Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,810
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

スターリングラード [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 17,650より 中古品の出品:15¥ 5,519より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオスターリングラード(字幕版)を今すぐ観る ¥ 216 より

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トーマス・クレッチマン, ドミニク・ホルヴィッツ, ヨッヘン・ニッケル, セバスチャン・ルドルフ
  • 監督: ヨゼフ・フィルスマイアー
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: ドイツ語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ケンメディア
  • DVD発売日: 2008/10/31
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (37件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B001CT6L4C
  • EAN: 4539373015121
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 30,070位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

第二次大戦中期、ヒトラー率いるドイツ軍の精鋭部隊26万人が送り込まれた街スターリングラード。

マイナス50度の極寒の中、寒さと上に苛まれる絶望的な戦いの末、
ドイツ軍、ロシア軍あわせ約100万人が死亡し、生還したドイツ軍はわずか6千人。
そんな人類史上最大の激戦地を舞台に、戦争の理不尽に翻弄される兵士たちの苦悩と苛酷な生き様を、
リアルな迫真映像で描出。
歴史の闇に葬られた真実を映す壮大な戦争スペクタクルと同時に、
戦争の悲劇や反戦を越えて観る者の魂を揺さぶる、20世紀最後の黙示録である。

東西ドイツ併合後、最初にして最大の国家プロジェクトを『U-ボート』のギュンター・ロールバッハが共同製作。
ドイツ映画界の名匠ヨゼフ・フィルスマイヤーの監督のもと、ドイツの実力俳優たちが重厚な人間ドラマを紡ぎ、深い感動を喚起する。

監督:ヨゼフ・フィルスマイヤー
製作総指揮:ミヒャエル・クローネ/マーク・デーモン
製作:ギュンター・ロールバッハ
脚本:ヨハネス・ハイデ/ユルゲン・ブッシャー

製作年:1993年
製作国:ドイツ=アメリカ合作

出演:トーマス・クレッシュマン/ドミニク・ホルヴィッツ/ヨッヘン・ニッケル/セバスチャン・ルドルフ

[ストーリー]
第二次世界大戦4年目の1942年。
ロシア征服を狙うヒトラーの野望のもと、ソビエト進行を開始したドイツ運は、
次なる軍事目標をソ連の元首スターリンの名を付けた工業都市スターリングラードに決定。
士官学校出身のエリート中尉ハンス、歴戦の兵フリッツ、命知らずのロロ、
新兵ミューラーら若き兵士たちは、マスク大尉率いる第6軍精鋭部隊に編入される。
生き延びる為に敵を殺し、仲間をも犠牲にする正義も栄光も無縁な熾烈な戦場。
膠着状態が続く中、負傷した仲間を助けたい一心で上官に楯突いたハンスたちは、
反逆罪に問われ囚人兵として最前線へ。
素手での地雷撤去の果て、もとの階級復帰を条件に、歩兵隊戦車という凄絶な戦いを強いられる。
なんとか勝利を収めた彼らを待っていたのは、忠誠心を見せろと言う上官の、罪無きロシア市民の銃殺命令だった・・・。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『秋のミルク』のヨゼフ・フィルスマイヤー監督、トーマス・クレッシュマン主演で贈る戦争ドラマ。第二次世界大戦中、ソ連南部の都市・スターリングラードでの市街戦を描いた作品。極寒の戦地で必死に生きた一般兵たちの人間ドラマが展開する。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

31 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 よう 投稿日 2012/5/11
形式: DVD
僕のもっとも好きな戦争映画です。
10回は観ました。

戦闘工兵の激戦、極寒のロシア、戦死、凍傷、飢餓など、本当に戦争の厳しさ、不条理さが伝わってきます。
ハリウッドと違い、ドイツ兵はちゃんとドイツ語、ロシア兵はロシア語を話します(当たり前ですが)

ストーリー、役者の演技、演出は一流です。
この映画はドイツ制作というだけあり、デティールにも非常に拘ってます。
冒頭のイタリアの海岸のシーンでは、アフリカ戦線帰りのライザーやロロの腕も半袖のところからクッキリ日に焼けてます。
冬のシーンでは、彼らの顔や身体に小さな凍傷やチフス?痕が違和感なく付いてきます。
ちょっと目を離したら見逃してしまうような、小休戦でのロシア兵とライザーの「無言の」チーズ交換、
どう見ても一般の市民に見えるロシア工作員の処刑シーンでの憲兵の「無言の」リロード確認、
など、観れば見るほど新しい発見がある、深い映画です。

また、この映画は音楽を非常に効果的に、しかも反則的に流します。
主題歌のBGMはいかにもドイツらしいどっしりと重厚な名曲。
悲劇的な最後の晩餐で繰り広げられる、人間の末期の状態に流れるのは悲しい曲ではなく、女性が歌う陽気で軽快なBGMだった
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
90 人中、83人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 もんもん 投稿日 2008/11/15
形式: DVD
北アフリカ戦線から(ここ、ラストシーンの伏線)イタリアでの休暇を経て
地獄のスターリングラード攻略戦に投入された、ある突撃工兵小隊の兵士たち
の過酷な運命を描いたドイツ製戦争映画の傑作です。テーマ曲も印象的でよい曲です。

よくぞDVD化してくれた、と言いたいところですが、届いたDVDを
再生していると劇場公開時の記憶と照らし合わせて何か違和感がぬぐえません。
よく見るとオープニングの映画のタイトルとスタッフロールの一部が左右切れていて、
どうもTV放映用か何かで劇場公開版の16:9のフィルムの左右をマスクして
4:3にしたマスターを使用しているようです。
さらにジャケットでは画面サイズはレターボックス式の16:9のビスタになってますが、
どう考えてもこれは誤りでしょう。
映画としてはほかのレビュアーのみなさん同様5つ星級の作品だと思うんですが、
(ジャケでの画面サイズの表記ミスも合わせると)DVDの出来としては減点せざるを得ません。
多少の粗に目をつぶってでもこの歴史的傑作を手元に置きたいという私のような人は
買いだと思いますが、完全な状態でソフト化されたDVDをコレクションしたい方は
注文前にご一考を。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
86 人中、77人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アンフェア VINE メンバー 投稿日 2008/10/3
形式: DVD
 すっかり「スターリングラード」=J・ロウ主演の映画と思われていますがこちらが本元です。こちらは原題もスターリングラード。あちらはEnemy at the gate.この映画を劇場で見た方は少ないでしょう。私の住んでいる地方でも二週間の上映でパンフレットも製作されなかったようです。ほとんど宣伝もされず1部のミリタリー系の雑誌で取り上げられたのを読んで観に行きました。史上最大の市街戦、未だにこれを超えた市街戦はありません。建物の奪い合いから今度は部屋の奪い合いになり、犬ですら熱さを嫌ってボルガ川を渡って逃げたと言われてます。
 「Uボート」や「硫黄島からの手紙」のようにある程度人物を絞った構成という訳でもなく(そのせいか2回以上観た方が人物が分かりやすい)、「プライベートライアン」のように勝ち戦を描いた訳でもなく、「ブラックホークダウン」のようにヒロイズムを謳い上げる訳でもない。だけど何回か観たくなる何かがあります。それは兵士=人間という視点ではなく、兵士=将棋の駒、だからでしょうか。話は決して最前線を離れずひたすらドイツ軍からの視点で描かれています。最後には故郷へ帰ろうと人間らしい判断をしますがあまりにソビエトの冬は寒かった。
 軍事的考察の視点からでもかなりリアルであったと思います。たこつぼを戦車に生き埋めにされたり(ガダルカナルでもアメリカ軍が日本軍にやった)、防寒具の不足や雪の迷彩服がなかったのでベッドのシーツや子供服をヘルメットに被せてあるのが分かります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
72 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キョロちゃん 投稿日 2008/11/3
形式: DVD Amazonで購入
イタリアで休養していた部隊は、明るく美しいイタリアから一転東部戦線に配置される。しかも激戦続くスターリングラードに、、部隊が到着したスターリングラードは既に激戦の中にあって膠着状態に近く、戦死者、負傷兵がゴロゴロ転がる戦場であった。秒単位で数百名単位の兵士が戦死していく末期的な戦場。ドイツ映画の「壮烈第六軍!最後の戦線」に通じるものがあります。包囲され、逃げ場のない戦場に取り残された兵士、ここでも最後のシュトルヒに多くの兵士が群がり、見放されて死んでいく。混沌として、むちゃくちゃな状態で、命令の遂行も不可能。
この映画では、戦闘シーンもありますが、絶望的な戦いを強いられる兵士、味方を誤って殺してしまう兵士、餓えや凍傷に苦しむ兵士、ドイツ軍兵士のみでなく、戦闘にまきこまれている多くのロシア市民が描かれてます。SS部隊は出てきませんが、国防軍の部隊でありながら、異常な上官によって、市民の銃殺命令も出されます。
内容は歴史に忠実で、登場するシュトルヒ、キューベルワーゲン、ソ連軍戦車も正確です。
最近の米国映画のスターリングラードを見るくらいなら、こちらの方が史実を伝えるのに適切です。
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
待ってました 0 2008/10/23
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   



フィードバック