【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン ... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598

5つ星のうち 4.7 137件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 25,134 通常配送無料 詳細
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでSIMカード割引 2 件

在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:5¥ 20,980より
  • 「音質、デザイン、装着感」3拍子が揃った実力モデル。軽やかな抜け感としなやかな重厚さを兼ね備えたサウンド。技術の積み重ねと新たな素材との融合、厚みを感じさせるサウンドとの調和が絶妙のバランスを持ったホームリスニングに最適な高音質オープン型ヘッドホン。
  • 型式 : ダイナミック・オープン型
  • 周波数特性 : 12~38,500Hz、インピーダンス : 50Ω、音圧レベル : 112dB
  • 接続ケーブル : ケーブル長3.0m(片だし)、ケーブル着脱可能、 6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型) 、付属品 : 3.5mm変換アダプター
  • 質量 : 約246g(ケーブル重量除く)


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


よく一緒に購入されている商品

  • 【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598
  • +
  • audio-technica ヘッドホンハンガー AT-HPH300
総額: ¥27,074
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • オープンエア―の醍醐味を満喫できる、抜群の安定感。ケーブル着脱可能なオープン型ヘッドフォンです。
  • メーカー型番 : HD598
  • 型式 : ダイナミック・オープン型
  • 本体重量 : 約246g
  • 保証期間 : 2年
詳しい仕様を見る

商品の情報

詳細情報
音声感度112 db
バッテリー要/不要いいえ
型式ダイナミック・開放型
ケーブルの長さ3 m
ヘッドホンジャック6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型) / 3.5mm変換アダプター付属
周波数応答曲線12~38,500Hz
インピーダンス (Ω)50 ohm
形状ヘッドホン ヘッドバンド
  
登録情報
商品パッケージの寸法10 x 24 x 20.5 cm ; 272 g
発送重量599 g
メーカー型番HD 598
ASINB0042A8CW2
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2010/10/28
おすすめ度 5つ星のうち 4.7 137件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 2,191位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
保証: メーカー保証:2年

返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

ゼンハイザー定番のホームリスニングに最適なオープン型高音質ヘッドフォン。新開発のAdvanced Duofolダイヤフラム採用で、オープンエア―の醍醐味を満喫でき、抜群の安定感を誇ります。ケーブルの着脱も可能。

耳にやさしく自然に近い高音域をもち、演奏のキレをビシッと引き出す。不必要に主張せず、輪郭がくっきりとシャープで制動力、反応も素早く、艶のある音質。装着感もやわらかな厚みのあるヘッドバンドを配置。側圧のバランスも良く、抜群の安定感を誇る。個性的なデザインと他にはない色使いはHD598ならではの魅力。

Amazonより


創立70周年を迎えたゼンハイザー(SENNHEISER)



1945年にフリッツ・ゼンハイザー博士(Dr. Fritz Sennheiser)によりドイツで創業したゼンハイザー。マイクロホンは世界中の名だたるミュージシャン、コンサートホール、オペラハウス、劇場、放送局など、もっとも音にこだわりを持つシーンで使用され続けてきた。ヘッドホンでは、1968年に世界初のオープン型ヘッドホンHD414を開発。それまで業務用だったヘッドホンを、多くの人たちが楽しめるものに変えた。発売から25年以上も愛用されているHD 25や、発売までの構想だけで14年の歳月を要した現在のフラッグシップヘッドホンHD 800など、こだわり抜いた製品開発が特徴でもある。音の入口であるマイクロホン、音の出口であるヘッドホン。ヘッドホン、マイクロホンとも究極にまで音にこだわる人たちから支持され続けている世界的ブランド。

ゼンハイザー(SENNHEISER)ブランドストア へ


メーカーより

HD700 HD650 HD598 HD558 HD518
周波数特性 15 ~ 40,000Hz (-3dB) / 8 ~ 44,000Hz (-10dB) 10~39,500Hz 12~38,500Hz 15~28,000Hz 14~26,000Hz
インピーダンス 150Ω 300Ω 50Ω 50Ω 50Ω
本体重量 約292g(ケーブル重量除く) 約260g 約246g 約224g 約240g
感度 105dB 103dB 112dB 112dB 108dB
ケーブル形状 両だし、3m、着脱可能 両だし、3m、着脱可能 片だし、3m、着脱可能 片だし、3m、着脱可能 片だし、3m、着脱可能
プラグ形状 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
​​​​購入から2ヶ月弱使用した感想です。

音質はフラットで、解像度が高く、クリアです。低域から高域までバランス良く、豊かな音で鳴らしますが、高域の耳に刺さる感じはほとんど感じません。分離感が高く、高い解像度も手伝って、曲に含まれる微細な音までしっかり聞き取れて、それぞれの音が個性を持って生き生きと鳴り、こちらを楽しませてくれますし、自然に広がる音がとても心地よいです。

この機種はヴォーカルと伴奏の音量バランスが絶妙で、ただ伴奏と分離しているだけじゃなく、「しっかりとヴォーカルにフォーカスされた音」が聴けます。伴奏がドンドンチャンチャンうるさいのではなく、あくまでメインにヴォーカルがしっかりと立ちます。それでいて伴奏の各楽器の音色を楽しむことも出来ます。

同価格帯のヘッドホンはあらかた試聴しましたが、解像度、耳への刺さりの少なさ、着用感、見た目の良さ、全てが最も高い領域で揃っているこれに決めました。3万円以下で手に入り、再生にアンプを必要としないヘッドホンの中では最高峰の製品だと思います。

HD598は側圧がとても優しく、そして軽いです。イヤーパッドはベロア生地で肌触りが良く、優しい着用感と音は、いつまでも音を聴いていたい気持ちにさせてくれます。

側圧が強すぎたり、重かった
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
音も良く、付けていて疲れないヘッドホンで大変満足です。

不満な点は、ケーブルの位置が非常に気になりました。
ケーブル自体の質が良いと言えず
少し硬く癖があり邪魔な位置にケーブルが垂れてきます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 GTX 投稿日 2015/7/1
Amazonで購入
開放型だけど低音はしっかり出てる。音場は広くない。音質は全体的に明るくて軽め、解像度もそれなりにある。だが、感動する程良いのではなく、あくまでミドルクラスレベル(価格並み)なので過度な期待は禁物。私はこのHD598で、更に上ヘッドホンはどんな音を奏でるのだろうとスパイラルにハマった。アンプで味付けを楽しめるが、あくまで味付け程度。
デザインは写真より高級感があり気に入っている。付け心地は最高で、ヘッドホンとしてこれだけでも価値があると思う。音質星3つ、デザインと装着感が星5つ、総合的な満足度として星4つにした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 London 投稿日 2014/6/9
購入時はSONYさんのMR1と比較しました。
こちらは開放型ですし、比較の意図としては質の比較ではなく
どちらも欲しいヘッドホンという意味合いです。

手持ちのサ行が刺さりやすい曲の印象ですと
高音のササり具合は同じぐらいでした。
評判通りで、どちらも大丈夫でした。

MR1のような密閉型は、やはりインパクトはあるわけで
ポップス系の視聴時は、これだ! 思うほどでしたが
結局、値段は高くとも総合力でHD598を選びました。

具体的には合唱曲、オーケストラでの音場といいますか
広がりがHD598は素晴らしく
自分にとっての先代であるbeyerdynamicのDT 990 PROでもそうでしたが、さすがという印象です。

DT 990 PROは、強烈にサ行が刺さって厳しかったのですが
HD598は音の広がり自体は、僅かに劣るかなという印象ですが
バランスが最高で、まろやかで上品です。
"女性ボーカルの艶"という表現があると思うのですが
それは、こういう違いの事かと実感できました。

10万円以上のヘッドホンを知らない私にとっては
これまでで最高の出会いになりまして
当分、これでヘッドホンを買わずに済みそうです。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
掛け心地はHD595と全く同じで、見た目の違いは言うまでもないので
音質の違いを述べたいと思います。

自分は今もなおHD595の音が好きでHD598は使っていないのですが
どちらのヘッドフォンも良い点があるので少しだけ比較したいと思います
HD595に比べてHD598は
低域から高域まで音が締まっていて、現代的な音がします
HD595では全体的に音がゆるい感じですが(音が柔らかい)
このHD598は音が締まっていて音の形がよりハッキリしています。
HD598はどんな音楽でもこなしている感じで、明るく弾み、HD595に比べて元気が増した感じです。
HD595とHD598、どちらが良いかは音の好みや普段聴く音楽にもよると思いますが
より音の柔らかい方を好むならHD595、よりクッキリはっきりしてる方を好むならHD598の方がいいと思います。
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー