ファイナルファンタジーⅧ がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 タオサイクル
コンディション: 中古品: 良い
コメント: .ディスク・パッケージ・説明書付の中古品となります。 パッケージにキズや汚れのようなものがある場合がございます。 基本的にその他の付属品はございません。 状態の悪すぎる物はしっかりと明記させて頂きます。 初期確認は行っておりません。 プロダクトコード、DLコード、帯は基本的には付属されておりません。 また、出来る限り迅速に配送手続きをさせて頂きますが、土日祝日などは対応できません。ご了承ください。 配送は原則、注文確定から土日祝日を除く最大3日以内とし、出来る限りの迅速配送作業をさせていただきます。 エアーパッキンを巻き、封筒等に入れて原則、日本郵便ゆうメールにて配送させて頂きます。追跡番号などはございません。配送通知から最大1週間かかる場合もございます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 12,450
通常配送無料 詳細
発売元: わんぱくマート
カートに入れる
¥ 12,980
通常配送無料 詳細
発売元: NEXT WAVE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファイナルファンタジーⅧ

プラットフォーム : PlayStation
5つ星のうち 3.6 461件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 12,450 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、TYG web marketが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 7,800より 中古品の出品:557¥ 1より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • Amazon.co.jp限定: ここでしか手に入らないAmazon.co.jp限定TVゲーム/Amazon.co.jp限定特典付TVゲーム を今すぐチェック


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファイナルファンタジーⅧ
  • +
  • ファイナルファンタジーIX
  • +
  • ファイナルファンタジーX
総額: ¥33,360
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00005OVXG
  • 商品パッケージの寸法: 14 x 12.2 x 2.4 cm ; 200 g
  • 発売日: 1999/2/11
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 461件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 982位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   大人気RPGシリーズ「ファイナルファンタジー」の8作目。プレイステーションのもつ能力を限界まで使い、風になびく髪の毛や服の質感、そして表情までもリアルに表現し、映画のようなムービーが楽しめる作品。前作よりもリアリティが追求され、キャラクターを8等身で表現。より人間的な描写を行い、まったく違和感のないタッチを作り上げている。

   その他の主な変更点は、戦闘を経験することで成長していくガーディアン・フォース(前作までの「召喚獣」に相当)が登場したことと、魔法をモンスターから奪うようになったこと。ガーディアン・フォースや奪った魔法を身に付けることでキャラクターを強化する、ジャンクションシステムが導入された。ゲームシステムにはやや複雑で難解な部分もあるが、愛をテーマに繰り広げられる壮大なストーリーと、RPGという枠を超えた演出で、人を魅了し感動させるゲームといえる。(秋月昭彦)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

過去丁寧に作られた9を高評価したのですが、荒削りなこれも凄く好きです。いい部分と悪い部分の差が激しいので★はあんまりあげられないのが心苦しいのですが……色々やりたいことがありすぎて、全部はできなかった作品なのかなという印象です。「やりたい部分」は本当にいいんです。

リノアが不評ですが、サイファーに対する感情がまだ憧れにしか過ぎなかったこと、スコールを本当に好きになったこと、またスコールがリノアに出会い彼女をどうして好きになったのか、というのはとても納得がいきます。クセのある子ではありますが、キャラ自体はとても丁寧に描かれているので主人公と彼女を好きになれると楽しいゲームですよ。そこが難しいのかも知れませんが。スコールはグラフィックだとクールなイケメンですが、まだまだ子供なんですよね。でもそこに甘えようとはしないストイックさもある。幼いなりに一生懸命な少年少女たちの冒険が微笑ましく胸に迫る作品です。シナリオは右往左往(二転三転というよりは)しつつ最終的に「スコールとリノアの物語」に終始してしまうので、相当クセのあるこの二人を好きになれるかがキモなのかも。スコールに感情移入できるかどうかでかなりのプレイヤーがふるいに掛けられるし、そこを抜けても「さらわれたリノアを助けたい!」と思えるかどうかで作品の評価が決まってしまう気がする。かといって、大手メーカー特有の「もっ
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
従来とは違い、任務で各地を転々していく。またギルも評価次第で支給されていく為、やや計画的に使う必要があります。キャラクターはジャンクションでステータスで振り分けて育成します。防具はなく、武器等は材料を用意して武器屋で合成してもらいます。そうしないとスコールは連続剣の種類が増えません。なので、序盤からカード変化を駆使して材料を集めないと中盤以降キツくなります。レベルの概念が敵にもありこちらのレベルが上がると、敵のレベルも上昇します。レベルが上がる基準は味方内の平均で決まります。魔法は敵からドローするかドローポイントで手に入れたりする為、非常に面倒。ボスにはGFを持つボスがあり、その際に入手しないと以後出来ないことも…曲は良く意外と博識なゼルとかスコールのエンドオブハートの演出、グラフィック面も7より好きな面、システム的にイマイチなのが悔やまれます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 plus ultre 投稿日 2007/8/11
このゲームのシステムは今までのRPGから考えれば異常です。レベルアップすれば敵も強くなるというシステムや魔法を装備するというジャンクションのシステムは今までのRPGファンからすれば納得できないものなのでしょう。ストーリー面では主人公の豹変ぶりが納得できない点のようです。
しかし映像のクオリティー・斬新さは今までのFFからは考えられないものであるのは事実です。ストーリーも全体としては悪くない仕上がりです。魔女などの話はテキストをよく読みこめば理解可能な範囲だと思います。カードなどの作りこみ度も高いですしヒロインのキャラクターが好きになれる人であれば引き込まれるつくりであると思います。エンディングのアイディアも悪くないです。
全体の評価は低いですがめずらしい「恋愛」がテーマの作品です。やってみるのも悪くないと思いますよ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
13年越しでついにクリアまでプレイしました。素直な感想としては十分に楽しめます。
ただ後半は、ディアボロスを手に入れていなかったのでエンカカウントなしのアビリティが使えず結構な地獄でした。
この作品が発売された1999年は、まだインターネットもあまり普及しておらず今のように攻略法をネットで知ることが難しかったように思います。
つまり攻略本ありきな部分があり、しかもその苦しい状況は後半に訪れ、結果嫌気がさして投げてしまう。私も当時はそんな感じでした。
そんなこんなで今当時より評価されているように見えるのは、やはり攻略法が検索すればわかるネット普及のおかげと思います。
そういうわけで攻略サイトを見つつやっと最後までプレイしたわけです。
総合的には良く出来ているので、単純にモンスター図鑑(どのエリアに居て、どのような魔法のドローや道具を落とすか)があるだけで随分印象が変わると思います。
基本的なシステムは大変良くできているので、もしリメイクされる可能性があるのであれば、あまりその辺はいじらずチュートリアルやモンスター図鑑など情報源を拡充するとかなり評価されるのではないかと思います。
なお私もエンディングはFFシリーズの中でも屈指の秀逸さであったと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー