Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
スターバックスマニアックス (小学館文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

スターバックスマニアックス (小学館文庫) [文庫]

小石原 はるか
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 710 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

スターバックスマニアックス (小学館文庫) + スターバックス大解剖―スターバックスのすっごい真実、教えます。 (エイムック 1320) + スターバックス5つの成功法則と「グリーンエプロンブック」の精神
合計価格: ¥ 3,338

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

商品説明

   1996年にアメリカで初めてスターバックスと出会い、その味に魅せられた著者が、各ドリンクメニューのレシピからオリジナルグッズにいたるまで、徹底的に調べ上げた「世界初のスタバファンブック」。レアものグッズを求めてネットオークションをさまよい、ファンにとっての聖地であるシアトルの第1号店を訪ね、さらにバリスタ(コーヒー抽出技術者)を目指してトレーニングまで受けた著者は、かつて深夜番組「カルトQ」で2度の優勝を果たしたマニアぶりを、本書でもいかんなく発揮している。

   スターバックスコーヒージャパンの全面協力を得て、日本法人の社長や商品開発スタッフなどのインタビューに成功しているが、なかでも興味深いのはアメリカ本社の会長シュルツとのインタビュー。短い談話ではあるものの、彼の言葉からにじみ出るコーヒーへの愛が、同社をここまでの急成長へと導いたことが読み取れる。また、本書ではコーヒーのカスタムオーダーの方法も事細かに伝授。いざカウンターに行くとドギマギしてしまって「ショートのラテ」としか言えなくなってしまう、という人にはうれしいガイドブックになっている。(和久裕子)

内容紹介

日本のカフェスタイルを一新した、スターバックス。バリスタ、キャラマキ、ドピオ、サイレン、サードプレイスなど街にはここを発信点とした「用語」が飛びかっています。
◆スターバックス全メニュー
◆定番ドリンクのレシピ大公開
◆オーダーの悩みを一挙解決、ひと味違う飲み方のためのマル秘オーダーテク
◆米国・シュルツ会長、日本・角田社長への直撃インタビュー
◆スタッフの内部トレーニング潜入レポート
◆ファン垂涎のカルトグッズ
etc.スターバックスのコアな楽しみ方を徹底紹介する、世界初「スタバファンブック」。
スターバックスマニアックスホームページへ

登録情報

  • 文庫: 141ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094177213
  • ISBN-13: 978-4094177213
  • 発売日: 2001/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 227,064位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 スタバの教科書、登場! 2001/6/15
By カスタマー
形式:文庫
世界初!と帯でうたってます。スタバのファンブック。 前半のカラーページは初心者向けにスタバのメニューやグッズの紹介など、カワイらしく仕上げてあって、女の子に ウケそう。後半のモノクロページは、インタビューなどが 中心で、マニアな人にはウレシイ情報源という感じでしょうか。 スタバ好きにも、スタバが気になっている人にも、
ちゃんとうまく注文できない人にもピッタリの、 「教科書」的一冊。単行本にせず、持ち歩ける感じの文庫にしたところも正解でしょう。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 唯一のスターバックス本 2001/6/15
By カスタマー
形式:文庫|Amazonで購入
今までスターバックのビジネス上の成功を扱った本はありましたが、マニア本としては現在日本語で入手可能な唯一のものではないでしょうか。
筆者は日本第一号店が出展される以前からのマニアで、カルトQなどでも何度か優勝したことのある強者のようです。
内容的には、オーダーの仕方やメニューとそのレシピ、グッズなどの情報をまとめた前半と、経営者やスタッフのインタビューや筆者のバリスタ体験をまとめた後半という構成です。
前半の内容はよくまとまっていますが今ひとつマニア度が足りずこの程度の内容ならばインターネットで簡単に入手できてしまうくらいのもので物足りないものを感じました。
また、後半は個人的にはあまり興味を引かず、スターバックスの社内報を読んでいるようでむしろさめてしまいました。
よくまとまってはいますから、知識を整理したい人やこれからスタバについて知りたいという人にはお勧めです。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By カスタマー
形式:文庫
何気に手にとって、衝動買いしてしまったが、 スターバックスの魅力の秘密について簡潔に 要点をついて描かれている。 写真や本のレイアウトもオールカラーで きれいです。 スタバファンには欠かせない一冊のはず。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 続編を求む。 2008/5/15
By 朱里九 VINE メンバー
形式:文庫|Amazonで購入
2001年版だということなので、ともかく記事が古いです。
日本上陸当初の様子がどうだったかと、著者のスタバに対する愛情は興味深くよみました。
このレビューは参考になりましたか?
21 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 物足りないです。 2001/12/19
By カスタマー
形式:文庫
値段も手頃で、コンパクトで入手しやすいのですが、「マニアックス」という言葉を謳うには、あまりにも薄い内容でした。カフェについてもスタバについても何も知らない人には最適と思いますが、内容的にも既に古く、インターネットの個人サイトで入手できる情報のほうがずっと有用で、いささかがっかりした感は否めません。ただ初めてこの手の本を出版するところまでこぎつけた、と言うところに意義があるのでしょう。もっと密度の濃いマニア本を次にどなたが出してくれるのか、今後の展開が楽しみです。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 スタバ入門書としては最適 2002/9/7
By B75
形式:文庫
注文の仕方など詳しく載っていて、スタバ初心者には良い本だと思います。
グッズも写真で見ることが出来て、グッズマニアには嬉しいです。
ただ、他の皆さんも仰っているように、情報がやや古いです。まあ印刷物だから仕方ないのかな?
個人的には、スタバ本社以外のところにももっと取材に行って欲しかったと思います。
ステートマグが1種類しか載っていないのがやや不満(笑)
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 サードプレイス 2002/1/16
By カスタマー
形式:文庫
むちゃくちゃ読みやすいですよ。ちょっと高いけど。恐らく写真や図解が多いからかな。その分とても分かりやすい。マニアックスというネーミングからして、結構やばめかなって思ってたけど、かわいいところあり、真面目な話もあり、いろんな人がスタバのよさを共有できる一冊です。この人気が決して一過性のものではないことが伝わってきます。この本を読めば、「今からちょっと行って見ようかな」って気持ちになります。はじめての型はおもいきって、スタバの店員さんに「はじめてなんです」って言ってみてください。ファーストフードでも喫茶店でもレストランでもない、ふしぎな世界へ誘ってくれることでしょう。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 スタバるなら。 2008/1/24
By さるきち VINE メンバー
形式:文庫
この本は、その名も“スターバックスマニアックス”で、
スタバの歴史から ドリンクやフード、コーヒー豆の種類やレシピまで。
バリスタ(バーテンダー)おすすめカスタムオーダーの仕方も紹介されてて

アイスバニラ2%(ツーパーセント)ラテ、シロップ多めでください。

とか、

アイスダブルトール ヘーゼルナッツ カフェモカ、ホイッププラスで。

なーんて。オーダーできちゃうわけ。

さらに、グッズの紹介もあって、
著者の小石原はるか氏もかなりのスタバオタク。
小石原氏の部屋の写真が掲載されているのですが、
すっごい数のタンブラーに囲まれ 壁にはキャラメルフラペチーノのポスター。
仕事柄、海外に行く機会も多い著者はご当地タンブラーは必ずチェックするらしい。
気持ちはわかる。。

それから、スタバブランドを確立し、世界展開を手がけた
ハワード・シュルツ氏のインタビューも載っています。

シュルツ氏は一度スタバを退社しているのですが、
再びCEOに返り咲きました。(1月8日の日経より)

ドトールやマックなどファーストフード業界も
競争が
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 スターバックスが煙草臭い理由が分かった
以前から,なぜスターバックスは他のコーヒー店のそばに比べて煙草臭いのか疑問だったが,スターバックス公認ガイドブックであるこの本でスターバックスが煙草臭い理由が分か... 続きを読む
投稿日: 2009/5/13 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 ずいぶん昔になってしまいましたが
この本を読むとスターバックスの魅力が良くわかります。

今でもこの精神は息づいているのでしょうか???... 続きを読む
投稿日: 2006/9/25 投稿者: I
5つ星のうち 3.0 コーヒー好きじゃなくても!
コーヒー好きじゃない人も自分に合ったカスタムオーダーを見つけることができるかもしれません。コーヒー好きではなくても豆知識として楽しんでサラっと読めると思います。コ... 続きを読む
投稿日: 2003/7/13 投稿者: marurisu
5つ星のうち 5.0 サードプレイス
むちゃくちゃ読みやすいですよ。ちょっと高いけど。恐らく写真や図解が多いからかな。その分とても分かりやすい。マニアックスというネーミングからして、結構やばめかなって... 続きを読む
投稿日: 2002/1/16
5つ星のうち 4.0 こういうのが欲しかった
... 続きを読む
投稿日: 2001/12/6 投稿者: タケヤス
5つ星のうち 2.0 インターネットで情報収集したほうが・・・?
現在出版されている唯一の「スタバ専用マニア本」で... 続きを読む
投稿日: 2001/11/15
5つ星のうち 4.0 お茶の水店って、第2号点なのですね
スタバの手頃な入門書。本書の価値は、スターバックスジャパンの全面的な協力を受けていること。なぜなら外資系企業は情報開示しないことが多いから。こんなにスタバがブーム... 続きを読む
投稿日: 2001/6/21
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック