数量:1
¥ 118,000 + 関東への配送料無料
在庫あり。 販売元: オーディオ専門店でんき堂スクェア
または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
+ ¥ 515 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★人気商品です。外観に少しのスレキズがございます。それ以外は良い状態でございます。整備済みの商品であり、動作は問題ございません。※付属品は本体、電源ケーブルになります。※初期不良保証付きでございます。問題があれば、無償で交換いたします。
または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
Amazon 出品を比べる
カートに入れる
¥ 117,250
+ 関東への配送料無料
発売元: イケベ楽器店
カートに入れる
¥ 118,000
+ 関東への配送料無料
発売元: ザ・ステレオ屋
カートに入れる
¥ 118,800
+ 関東への配送料無料
発売元: シマムセン
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

STAX ドライバーユニット SRM-727A


参考価格: ¥ 142,560
価格: ¥ 118,000
OFF: ¥ 24,560 (17%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、オーディオ専門店でんき堂スクェア が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:8¥ 117,250より 中古品の出品:1¥ 105,500より

注意:  Amazonポイントは、Amazon.co.jp が販売する商品にのみご利用、獲得ができます。

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。代金引換およびコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いは、上記に利用できる旨の記載がある場合に、出品者の商品にも利用できます。(詳しくはこちら

出品者のコメント: ●当店の出品商品はすべて正規のメーカー・輸入元ルート品です。安心してお求めください。



よく一緒に購入されている商品

STAX ドライバーユニット SRM-727A + スタックス コンデンサーヘッドホン イヤースピーカー単品STAX SR-Lambda SR-507
合計価格: ¥ 182,780

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入


商品の情報

登録情報
商品パッケージの寸法44.5 x 24 x 19 cm ; 14 g
発送重量14 g
メーカー型番SRM-727A
ASINB000W1TOB8
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/9/15
Amazon ベストセラー商品ランキング 家電・カメラ - 192,085位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 

商品の説明

商品紹介

出力段無帰還回路を搭載したスタックスヘッドフォン専用のドライバー

商品の説明

●エレクトロスタティック方式は、厚さ数ミクロンの高分子フィルムのダイヤフラムを挟むようにしてドライブ電極が設置され、それぞれに+信号と-信号を入力して再生する方式。したがってピュアバランス出力のCDプレーヤーなどとXLR接続にすることにより変換回路の全くないバランス方式本来の音の聴取が実現●出力段を無帰還(NON-NFB)大電流エミッタフォロワー・Aクラス増幅回路を新開発して搭載。よりダイナミックで躍動感に溢れた音質を実現●出力段のエミッタフォロワーは、低インピーダンス化を実現。高域のダイナミックレンジを大幅に拡大●カップリングコンデンサーを使用しないDCアンプ構成●入力段は、高音質ローノイズFETを使用、シンプルな2段増幅回路を構成。自然で純度が高く情報量の多い音質を実現●さらに、お好みのアッテネーターやプリアンプを接続する場合に、ボリウムユニットの重複を回避するダイレクトスイッチを搭載●音質・性能・環境を考慮したパーツを使用●磁性歪を回避するため、シャーシはアルミ材を使用、音の高純度化に寄与●増幅度を低く設定し、XLR入力時や高出力CDプレーヤーなどの使用時にも微妙な音量調整が可能●信号をそのままスルーするパラレルアウト端子を装備●コーナーを丸くし、シルバーヘアライン仕上げとするなど、ニューパネルフェイスデザイン●PROバイアス(5ピン)タイプのイヤースピーカーがご使用可能●コントロール機能はボリウムのみ、入力はRCAまたはXLRを選択する1系統のみ。ピュアリティ至上の純粋なイヤースピーカー専用ドライバーユニット /

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 K6TY VINE メンバー 投稿日 2012/4/13
 STAXイアスピーカ用半導体ドライバ(=専用アンプ)の現行トップモデルで、入力はXLRとRCAのいずれか1系統のみを選んで使用する。

 当方も007A購入前にSR-202につないだが、エントリー機種の202でも252A接続時に比べて出音のレンジが一回り広がった印象を受けた(もちろん252Aでも007Aは普通に鳴らすことはできる)。したがって、特に上級機種を使うのであれば727A/007tAを使うと、イアスピーカ側の良さをより引き出せるだろう。

 音の正確さなら727Aだが、007tAは音に独特の空気感(雰囲気?)をまとっており、こちらのタイプを好む人も多い。なお、007tAは真空管+半導体のハイブリッドタイプのドライバなので、基本的な出音はしっかりしており、真空管だから劣るというわけではもちろんない。
また、007tAはボタン切替式3系統入力が可能で複数機器をつなぐ際の利便性は高い。

 逆に727Aのみの機能として、ボリュームバイパス可能(匡体を開ける必要あり)なことがあげられる。良質なプリアンプやアッテネータを持っている人は試してみるといいだろう。また、当然ながら真空管の交換が不要であることも、メリットとしてあげられる。

 どちらを買っても失敗ということにはならないだろうが、できる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

カスタマーからの商品画像