Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard summer_Bike ギターエフェクター ProcameraStore インポートブランド腕時計&ジュエリー Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
スーパ&... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯つき。コンディション(新品、ほぼ新品、非常に良い、良い、可)はAmazonのガイドラインを基準にしています。中古のため多少の汚れ・小キズなどがあります。Amazon小田原より迅速に発送します。
買取サービス
最高買取価格

¥ 1,056
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スーパーカー誕生 単行本 – 2008/10/23

14件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,980
¥ 4,980 ¥ 3,700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スーパーカー誕生
  • +
  • 午前零時の自動車評論2
  • +
  • 午前零時の自動車評論
総額: ¥8,220
選択された商品をまとめて購入



登録情報

  • 単行本: 825ページ
  • 出版社: 文踊社 (2008/10/23)
  • ISBN-10: 4904076087
  • ISBN-13: 978-4904076088
  • 発売日: 2008/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 365,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

29 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 犬と猫とネズミ 投稿日 2008/12/1
形式: 単行本
福野礼一郎さんの本が好きな方の中でも、更にディープな方にピッタリです。
私は何回読んでも楽しめますし、書いてあることを図にしてまとめてみたい、なんて想像してしまいました。
「スーパーカーを語るときにこういう視点で見ると、見えるものが違いますよ」という提案にもなっています。しかも、著者自身の足でかせいだ情報が多く、お金払う価値ありです。
でも「ちょっと車好き」くらいの方は、読むの苦痛だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 民芸品太郎 投稿日 2008/11/8
形式: 単行本
書店で、手に取った時は、さすがの分厚さに少々驚きましたが、スーパーカー世代としてはつい・・・。車雑誌を読む方には、おなじみの著者ですが、本書は単なる解説本ではなく、巻末の解説にも書かれていますが、まさに物語です。改めて時代に輝いてきた車達や、人々の物語です。ご贔屓のスーパーカー達を著者が例の「沢村モノサシ」で眺めてゆく、その物語の渦に引き込まれていく感覚は、まったくジャンルは違いますが、初期の夢枕獏や菊池秀行のSF小説のようであり、次項次項と勢いで読み進んでしまいました。車が好きならば、スーパーカーが好きならば、是非ご一読をお勧めします。
物語を楽しむのもよし、「沢村モノサシ」と「読者モノサシ」を本書の上で含蓄を戦わせながら読むのも楽しいかと思います。
いや〜よかった。通勤のお供に一週間かかりました。読むのに・・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ごろなご 投稿日 2011/6/21
形式: 単行本
すでに的確なレビューが多数あるのだが…、
スーパー(いろいろな意味で超越的)なクルマを知りたい人向けの書物であること。
そのクルマが生まれるにあたって、取り巻く環境、モチベーション、アイデア、
テクノロジー、そしてビジネスが語られる。
これは哲学を内包したクルマの歴史であり、物語なのである。
読みごたえは充分、読み手を飽きさせないし、愉悦の境地に誘ってくれる。
クルマ好きを自認するなら、ぜひ手に入れておこう。
ただ、やれ何馬力だ、最高速度は何キロ出るという尺度しか持たない人にはオススメしない。
そういう御仁には面白くも何ともないだろうし、だいいち理解不能だろうから。
この本は自動車マニアのためのものではなく、教養書なのだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 IKUOALEX 投稿日 2012/10/7
形式: 単行本 Amazonで購入
今までの日本の自動車ヒョータクレどのもレベルとは一線を画す評論家の登場と感じた。
著者は設計者のパオロ・スタンツァーニに直接会ってインタビューしている。「カウンタックのあの設計ではリヤセクションの重心が高くなりすぎて問題ではないか・・・・」スタンツァーニはムッとしながら言い訳がましい例え話をした・・・とのこと。実に真のジャーナリストだ。取材相手を怒らせることも恐れない。日本にはどの分野でも提灯持ち的エセジャーナリストしかいないと思っていたが、ここに真のジャーナリストを見た。うれしい。
非常に厚い本だが一気に読めた。服の礼一郎より深い。
ぜひ一度読むべし。実に面白い。自動車の設計を超えてその背景にある歴史や文化についても深く理解できたような気がした。あるいは理解できないまでも考えるきっかけになった。
彼は自動車評論もしている。現在の日本の自動車評論のあり方をひどく軽蔑している。同感だ。
設計や機構に対する理解、文化的社会的背景を理解した上でそれをしっかり明確に書かなければ「小学生の感想文」になってしまうと彼はいう。
まったくそのとおりだ。ドイツ車最高という権威主義的大前提(根拠を明示しないという意味、ドイツ車はいいことは真実だと思うが)の上で、いんちきくさいカタカナ英語をならべ、その根拠が印象だの感覚だののオカルトレベル。小
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 一馬 投稿日 2008/11/12
形式: 単行本
ミッドシップスーパーカーの創成期より現代まで、メーカー・国を問わず
初めてその誕生から変換を網羅した書籍。
机上の研究だけに留まらず、著者がイタリアまで飛び
実際に当時のエンジニアにインタビュウし書き上げた、
後世に残るであろう日本初のスーパーカー研究書。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 akaguma 投稿日 2011/2/22
形式: 単行本 Amazonで購入
初版を本屋で見たとき、もう少ししてから買おうと思っていたら、あっという間に品切れに。それで、重版されたので購入。勿体無いので少しずつ読んで、最近読み終わった。

この本は、幾つかの側面をもっている。

まず、スーパーカーと呼ばれるクルマの、技術的な特徴(よい部分も悪い部分もある)が、何故設計に織り込まれたか、という点を、解明している。「何故」の部分を解明した研究書と言ってもいい。

一方で、スーパーカーというものを定義づけ、時代背景を説明し、さらには他の車種との関連まで触れている。スーパーカー大河ドラマと行った物語的な部分もある。

さらに、人にも触れていて、幾度と無くスーパーカー開発に登場する技師など、人間ドラマ的側面もある。

これらが、欧米系の資料の翻訳でなく、著者自信の取材を軸に語られるところが、この本の真価だと思う。

もちろん、技術的にはさらっと高度なことも書かれているが、これは読む人のレベルに応じて、たとえばネットで画像や資料を参照しながら読むとか、本気でならば参考書をあたりながら読むと、いくらでも深みにはまれる。

多少なりともクルマに興味がある人であれば、この本に5000円を支払っても損は無いだろうと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック