Amazon買取
最高買取価格

¥ 590
こちらもどうぞ
カートに入れる
¥ 6,276
通常配送無料 詳細
発売元: ☆☆でじた屋☆☆  【ご注意を!プレミアム商品を扱っております。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]


価格: ¥ 6,276 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、杜若堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【20世紀FOXストア】 『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 「スター・ウォーズ」関連商品をまとめてチェック。人気キャラクターストアでは、各種グッズが勢ぞろい。


よく一緒に購入されている商品

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD] + スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ [Blu-ray]
合計価格: ¥ 7,658

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: トム・ケイン, 岩崎ひろし, 森川智之, 羽佐間道夫, 浪川大輔
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • DVD発売日: 2005/05/27
  • 時間: 70 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (36件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0008EMLFK
  • EAN: 4988142290724
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 28,203位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

エミー賞に輝くアニメーション・シリーズ、待望の初DVD化! 「エピソード3/シスの復讐」へ繋がる壮大なるストーリー

<キャスト&スタッフ>
C-3PO…アンソニー・ダニエルズ(岩崎ひろし)
オビ=ワン・ケノービ…ジェイムズ・アーノルド・テイラー(森川智之)
ドゥークー伯爵…コリー・バートン(羽佐間道夫)
アナキン・スカイウォーカー…マット・ルーカス(浪川大輔)
ヨーダ…トム・ケイン(永井一郎)
アサージ・ベントレス…グレイ・デライル(磯辺万沙子)

監督・製作:ゲンディ・タルタコフスキー
原作:ジョージ・ルーカス

●字幕翻訳:林 完治 ●吹替翻訳:平田勝茂

<ストーリー>
【1話約3分×20話入り】
時は実写映画「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」から4カ月後。分離主義勢力のリーダー、邪悪なドゥークー伯爵との戦い「クローン戦争」が、銀河をよぎる炎のように共和国中に広がってきた。ジェダイ騎士団は新しく形成された共和国軍を率いる役割を担うことになり、アナキン・スカイウォーカーは将軍オビ=ワン・ケノービのもと、前線で指揮官として戦うことになる。一方、ドゥークー伯爵は、ジオノーシスの戦いの後、内乱で荒廃した惑星で謎の女戦士アサージ・ベントレスを見出す。アサージは2本の赤い光刃のライトセーバーを巧みに使い、分離主義勢力のなかで頭角を現わすのである。共和国のジェダイ騎士団率いるクローン軍と分離主義勢力の壮絶な戦いは、いかなる局面を迎えるのか……。

<ポイント>
●2005年公開「エピソード3」への橋渡しとなる壮大なストーリー!
●カートゥーン・ネットワークとルーカスフィルム社が一大プロジェクトとして世に贈り出す傑作!
●第56回(2004年)エミー賞受賞!
●謎の女戦士「アサージ・ベントレス」や、バウンティハンターの「ダージ」など個性あふれる新キャラクターが登場!

<特典>
●「エピソード3」へのプロローグ
――ジョージ・ルーカスとゲンディ・タルタコフスキー監督の新しいインタビューや「スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME TWO」のU.S.版映像を収録した独占映像!
●製作の舞台裏
・メイキング
・スティル・ギャラリー
(1)スケッチ&ストーリーボード集
(2)ポスター&アートワーク集
●音声解説:2種(監督/HYPERSPACE)
●「エピソード3」先行予告編
●『スター・ウォーズ エピソードIII』ゲーム予告編
●STAR WARS REPUBLIC COMMANDOゲーム予告編
●STAR WARS REPUBLIC COMMANDO XBOX体験版 ※U.S.版(英語)のデモとなります。

Amazonレビュー

   断言しよう。本作『クローン大戦』は、超正統派の『スター・ウォーズ』作品である。アニメ・シリーズとはいえ、『エピソード2 クローンの攻撃』と『エピソード3 シスの復讐』の間に起こった出来事を扱っているのだ。前述の2本の劇場用映画がクローン戦争の始まりと終わりを語っているのに対し、本作『クローン大戦』は実際の戦闘や英雄たちの伝説的な活躍ぶりを描いている。ただ、人間描写については過大な期待をしないこと。各エピソードはセリフよりも激しいアクションを中心とした展開となっているからだ(『スター・ウォーズ』シリーズのセリフのまずさを考えれば、これはまんざら悪い方向性でもない)。オビ=ワン・ケノービ、ヨーダ、メイス・ウィンドゥを始めとするおなじみの顔ぶれが闘いを繰り広げる一方、ARCトルーパー(精鋭のクローン・トルーパー)や新顔のジェダイ(ルミナーラ・アンドゥリ、バリス・オフィーという2人の女性と水陸両生人のキット・フィストー)もお目見え。さらに、アナキンのキャラも多少掘り下げられており、共和国軍最高のパイロットとしての腕前、オビ=ワンへの反抗、シスの弟子アサージ・ベントレスとの死闘が描かれる。しかし、分離主義者のドロイド軍団ではジェダイ1人にも太刀打ちできないことが判明すると、『エピソード3』でも大暴れする強敵グリーバス将軍が登場し、物語は急展開。キャストの大部分はベテラン声優陣で占められているが、アンソニー・ダニエルズがC-3PO役で参加している。
   『クローン大戦』で制作・監督を担当したゲンディ・タルタコフスキーは、これまでに『サムライ ジャック』、『Dexter's Laboratory』、『パワーパフ ガールズ』などのスタイリッシュなアニメ・シリーズを手がけてきた。『クローン大戦』では、2004年のエミー賞アニメーション番組部門(1時間以上)を受賞している。ここに収められた全20話は、カートゥーン・ネットワークで放映されたもの。69分間を通して見てもよし、チャプターごとに見てもまたよし。DVD特典として、音声解説2つ、メイキングを描いた短編1本、ビデオ・ゲームと『エピソード3』の予告編、ステルス・ゲーム『スター・ウォーズ リパブリックコマンド』のデモ・バージョン(Xボックスでプレイ可能)を収録。『エピソード3』を待ちきれないファンにとって、『クローン大戦』は必見の一作だ。(David Horiuchi, Amazon.com)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/12
絵柄を見るとちょっと購入を考えてしまいますが、実際見てみると
結構面白いです。観はじめると絵柄も気にならなくなります。
この作品はセリフが極端に少なくその殆どが戦闘シーンというもの
ですが、結構迫力があり、作品全体の雰囲気も「スターウォーズ」
の物語のうちの1つである事を感じます。
注意しなくてはならないのは、よく雑誌などで EP2→EP3の橋渡しとして
紹介されていますが、このVOLUME ONE は EP2後のジェダイ騎士の活躍を
描いただけであり直接EP3への橋渡しを行うものではありません。
恐らく VOLUME TWO でやっとEP3へ繋がる事になると思います。
よってこのVOLUME ONE は EP2その後 という事を念頭において観た方が
よいと思われます。
あと、この作品のラストでは「えっもう終わり?」という所で突然
終了します。まるでCDを聞いている途中で停止ボタンを押したような
終わり方なので、同じ終わるにしてももう少し余韻を持たせる工夫
をして欲しいと思いました。
続編が待ち遠しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 レザーフェイス 投稿日 2006/10/20
EP3で、せっかくの新キャラなのに具合悪そうに咳するグリーバスを見てそうゆうキャラなのかと思ってはダメです。あれは負傷してああなっただけですから。アニメでは負傷する前の元気に駆け回るグリーバスの姿が見られます。それだけでもアニメを見る価値があります(もしダースモールやジャンゴが負傷した状態で出てきてそのまま治らずに死んだらどうします?) そういう意味でもEP3がアニメがあったればこその内容だった事がわかります。アニメには他にも見所が多くあり結構楽しめます。 星一つ減はアナキンの可愛げの無い顔が松坂大輔に似てるからです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 壺の碑 投稿日 2006/6/10
日本のアニメの絵に慣れた目には、正直スチールには引いてしまいました。でもこの絵が動くと…すごい、です。特に前半のドロイド兵とクローン兵の戦闘など、とにかく動きとスピード感がすごい!あのあり得ないほど悲惨なデフォルメを施された登場人物たちが、なぜかものすごくかっこいいんですよ。実写版とも違和感が無く、EP2〜3の橋渡しも見事にこなしていますしね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 anakinskw 投稿日 2005/9/19
まさしくエピソード2とエピソード3をつなぐ1本。
元々は米国で3分/1回程度で放送されたアニメを集大成したのがこのDVD。DVDでは細切れの放送分を一気に見れる点がマル。
見終わった後、VOL.2が早く観たくなります。
Vol.1はエピソード2の続きの為、アナキンはパダワンのまま登場しますが、このクローン大戦で実力を認めさせ、ジェダイ・ナイトへと昇格していきます。大戦の様子がメインで、ヒューマン・ドラマ性が乏しいですが、もしかするとこれが映画ではなくアニメとなった最大の理由かもしれません。
スターウォーズファンは観る価値ありです。但し実際放送されたアニメはVOL.2の後にも数話存在しているので、ぜひ放送話を全てカバーした完全版セットが欲しいところです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 potsu2 投稿日 2005/11/6
 実はEP3を見終わってからこのアニメを初めて見たのですが、EP3では冒頭の解説に集約されていた「クローン大戦」の内容がとてもよくわかりました。EP3で少し疑問に思っていた事柄も前後のつながりがはっきりして良く理解できました。ドゥークー伯爵もこのアニメでかなり大悪役していて良いですねー。
 なんだか「貼り絵」が動いているような立体感のない人物は、DVDの特典映像によるとわざとそういう表現にしたと監督自ら解説されています。
 でも私は真っ先に40年くらい前のアニメ「マイティーハーキュリーズ」や「ジョニークエスト」を連想してしまいました。何だか懐かしいアメリカらしい絵ですね。日本製のアニメではまず出来ない(創らない?)絵ですので違和感をもたれる方もいらっしゃると思いますが、私はアニメという表現においてはこういうのもアリだと思います。
 「アサージ・ヴェントレス」というダークサイドの女刺客が登場しますが、私はこの人物がアナキンに倒された後にサイボーグ「グリーバス」として蘇るのか、と途中まで思っておりました。だってライトセーバーを二刀流で自在に操っていたのでEP3での「グリーバス」の暴れっぷりと合致した訳です。実は「グリーバス」は終わりの方で新たな登場を見せましたので私のささやかな予想は覆されました。
 EP3より先に見ていた人は映画館でより感動でき
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック