Amazon Kindleでは、 ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
 
 
1分以内にKindleで ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく [単行本(ソフトカバー)]

堀江 貴文
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (300件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,512 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 896  
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,512  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

動画を見る



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく + 刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話 + ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた  そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)
合計価格: ¥ 4,212

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。
失敗しても、またゼロに戻るだけだ。
決してマイナスにはならない。
だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?
ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

【本書の主な目次】
第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない
おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2013/11/1)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4478025800
  • ISBN-13: 978-4478025802
  • 発売日: 2013/11/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (300件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 229位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
388 人中、316人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 前向きになれる一冊 2013/11/3
By hanmoc
形式:単行本(ソフトカバー)
発売前からネット上で話題になっていた本。
かつて時代の寵児と言われながら、刑務所暮らしを経て今出所した堀江氏が、今何を思っているのか。
読みやすく、一日で読み終えることができた。

本書を一言でいうならば、「堀江貴文という人間のリアルな自叙伝」である。
彼の育ってきた(必ずしも恵まれていたとはいえない)家庭環境や、とある先生との出会いをきっかけに、自分の生きる道を切り拓いていく過程など、彼が何を思って生きてきたのか、リアルに、淡々と描写されている。

読み終えて感じたのは、堀江氏は不器用で寂しがり屋な、尋常でない努力家ということだ。
しかし単なる根性屋というわけではなく、努力を続けるためのプロセスを自身で考案するなど
頭を使って工夫しているところも随所に見られる。彼のやり方を100%真似るのは非現実的だとしても、「努力の仕方」のエッセンスは我々でも大いに参考になると思った。

堀江氏は出版に際し、「やりたいことに向かって貪欲に挑戦している人は少なく感じる。そういう"ふつうの人たち"の背中を押してあげられるような本をつくりたい」と言っている。
そういった「一歩背中を押して欲しい」「きっかけをつかめない」人にとっても大きな勇気をもらえる本であることは間違いない。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 ギャップを感じます。 2014/4/7
形式:単行本(ソフトカバー)
この本を読んで、ご本人の講演会に行ってきました。
書かれている事と本人が話している、やっている事は全く違うなと感じました。
一貫性が無いのが残念です!
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazon.co.jpで購入済み
何人かに勧められて読んでみた。聞き書きの形にしてるだけあってサラサラとアッと言う間に読める。
この著者の他作は読んだことがないので以前がどんだけ俺様な感じだったのかはわからないけれど、過去のこともずいぶん素直に書いてあって好印象を持った。
前半は面白く読んだが、後半になるとがぜん自己啓発書っぽくなって食傷気味。本文の読ませたいフレーズを太字ゴシックにするのもたしか後半になると連発されてて、いかにも「ビジネス書」然。まぁでもこういうのが好きな人にはいいんでしょう。。。
このレビューは参考になりましたか?
244 人中、175人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By ヒロ
形式:単行本(ソフトカバー)
さて堀江貴文氏と言うと多くの方がどう思っているだろう
大体は

地方の秀才が東大に入学、上京
生意気にも「大学なんて行ってられねえ」と起業し
金儲けに邁進、成功し
不届きにもプロ野球の球団買収
放送局買収を画策し失敗
金で何でもできると思いあがり
足元をすくわれ失敗
静かに反省すればいいものを
性懲りもなくまだ出張ろうとしている

てな感じだろうか?
私の知っている人に聞いた内容を書き連ねるとこんな感じ
ほとんどの人からいい印象がない
この本はこういう人にこそ読んでもらいたい

私の場合は違う印象だったが・・・
そもそも知ったのは球団買収の時
「あれ?ライブドアってプロバイダーじゃなかったの??」
「こんな若い社長なんだ?」
というとこから

なぜかこの社長
嫌われる
確かにいう事が時として投げやりにも聞こえる
「そんな事も分からないの?説明なんかしてられねえよ」てな感じに受け取られかねない

私は別に嫌いではなかった
改革者だから期待していたというわけではない
意見を色々見て
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
567 人中、403人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 もはや「堀江貴文 著」ではない 2013/11/25
形式:単行本(ソフトカバー)
文章は極めて読みやすかったし、内容もリテラシーの低い若者には刺さるんじゃないだろうか。

けれど、ここまで饒舌かつ計算づくだと、個人的にはもはや「堀江貴文 著」じゃないと思う。
ホリエモン以外の人間がホリエモンの代理で書いている感――
言うなれば「小賢しさ」がにじみすぎていて、気持ち悪い。

有名な事実だが、本書の制作には
ビジネス書界隈で名の通った編集者やライターがチームを組んで関わっている。

その彼らがホリエモンという題材を使い、
いかにも若者に同情してもらえそうな過去への言い訳や
大人から見ても角が立たなそうなロジックを考えているというか。

本書は自叙伝的な体裁をとっているけれど、これもライターさん一流の職人芸。
実質的には制作チームが仕上げたホリエモン研究本であり、ヨイショ本だ。

食品の産地偽装みたいに、この場合は書籍の「著者偽装」が問題にならないのだろうか。
そんなことさえ思ってしまった。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 読みやすかった
なにもない自分に小さないちを足してゆく この言葉に元気づけられました。文章も読みやすく、一気に読み終えてしまいました。
投稿日: 2日前 投稿者: 覚田 純子
5つ星のうち 5.0 堀江氏の想い
私には、夢がある。

こうなりたい!と、想いが強ければ立派だ。
たぶん、そういう人が本書を読む必要性は薄い。... 続きを読む
投稿日: 5日前 投稿者: ちゃりん
5つ星のうち 3.0 鳶が生んだ鷹の孤独
感情を排して合理性だけをやたらせっかちに求め全力で走り全力で転んだホリエモンが堀江貴文となり、あの頃は絶対に語りたがらなかった生い立ちやコンプレックスを、呆気にと... 続きを読む
投稿日: 9日前 投稿者: ポンタ
5つ星のうち 4.0 見ても見なくても知ってた感じ
これを読んで、改めて堀江さんはこういう人だったんだ!
とは思いませんでしたね。想定内です。... 続きを読む
投稿日: 10日前 投稿者: 菊地 徳倫
5つ星のうち 5.0 大変、元気をいただきました。
非常にインサイドを書いた含蓄のあるお話で、大変面白く元気をいただきました。飾らない本当の自分を曝け出すのは勇気がいることですが、私も遅れ馳せながらゼロにイチを足し... 続きを読む
投稿日: 12日前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 4.0 ほりえもんの今後の活躍は注目。
ゼロになる、大切なんだなー。今の生活でゼロになれない自分。1が足せない生活。
投稿日: 13日前 投稿者: 上野 喜政
5つ星のうち 5.0 心に刺さる
ホリエモンのこと好きになりそうでした。私も1からコツコツと頑張っていこうって気にさせられました。感謝。
投稿日: 14日前 投稿者: schnappi
5つ星のうち 5.0 堀江貴文の根本の考え方
堀江貴文といえば、ライブドアの快進撃や、それに伴うテレビ出演や郵政選挙での出馬という光の道を歩みながら、その途中で、刑事告訴をうけ、手塩にかけて育てたライブドアも... 続きを読む
投稿日: 15日前 投稿者: らぴゅた
5つ星のうち 5.0 堀江さんをキライな人にも、好きな人にも、無関心な人にも
私はもともと、「ホリエモン」には無関心、またはちょっと苦手な印象を持っていました。拝金主義はのイメージや実刑判決を受けたから、ということではなく、起業家、実業家、... 続きを読む
投稿日: 15日前 投稿者: ひびかなた
5つ星のうち 3.0 なかなかためになった。
仕事への考え方や、思考停止になることの危うさは参考になった。
投稿日: 18日前 投稿者: 斉藤 洋貴
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xb2139cb4)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック