数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

スパイ・コード 殺しのナンバー [Blu-ray]


参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,854 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,222 (24%)
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,854より 中古品の出品:4¥ 2,631より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

スパイ・コード 殺しのナンバー [Blu-ray] + ローン・レンジャー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
合計価格: ¥ 6,958

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョン・キューザック, マリン・アッカーマン, リーアム・カニンガム
  • 監督: カスパー・バーフォード
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • DVD発売日: 2014/01/10
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00FQHLGEQ
  • EAN: 4988064740451
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 58,723位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

世界中のCIA工作員に暗殺指令を発信する《乱数放送局》の暗号解読に挑むスパイ・サスペンス・アクション!

『明朝までに15人の要人を暗殺セヨ。』70年間難攻不落の《乱数放送局》(ルビ:ナンバーズ・ステーション)から発信されたニセの暗殺指令。
CIAのベテラン暗殺エージェントと暗号作成のスペシャリストはテロリストに応戦しながら暗号解読に挑む!!

CIAのベテラン暗殺エージェント エマーソンはターゲットとなった少女を殺すことができず、
イギリス東部にあるナンバーズ・ステーション(乱数放送局)に左遷される。
旧アメリカ軍基地であるナンバーズ・ステーションは70年間破られること無く、各国の工作員に暗殺指令を発信していた。
彼の任務は、暗号作成のスペシャリスト キャサリンの護衛と局の安全を守ることだった。
ある日、いつものように局を訪れた二人をテロリストが襲撃する。
エマーソンは局内のテロリストを一掃するが、すでにニセの暗殺指令が世界中に発信されてしまっていた。
そして、テロリストの増援部隊が正面ゲートをこじ開け始める。
孤立無援となったエマーソンはCIA本部に救援を要請するが、本部からの指令は被害拡大の防止策《キャサリンの消去》だった・・・。
果たしてエマーソンとキャサリンは暗号を解読し、テロリストの包囲網を脱出できるのか──?

[収録内容]
Disc-1
本編 89分 特典映像 未定 / 片面1層 MPEG-4-AVC / COLOR / 16:9(1.85:1) 1080p High Definition 一部特典4:3

内容(「Oricon」データベースより)

『明朝までに15人の要人を暗殺セヨ。』世界中のCIA工作員に暗殺指令を発信する《乱数放送局》の暗号解読に挑むスパイ・サスペンス・アクション!Blu-ray版。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アイク トップ500レビュアー 投稿日 2013/10/13
諜報機関のエージェント、エマーソン(ジョン・キューザック)はある”Dirty Job(汚れ仕事)”でミスを犯し、イギリスの片田舎にトバされます。
与えられた任務はこの僻地にあるNumbers Station(乱数放送施設)で暗号コードを作成し放送する女性担当者キャサリン(マーリン・アッカーマン)の警護。
仕事は別のチームとの2交代制で必要に応じて世界の何処かでミッションに赴くエージェントたちに暗号指令を短波放送を通じて送信するというもの。
時間が止まったかのような片田舎で淡々とした日々が過ぎて行きますがエマーソンは犯したミスが引き金となった罪悪感に苛まれており、明るく接してくるキャサリンとも打解けられずにおります。
そんなある朝、シフトの交代で基地局に着いたエマーソンとキャサリンを何者かの銃弾が襲います。
どうにか局内に逃げ込んでドアをロックした二人は何者かが局に侵入し偽の放送を流したことを知ります。
その暗号の内容を解析し、取り消すための新たなコードを作成できるのはキャサリン唯一人。
迫りくる敵を前にしてエマーソンは本部に救援を求めるのですがそこで本部から彼にある指令が与えられ…。

本作、アメリカ映画ではなくヨーロッパ資本で監督はデンマーク人、舞台はイギリスの片田舎ということでアメリカでは
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2014/11/18
最近はジョンキューザック主演の映画がやたらと多いですね。
しかもなんとなく「面白いかも・・・」って感じさせるのは共通しています。

世界中を飛び回り暗殺しまくってた男が、ある空間に閉じ込められてしまう。
そこがちょっと一風変わっていてスケール感が非常に小さい不思議な作品です。

男と女の二人芝居のような様相を呈してきますが、そこにあまり深みありません。
マリンアッカーマンだからなんとか耐えられるといいますか・・・

期待をさせるタイトルほど面白味はありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 ベニー 投稿日 2014/9/27
ファンではないけど、ジョン・キューザックの作品を3作立て続けに鑑賞。
その中ではこの作品が1番良かった。
ジャケットの写真を見るとアクション満載の映画かと思うけど、実際は地味な感じの作品。
ほとんどがナンバーズ・ステーションという場所でのシーンで出演者も少ないけど、自分は飽きずに観れた。
上映時間も短く、主演の二人も魅力的なので楽しめると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック