Amazon Kindleでは、 スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX スクールガールコンプレックス をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,933
通常配送無料 詳細
19点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX 単行本(ソフトカバー) – 2010/7/8


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,933
¥ 1,933 ¥ 125


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX + スクールガール・コンプレックス──放課後── SCHOOLGIRL COMPLEX 2 + スクールガール・コンプレックス(女子校) SCHOOLGIRL COMPLEX 3
合計価格: ¥ 5,799

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

挑発か、無防備か―少年の視点で切り取られた、少女に対する戸惑いと妄想。思春期の原風景としての“スクールガール・コンプレックス”。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

青山/裕企
1978年4月15日愛知県名古屋市生まれ、東京都在住。05年、筑波大学人間学類心理学専攻卒業。07年、キヤノン写真新世紀優秀賞受賞(南條史生選)。20歳の時に自転車による日本縦断の道中で写真を撮り始め、24歳の時に世界2周の道中で写真家になる決意をし、帰国。以降フリーランス・フォトグラファーとして活動。現在はユカイハンズ代表として、アーティスト支援活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2010/7/8)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4781604153
  • ISBN-13: 978-4781604152
  • 発売日: 2010/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 14.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (49件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 9,970位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

519 人中、464人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mizuno-ami トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/7/21
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
レビューが出るのは恥ずかしいですが、エロ視点で購入しました。
商品の説明、購入処理を済ませ、そして、手に届くまではドキドキしましたが、本を開いて思いました。

「何か違う」

と。
確かに写真は悪くない。悪くないんですが、何か違うんですね。

色々考えてみると、こういうチラリズム趣味の人にとって、こういう本は、むしろ「堂々と眺める行為」となってしまい、魅力が半減するのではないかという結論にたどり着きました。
言っている事が理解できる方は、もしかしたら、購入するよりも、この本に関するサムネイル画像の方を眺めながら、「この本が手元にあれば」と妄想するところで止めておいた方が賢明かもしれません。
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
164 人中、136人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 妄想少年 投稿日 2010/8/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
違和感を覚えた。
学生時代に追いかけていたもの、妄想していたものはこれだったのかと。

すりガラス越しのショット、モデルがパッケージされたショット、空気椅子のショットなど、個人的にはよく意味のわからないショットがおおかった。
もっと男子が妄想しているだろショット、例えばトイレの鏡越しに写る姿だったり、部活のユニフォーム姿だったりがあればいいなの思いました。

もっとリアリティーを追求してもいいんじゃないでしょうか?

コンセプトはいいので、次、大きく化けるのを期待しての辛口のレビュー。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
123 人中、97人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 むうた 投稿日 2010/7/24
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
セーラーとスカートの隙間からお腹がちらり、スカートが風をはらんでふわり、短い
スカートから下着が見えそうで見えない、膝を立て靴下を履き直している姿でスカート
の中の足の付け根が見えそうで見えない、上履きにかかとを入れる仕草でちらりと見えた。
等、あ〜、確かに観てはいけないのに目をやってしまう構図だなと言うものもありました。

ただ、押入れからスカートと足がにょきっと出ていたり、エアパッキンでくるまれたり、
何をされてるのですか?と思う不思議な構図も多数あり、ここでこちらの作品は、リア
ルな女学生の何気ない仕草や行為や姿を撮影しているのではなく、制服(時に運動着)を
記号(私的にはキ−ワードに感じました)として芸術作品を作ったのかなと思いました。

私は作品紹介の絶賛を自分なりに解釈、脳内補正し、てっきり、実在する学校の現役の
女学生がさり気なくする仕草や行為をピックアップして写真に収めたと勝手に思い込ん
で購入しました。制服の知識がないので何ともですが、着用している制服も日常着用し
ている使用感というものを感じなかったので、あくまで記号として使用しているのかな
と解釈しました。

思わず目をやってしまう構図を収録というより、あくまでこちらの写真家さんの制服と
女学生への心象風景として鑑賞するのでしたら良い作品ではないかと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 KEN 投稿日 2011/5/17
形式: 単行本(ソフトカバー)
宣伝の煽りとかの内容に惹かれ、立ち読みしてきました(笑)
それで思ったこと。
あんましイメージと違うかな?
という感じでした。
えろくはない。
でもあの日見た同級生とかとはちょっと違う…
なので、購入すべきか否か、考え悩んでる人は立ち読みをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yuconmimu 投稿日 2011/2/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
他に方が書かれているとおり、下心でというならなら買わない方がいいです。
制服という一種のブランド服を着た女の子たちを、本当の意味でマニアックな視点から見た写真ばかりです。
正直、マニアックすぎて理解できないもののありました。

ただし、芸術家というものは理解されない、でもある程度は評価されたい一心で作品作りをしていると思います。
そういった意味で非常にセンスを感じました。

狂気的なもの、ホラー的なもの、マニアックなもの、構図等様々です。女子高生のスカートの中に、女子高生が頭を突っ込んでいるといった、ホラーなのか、マニアックなのか、意味の分からない写真もあります。
ですがこの本の中ではどの写真も一貫した雰囲気を持っていることに非常に魅力を感じます。

ただ、やはりマニアックな作品には違いなく、表紙に魅かれて買う方も多いかとは思いますが、エロ目的や
構図などの資料には不向き。

間違えて購入されませんように。

個人的には好きな本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック