンダと巨像
  • +
  • ICO PlayStation 2 the Best
総額: ¥10,160
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00064A8G6
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2005/10/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (270件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 4,969位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

Amazonより

動画を 見る


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

69 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヒナコ 投稿日 2006/3/29
グラフィックや音楽の美しさは、他の皆さんが評価されている通り、絶賛に値します。巨像以外にはフィールド上に敵はおらず、することもあまりありません。その辺りのトカゲや鳥、木の実を射落として食べるくらいです。ですから、広大な風景を楽しみながらただ馬を駈る、というのが苦痛に感じる人にはお勧めできません。
操作性に関しては賛否両論のようですが、確かに慣れるまで若干時間のかかる方が多いかもしれません(私もその一人)。しかし、経験を積んでいけばコツは自然と掴めます。個人的に、ワンテンポ遅れるワンダ単体のアクションや、乗馬時の、実際の乗馬と似た操作方法は非常にリアルでよかったです。
巨像との戦いは迫力満点。一体目の時、私は恐怖でしばらく逃げ惑ってしまいました。鳥や犬、龍など様々なタイプの巨像がいて、それぞれ体のどこかに弱点となる文様があります。巨像の攻撃を避けつつ、如何にして弱点まで辿り着くかを自分で考えなければなりません。巨像の行動や周囲の建物をよく観察し、苦労して弱点を見つけた時の嬉しさは半端じゃないです(笑)しかし、悲鳴を上げて倒れていく巨像を見ると、なんとも切ない気持ちになります…演出がとっても良いです。
全体を通して、叙事詩的で寡黙な作品です。物語の背景は必要最低限しか説明されていませんし、登場人物の喜怒哀楽もかなり抑えてあります。しかしその分、色々想像でき
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
119 人中、107人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆーこ! 投稿日 2005/11/4
私はICOをプレイしている間、「この人の手を離さない」と固く誓いました。それは「離せばゲームオーバーになる」なんて理由からではなく、大切な物を失ってしまう恐怖からです。
そしてワンダでは「この像の毛を離さない」と心から思いました。それは「離せばゲームオーバーになる」なんて理由からではなく、落ちれば踏み潰されるという恐怖からです。
二つの作品は世界がつながっているらしく類似点こそ数多くありましたが、ICOの甘酸っぱい物語に魅せられた方はワンダと巨像を味気なく感じるかも知れません。
なぜならワンダにはICOのように目に見えて頼ってくれるパートナーもいませんし、正しいのかどうかも分からない、大義名分も憎しみも何もない、哀しい戦いを繰り広げるのがメインのゲームだからです。
そしてワンダとICOを比べるのはナンセンス。
両者とも優劣付けがたい魅力があり、独特の雰囲気を味わいたい人ならば必ず触れたくなる作品です。ただし、ひとつだけ同じと考えていいのは2作に共通する「臨場感」です。存在感ともいうのでしょうが、お城にしろ古の地にしろ本当にそこに存在しているかのように感じますし、
イコもワンダも生きているような動きをします。
あらゆる意味で甘さが抜けたキュッと引き締まったこの作品。
最後まで自分の手でクリアすることができたなら、その後売ってしまおうが引き出しの奥にしまってしまおうが、一体一体の巨像との戦いは印象深く残るでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2006/7/13
このゲームはワンダという主人公が一人の女の子を生き返らせるために古の巨像たちを倒していくというゲームです。

とにかくICOのチームだけあって、空気で物語を語る技術はすごいの一言です。一体目の巨像と始めて対峙したときの衝撃と光景はまるで名画を見たときのよう。

巨像には倒すための弱点があるのですが必ずしもすぐ見つかるわけではありません。

というより見つからないうちは巨大すぎる相手の前にあまりにも無力です。しかし弱点を見つけたとき、形勢が逆転したとわかるように、とてもかっこいい音楽が流れ演出してくれます。

それのタイミングがとても絶妙。雰囲気そのものが快感になります。

少し気になるのがカメラワーク。やはり巨像の行動を見せたいのか、主人公の移動中でもたまに巨像視点になるので動きにくいことがしばしばです。

また、操作性の悪さを指摘する声もありましたが、私はありだと思います。不自由なおかげで重力に縛られた人間の無力さ、不自由さ、大胆さがうまく表現されていると思います。

主人公が人間離れした軽快な動きで巨像を登って倒してもゲームの中のリアルは薄れてしまいますしね。

基本的に巨像のみのゲームなのでICO同様やりこみ性は薄いで
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 やうやく VINE メンバー 投稿日 2007/2/28
巨像に初めてあった第一印象は

(゚Д゚ ) デカッ! マジでデカッ!

ファイナルファンタジーとかでも鉄巨人などが出てきますが、それの比じゃない大きさ。動き方といい、圧倒的な存在感があります。たしかにそこに存在している。ハリボテじゃなくて、ちゃんと重量感が感じられるわけです。

その巨像がでっかい棒のようなものを振りかざして襲ってくるわけですが、アクションゲームをやっていて「あ〜死んじゃう。死んじゃう」という恐怖感を味わったのは久しぶり。「やられちゃう」じゃなくて、「死んじゃう」です。ゲームなんだけど、とってもリアルかつ臨場的。

巨像の主成分は岩ですが、行動や主人公がしがみついたときのリアクションなどがとっても生き物(人間or動物)ぽい。なので、倒したあとはスゴイ罪悪感に襲われます。

自分の目的は、死んでしまった女の子の魂を呼び戻すこと。「人間は魂が離れてしまったら、諦めるのが掟ではないのか?」と禁断の地の声がゲームの初めでいいますが、まさにその通り。主人公の目的は、人外の道というか許されるものではないわけですね。そのうえ、自分の知り合いを生き返らせるために、他のもの(巨像)を犠牲にする事を厭わない。なんて罪深い行為なんだと。

そんな人道はずれた行為の果て
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー